まずは査定アップで弾みをつけてから値引きへ


欲しいLXの値引きのために、やるべきことは 2つ

それは、「LXの値引き」 と 「愛車の査定アップ」 です。

愛車の査定アップを忘れてはいけません。 なぜなら、びっくりするほどカンタンなのに、予想外に高かったと喜ばれてる方法があるからです。

それは、ネットが可能にした、カービューの愛車無料一括査定。 たった数分の簡単入力で、愛車の査定を、ガリバーなどの買取店が競う仕組みです。

気づかず愛車を手放した人が、本気で悔しがる方法です。

今すぐできます→

期待していいのかな?愛車の価値に


知識に関係なく、愛車査定が気軽になりました。

業者に行かなくても、ネットから気軽に 愛車の査定を比べて業者を選べます。

もう査定も見ずに業者は選べません。海外に販路を持つ業者もあり、ニーズにも変化が!

たとえばダメージカー専門の買取業者が、動かない事故車・水没車をも買取りしてます。多走行・年落ち・型落ち・車検切れ等に引け目を感じたとしても価値を決めるのは、あなたではないです。

見落としさえしなければ、その車には本当はもっと高い査定額があるかもしれません。

対応できる買取店が競う査定を確認するために必要なことは、たった数分のネットからの簡単入力だけ。出かける手間さえありません。試さないのはもったいないです。

LX値引きと7秘訣


【ポイント(その1)】
LX値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

【ポイント(その2)】
LX見積と ライバル車見積の比較

【ポイント(その3)】
LX購入と最高のタイミング

時々行われているキャンペーンでは、プレゼントだけじゃなく、キャッシュバックもあることも。

相手の立場で考えてみると、値引き が出やすい時期 があることに気づきます。販売店に売り急ぐ理由がある時期です。

例えば決算前の3月や9月など。もし販売台数がノルマ割れなら、値引きには追い風かもしれません。またボーナス商戦でライバル店に負けないため、普段以上に張り切るかもしれません。あと比較的有利とされるのが月末です。

でも値引き重視のタイミングばかり考えて、時間が経ちすぎると、愛車の値落ちが進みます。

もし「愛車の価値」を優先するなら、すぐ行動したほうがいいのかも。「LXが欲しい」気持ちへの我慢も不要です。

購入は今? 月末まで待つ? 次のボーナスや3月・9月まで我慢する? 時期の判断に「交渉の手応え」と「愛車の価値」が見落とせません。

【ポイント(その4)】
新車だけが方法じゃない!LXの購入

新車に目がいきがちですが、実は中古車(新古車)のメリットも見落とせないです。たとえばグレードアップや、オプションの充実を楽しむこともできます。

どうしても新しい車に乗りたい場合にも、「残価設定クレジット(残クレ)」「個人向けリース」などの選択肢もあります。

手放す時の下取り価格を設定し、その分が支払いに含まれないため、普通の新車購入より安い費用で乗れます。

ずぅっと、新しい車に乗り続けていたい人には、理想の車の乗り方かもしれませんね。

【ポイント(その5)】
オートローンを選ぶ

販売店の勧めるローンを利用するのが手続きはカンタン。 でも、金利的には高め のことも。

あなたの信用力なら、もっと低金利でローンが組めるかもしれません。

銀行や信組などのマイカーローンやオートローンもチェックしたいところです。

特に、給与振込みや、各種引落しを利用している銀行等なら、優遇金利で融資してもらえるかもしれないので、先にチェックしたいです。

とはいえ銀行等のローンの場合、審査など手続が必要になりますので、少し手間はかかります。 でも、あなたの信用力をムダにしない ためには、チャレンジする価値はあると思います。

【ポイント(その6)】
インターネットの影響

自動車に関する「常識」も、インターネットの影響を受けてます。

気軽に利用できる 愛車の無料一括査定 もそうです。

ネットの気軽さは、新車見積や、中古車選び、リース等にも影響を及ぼし、ネットの存在感は無視できません。

車ほど、サイズも金額も大きな物でも、ネットで大丈夫なの?」という疑問は、だんだん聞かなくなってきました。

保証などの安心して利用できる仕組みや、多くの人に利用されている実績が、人々からの印象も変えている理由なのでしょう。

もうひとつ、愛車の任意保険の無料一括見積 も見落とせません。ネットだけじゃなく、保険業界の規制緩和や外資・異業種参入の影響もあり、保険選びは保険料比較が欠かせません。

LX購入は最初が肝心


LXの購入は「今すぐ」がいいのか?それとも「まだ早い」のか?

LX値引き交渉を有利に進めたくて、決算期前 とか、ボーナス商戦まで待つのは、意味があるのでしょうか?

時間をかけ過ぎると、ムダに愛車の値落ちが進みます。「LXに早く乗りたい」気持ちを優先して、今すぐの行動にも一理あります。

まずは愛車の価値を調べて、「今すぐ行動」のメリットを知ることです。

予想通りの査定額で、暫く値落ちの心配がなければ、待つのもいいでしょうね。 でも予想外に愛車査定が高い ときは、待つ必要はないのかも。

タイミングは「愛車の査定額しだい」ですね。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



LX購入といえば値引きと愛車査定と・・


ファミリーに人気のクルマ
ファミリーに人気のクルマといえばミニバンでしょう。広い室内空間が人気の理由です。とはいえ、節約志向からコンパクトカーも意外に人気があるようです。遠出のときにはレンタカーを利用するという手もありますしね。普段はコンパクトカーで十分という人は結構多いです。

タイヤの歴史
今ではチューブレスが当たり前ですが、昔のタイヤにはチューブが入っていました。また粉じん問題で姿を消したスパイクタイヤというのもありました。雪道にはすごい効果がありましたが、雪解け後の走行の問題で姿を消しました。その代わりに出てきたのがスタッドレスタイヤです。

プラグインハイブリッド
電気自動車とハイブリッドカーの中間的な存在、プラグインハイブリッド。プラグで家庭用電源から充電が可能なハイブリッドカーです。ハイブリッドカーをベースに電池を強化して実現した車。家庭用電源で充電できることで、ガソリンスタンドの出番が少なくなっていきそうです。

エコカー補助金と中古車
2010年9月に予算がなくなり幕を閉じたエコカー補助金。エコカー補助金は新車販売に大きく貢献した一方、中古車市場にも大きな影響がでました。そしてエコカー補助金終了時には、新車と比べた割安感から、中古車の人気が回復し、1割弱の値上がりも確認されたりしたそうです。

軽自動車
軽自動車は税制的にも優遇された車です。普通自動車との差は歴然ですので、セカンドカーなどで人気でしたが、規制緩和や技術の進歩で、メインカーとしても存在感を高めています。車内空間も広くなり、走行性能もかなりいいですからね。ナンバープレートの色で普通車と見分けが簡単です。

レクサスの車種LXを上手に購入するには値引きだけに捉われていたら視野が狭すぎるかもしれません。車離れなどを背景に自動車の販売店も合理化を進めており、昔のような羽振りのいい値引きは難しくなっているようです。今どきのLX購入には、今の時代にあった方法があります。実は知ってしまえば女性でも簡単に使いこなせるような仕組みもあったりします。情報収集が不可欠です。

Copyright © 2010~2017 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved