いいクルマ・欲しいクルマを安く手に入れる

安いクルマを安く買うのではなく、欲しいクルマを 安く 買いたい。 予算の中で最高のグレード、ベストな装備を揃えたい。

それには、「値引き」と「愛車下取り」がポイントです。

まず手始めは、カンタン・手軽な愛車の査定アップから。

近頃は、中古車買取りも競争の時代です。しかも、インターネットが車の査定をカンタン・手軽にしてくれました。

たった数分のカンタン入力で、その車に対応できる 買取店が査定を競う仕組み があります。 無料 で利用できて、24時間いつでもOK。

さらに追い風。 海外での日本の中古車人気などもあり、古くても・事故車(不動車)でも買取されてます。 修理前の事故車も無料で査定してもらえるので、廃車か修理か迷ったときなどは、まず価値を調べて検討できます。マイカーオーナーの強い味方です。

値引きの基本も見積比較

じゃんじゃんクルマが売れてた時代と、今では状況が全く違います。

プロの営業マン相手に、交渉や駆け引きだけで 満足の値引きを引き出すのは難しいです。

愛車の買取り同様、購入するクルマも見積段階で競ってもらう事が大事です。

欲しい車種、もしくはそのライバル車種の見積を複数手に入れて、比較しながら、値引き交渉を進めるのが賢い方法です。

車の見積を取寄せるのが難しい場合、インターネットを利用する方法もアリです。 新車も中古車も見積請求があります。

交渉の前の頭の整理

値引き交渉に入る前に、次の項目はシッカリ区別して捉えましょう。 それぞれ別のものなのに、ゴチャゴチャにしてしまっては、得した気分だったけど、ホントはもっと値引きできたという失敗にもなりかねないです。

・ クルマの値引き
・ 愛車の下取り
・ 諸費用のサービス・節約
・ キャンペーン、おまけ、プレゼント
・ 減税や補助金
・ オートローンの金利

タイミングも大事

値引き交渉はタイミングも大事です。 値引きを引き出しやすい時期があります。

販売店が売り急いでいるとき、あせって売上げを伸ばしたいときがチャンスです。 例えば、決算前の3月や中間決算前の9月、ボーナス商戦時期、月末などです。

一方で、愛車の下取りにも、実はタイミングがあります。

愛車の価値は時間とともに下がっていきますが、さらにモデルチェンジの発表などで、一気に価格が下がることもあります。

愛車の下取り・買取りを高くするには、できるだけ早いほうが有利ということです。

では「値引き」と「愛車の価値」、どちらのタイミングを優先させるべきか?

昔に比べると、大きな値引きは期待できなくなってます。 一方で、買取りは無料一括査定など 高く売るための仕組みが整ってきてます。 愛車の価値を優先させたほうが無難でしょう。

実際は愛車の査定額しだいなところもありますので、まずは愛車の価値をチェックしてから考えるというのが一番です。


自動車購入・値引き・愛車査定にちなんだこぼれ話


補助金の力
クルマを購入する上で、対象になる補助金が利用できるとおトクです。補助金にはいろいろあります。国によるもの、自治体によるもの。時期や条件がありますので、販売員に尋ねるのが一番です。ところで、これまでで最も有名な補助金といえば、エコカー補助金ですね。

グレード選び
クルマ選び、車種が決まったらグレード選びも。グレードによって性能や装備も変わってきます。中には必要ないものもあるでしょうから、必ずしも上位グレードがいいとはかぎりませんが、グレードは高いほうが何かと快適です。憧れの車の低いグレードもいいですが、お馴染みの車の最高グレードを選ぶという方法もアリですよ。

ミッション
スポーツタイプの車種を中心にマニュアルミッション(MT)が人気です。中古車では、MT車がAT車より高くなるなど逆転現象が起きてる車種もあるようです。スポーツタイプじゃなくても、AT車が当たり前になったことで、逆にたまにはMT車も乗りたくなることってありますよね。

プラグインハイブリッド
電気自動車とハイブリッドカーの中間的な存在、プラグインハイブリッド。プラグで家庭用電源から充電が可能なハイブリッドカーです。ハイブリッドカーをベースに電池を強化して実現した車。家庭用電源で充電できることで、ガソリンスタンドの出番が少なくなっていきそうです。

合宿免許
免許の取得といえば自動車教習所に通うのが一般的です。空いた時間を利用して少しづつ進めていきます。一方で、合宿によって集中的に免許を取得するというパターンもあります。この場合、地元教習所ではなく観光も兼ねて遠くまで行く人も。時間がある人には面白い仕組みです。

燃費重視のクルマ選び
燃費を重視するなら、車はコンパクトなほうが有利です。もし長距離や高速運転が少ないなら、軽自動車がいいかもしれません。軽自動車なら税金も安く済みます。また、ハイブリッドカーや電気自動車も選択肢に入ってくるでしょう。初期費用は高くても、維持費で元がとれるかもしれません。

ライトの向き
自動車のヘッドライトの向きは左寄りに設定されているそうです。対向車に眩しくないように配慮されたもののようです。とはいえ、暗い細道を走るときには、右側が暗いことに注意しないと、歩行者を見落とす心配もあります。暗い細道は、いつもより右側に気を配る必要がありそうです。

特集

やっぱり軽自動車

コンパクトカー(ハッチバック)

クルマといえばセダン

たっぷり楽しむワゴン

ゆっくりくつろぐミニバン

かっこいいSUV

リッチにクーペ・オープン

その他タイプ

トヨタ

日産

ホンダ

マツダ

スズキ

ダイハツ

三菱

スバル

その他メーカー

通販で再生バッテリーを体験自動車購入の値引き

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2010~2017 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved