知識と交渉力の値引き&超簡単な愛車査定UP


N-BOX値引きで後悔しないために、忘れてはいけない 2つ

N-BOX値引き」も大事だけど「愛車の査定」も大事です。

値引きに夢中になりすぎて、愛車の価値を見落としたらもったいないです。 車の価値を一つの業者の言い値で決める時代ではないです。

ネットの普及で生まれた「カービュー」愛車無料一括査定が話題です。 たった1度だけの簡単入力で、愛車に対応できる業者の査定を比べて選べます。

予想外の査定額の差に、びっくりすることになるかも。

24時間いつでもOK→

マイカーの査定額に喜ぶ人・凹む人の差


愛車の査定、その敷居がグッと低くなりました。

それはインターネットの一括査定が、ビックリなほど簡単・気軽だからです。

中古車流通の販路も地元から全国、さらに海外にまで広がり、様々なニーズがあります。

もう廃車以外考えられないような、走行できない事故車や水没車にも、ダメージカー専門業者があり買取り対応してます。多走行・年落ち・型落ち・車検切れでも、査定の確認は欠かせないです。

査定アップや高価査定を狙うためにも、「業者を見落とさないこと」がまず不可欠です。

必要なことは、数分程度の時間でできる簡単入力だけ。対応できる業者があなたの愛車の査定を競う仕組み。業者を探す手間もありません。相場調べも必要なくなります。

N-BOX値引き準備7項目


【ポイント(その1)】
N-BOX値引き交渉に備えて、7つのチェック項目

【ポイント(その2)】
ライバル車か N-BOXで 見積を比較

値引き交渉で、営業マンからギリギリを引き出すには、準備も大事です。

「もっと値引きが必要」と営業マンに思わせるには、競争相手の存在が効きます。つまりライバル店のライバル車の「見積」と比べること。調べてみると、予想外の気づき・お得が見つかることもあります。 お店の「言い値」はどこまで下がる? しっかり準備して挑戦しましょう。

【ポイント(その3)】
N-BOX購入と最高のタイミング

時々行われているキャンペーンでは、プレゼントだけじゃなく、キャッシュバックもあることも。

相手の立場で考えてみると、値引き が出やすい時期 があることに気づきます。販売店に売り急ぐ理由がある時期です。

例えば決算前の3月や9月など。もし販売台数がノルマ割れなら、値引きには追い風かもしれません。またボーナス商戦でライバル店に負けないため、普段以上に張り切るかもしれません。あと比較的有利とされるのが月末です。

でも値引き重視のタイミングばかり考えて、時間が経ちすぎると、愛車の値落ちが進みます。

もし「愛車の価値」を優先するなら、すぐ行動したほうがいいのかも。「N-BOXが欲しい」気持ちへの我慢も不要です。

購入は今? 月末まで待つ? 次のボーナスや3月・9月まで我慢する? 時期の判断に「交渉の手応え」と「愛車の価値」が見落とせません。

【ポイント(その4)】
N-BOXは新車購入だけが 方法じゃない

新車もいいですが、中古車(新古車)という選択もあります。 お得な中古車にして、グレードアップやオプションに、お金をかけるという方法もあります。

どうしても新しいクルマにコダワルなら、「残クレ(残価設定クレジット)」や「個人向けリース」という方法もあります。

これらは大雑把にいうと、数年後の買取り価格を設定して、購入費用からその分を差し引いて支払うという仕組み。

数年サイクルで、いつも新しいクルマに乗り続けたいという人には、ピッタリの仕組みです。

【ポイント(その7)】
まだあるコツ

時期・内容などのキャンペーン情報と、念のため補助金・減税も要確認です。

お祭り騒ぎの見た目に騙されずに、キャンペーンの内容をしっかり見極めたいです。プレゼントや懸賞、キャッシュバック、ローン金利の優遇、・・。 期待しすぎて失敗しないように惑わされない冷静さも大事です。

減税とか補助金って、条件が複雑だったりで、一般の人には理解しにくいこともあります。見落とさないように、販売店の詳しい人を捕まえることも大事です。(2010年9月終了のエコカー補助金ほどのものを今後も期待したいですね。)

N-BOX購入の手始めはコレ!


N-BOX購入のタイミングを考えると、2つの選択肢があります。

一つ目は、N-BOX値引き重視で、決算期や、ボーナス商戦、月末まで待つこと。

二つ目は、「愛車の値落ち」や、「N-BOXが欲しい気持ち」を重視して、すぐ動くこと。

選ぶタイミングで、結果に大きな差が出ることも。

どちらにしても、「愛車の今の価値」はスグ調べるべきです。次に購入する車のグレードやオプションも、愛車の 査定額 によっては、ステップアップできるかもしれません。

もし予想外に愛車が高く売れるとしたら、もう迷うことはないはずです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



N-BOXも同じ!値引き・値落ち・査定の法則


タイヤ選び
タイヤを選ぶときになにを重視するかで選ぶタイヤは違います。静かさとかの乗り心地なのか、燃費なのか、耐久性なのか。値段を重視すれば、海外メーカーのタイヤも選択肢の一つです。なんとなく不安に思うかもしれないけど、そのメーカーの本国では普通に走っているタイヤです。

カーナビ
自動車でカーナビを使うことが、当たり前になったけど、グーグルマップが進歩したおかげで、スマホがそのままカーナビになる時代です。しかも道路情報だけじゃなく、交通情報なども加味したような最適ルートを提案しているのはすごいですね。どんどんカーナビが手放せないです。

免許の失効
自動車免許は更新が必要です。更新しなければ失効して免許の効力は失われます。つい手違いなどで失効する「うっかり失効」ということばもあります。失効した場合、一発受験で免許取得を目指す人もいますが、結構難しいそうです。お金はかかりますが、自動車学校にいったほうがいいようです。ですので「うっかり」失効なんて絶対やってはいけませんね。もったいないです。

試乗を利用
クルマ選び、新車購入なら特に試乗は大事です。カタログやデータでは分からないものが得られます。車内の雰囲気、音、ニオイなどなど。そのクルマに乗る喜びもお試しできます。期待したけど、乗ってみてつまらないクルマでは残念です。試乗することで、チェックできるはず。試乗は外せませんよ。

車の下取り
自動車を購入する販売店にそれまで乗っている車の引取りを頼むときに下取りなどといいますが、近ごろは買取業者も充実しているので、下取りに任せっぱなしではもったいないです。買取業者の査定比べも手軽に来ますし、地元業者、全国展開の大手、海外に販路を持った業者など比べ甲斐もあるのでした。

ホンダの販売店で挑むN-BOXの値引き交渉で失敗しないコツは、実は値引きに夢中になりすぎないことなのかも。愛車の値落ちを最小限に。そして価値を見落とさないことで、N-BOXの購入はグッと楽になるのかも。オプションや装備の充実も楽しめるおまけがついたら嬉しいです。浮いたお金で家族や仲間でおいしいものを食べに行くのもいいかな。いい目標をもってまずは知識武装から。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved