値引き&愛車査定UP!二兎とも追える今の常識


ディグニティの場合も、車購入で失敗しない人の共通点が参考に。

ディグニティの値引きと、愛車下取り額のバランス感覚が大事。

過去の常識や興味のまま、値引きだけに夢中になるのは禁物。今の愛車の価値、あなたが気づいていない値打ちが隠れていることも。

愛車の価値に気づくのは簡単です。ネットの一括査定(カービュー)なら数分程度の簡単入力で、査定額に自信がある業者が、愛車査定を競う仕組み。

売るかどうかは査定額しだい。試さないのはもったいないです。

ひとまず様子を確認してみる→

今までの常識では車の価値を見落とす理由


いきなり店頭査定しかなかった中古車査定も一変。

店頭査定の前に、愛車査定はネットから簡単に比較までできちゃうんです。

どこも同じと思ってた査定も、海外にまで販路が広がったことで価値観が多様化してます。

前ならどこに持ち込んでも廃車しかない車でも買取されてます。型落ち・年落ちの低年式や多走行車にも可能性はあります。動かない事故車・水没車にはダメージカー専門業者もあるほど。

もっと高い可能性があるのに、簡単に一括査定が使えるのに、何もしないのは残念すぎます。

することは簡単な入力だけで、所要時間は数分程度。すると、あなたの愛車に対応できる業者が査定を競います。本気の査定が期待できますね。あなたは選ぶだけ。

ディグニティ値引き!7ポイント


【ポイント(その1)】
ディグニティ値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

【ポイント(その2)】
見積の比較・ディグニティ又はライバル車

交渉力や駆け引きだけで、プロの営業マンを説き伏せるのは困難です。

だからこそ準備が大事。つまりライバル店の「見積」・「値引き」を手元に持つこと。他者の見積を知ることは自分が納得するにも大事です。 営業マンの競争心をくすぐるような交渉ができると面白いかも。 お店の「言い値」をどう揺さぶるか を考えるのが 交渉のポイントです。

【ポイント(その3)】
大事なディグニティの購入タイミング

販売店のキャンペーン等でプレゼントやキャッシュバックがある期間を見逃したら悔しいです。

値引き交渉でもタイミングは大事。 値引き が成功しやすい時期 、つまり販売店が急いでも売りたい時期を狙います。

決算直前は営業成績の都合で、ノルマ・販売状況によっては値引きの意欲が高まることも。3月や9月が一つの目安。またボーナス商戦時期も、他社・他店に負けられないから意欲が高いです。普段では月末のほうが有利とされます。

でも値引き交渉のタイミングを考えて、購入時期を先送りするのは、愛車の値落ちリスクを高める 要因です。

「愛車の値落ちリスク」と「ディグニティの欲しい気持ち」を優先するなら行動は早いほうがいいのかも。

今動くべきか? 月末まで様子見か? はたまた次のボーナスや決算期まで待つか? 愛車の価値や、交渉の流れを踏まえた判断を。

【ポイント(その4)】
ディグニティ購入:新車・中古・リース他

新車購入だけが全てではないです。例えば中古車(新古車)なら、同じ予算でも車のグレードを上げたり、便利なオプションを充実させることもできます。

「中古車じゃ新車の感動が味わえない」と思うなら、個人向けリースや、残クレ(残価設定クレジット)等も方法です。

最初から「数年後の手放す際の買取り価格」を差し引いた費用を支払う仕組みだから、新車を普通に買うより安く乗れると話題です。

何年かおきに、新しい車に乗り続けていきたいと考える人には、嬉しい方法です。

【ポイント(その5)】
金利で選ぶ車のローン

販売店でのやりとりの流れで、利用できるローンは簡単だけど、その分金利は高くない?

きちんと選べば、もっと低金利でローンを利用できるかもしれないです。

たとえば銀行や信用金庫などで、様々な特長のある車のローンがあります。

すでに料金の引落しや、給与振込み等で取引のある銀行等では、優遇金利の条件を満たしているかも。だから最初に確認するところです。

銀行等のローンでも審査など手続は避けられず、手間と時間も要します。でも「返済期間の長さ」と「節約できる金額」を思えば省略できないはず。手を抜いたらあなたの信用力がもったいない です。

ディグニティ購入¥はじめの一歩


ディグニティ購入で選ぶべきタイミングは、「待ち」か?「今すぐ」か?

ディグニティの値引き しやすいタイミングを狙い、月末や、決算期前、ボーナス商戦まで待つ人もいます。

しかし待っている間にも、愛車の値落ちは進みます。ディグニティ購入を我慢するほどのメリットがないとすれば、今すぐ動くのもアリです。

どちらを選ぶのが、いいのでしょうか?

それを考える上で、まず「愛車の価値」を調べることが欠かせません。愛車の 査定額 が、もし見込みより高ければ、もう待つ必要はないのかもしれません。

愛車の価値しだいでは、オプションやグレードに嬉しい変更を加えられるかも。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



ディグニティ*時代遅れにならない*値引き・査定他


マツダ
広島県に根差した自動車メーカーです。マツダといえばやはりロータリーエンジンで知られます。またロードスターも世界的に知られる車です。経営危機により一時期フォードと関係を強化した時期もありました。「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズやスカイアクティブ・テクノロジーもマツダです。

ライバル車と比較
どのクルマにもライバル車といわれるクルマがあります。他社メーカーや、場合によっては同じメーカーでもライバル車があります。自動車選びでライバル車と比べてみることもすごくいいことです。もっとよく、特徴や良さを納得する事ができます。ついでに見積ももらえば、値引き交渉の材料としても使えますね。

免許の失効
自動車免許は更新が必要です。更新しなければ失効して免許の効力は失われます。つい手違いなどで失効する「うっかり失効」ということばもあります。失効した場合、一発受験で免許取得を目指す人もいますが、結構難しいそうです。お金はかかりますが、自動車学校にいったほうがいいようです。ですので「うっかり」失効なんて絶対やってはいけませんね。もったいないです。

自動車部品の販売店
自動車部品の販売店には2種類あります。一つは整備工場などプロ向けの部品販売。もう一つは、カー用品全般を取り扱う一般ユーザー向けのショップ。大きな違いは定休日にあらわれます。プロ向けの部品販売は日や土が休みとなる一方、一般ユーザー向けは土日が稼ぎ時になります。

モデルチェンジは要チェック
モデルチェンジ、自動車の購入前と後では受け止め方は変わりますね。購入前なら嬉しいことです。新機能・新モデルを選ぶか、型落ちだけど割安を選ぶか、選択肢が広がります。でも購入後のモデルチェンジは嬉しくないですね。モデルチェンジによって愛車の価値低下に繋がりますからね。新車購入時にはモデルチェンジの情報もチェックしたいです。

ディグニティ購入にあたり考えるべきことは値引き交渉と、愛車査定のアップ。三菱の販売店との戦いです。値引き交渉ではライバル車の見積との比較で攻める形かな。駆け引きだけでは説得力がないです。愛車査定も査定比べから。こちらは気軽にできるネットの一括査定が力になります。中古車流通は愛車をどう見るのか。査定アップに成功すれば、ディグニティのオプションや装備アップの楽しみにつながりそうです。

Copyright © 2010~2017 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved