ハラハラの値引き交渉*ワクワクの愛車査定


ピクシストラック値引きで後悔しないために、忘れてはいけない 2つ

ピクシストラック値引き」も大事だけど「愛車の査定」も大事です。

値引きに夢中になりすぎて、愛車の価値を見落としたらもったいないです。 車の価値を一つの業者の言い値で決める時代ではないです。

ネットの普及で生まれた「カービュー」愛車無料一括査定が話題です。 たった1度だけの簡単入力で、愛車に対応できる業者の査定を比べて選べます。

予想外の査定額の差に、びっくりすることになるかも。

とにかく試すならコチラ→

今までの常識では車の価値を見落とす理由


知識に関係なく、愛車査定が気軽になりました。

業者に行かなくても、ネットから気軽に 愛車の査定を比べて業者を選べます。

もう査定も見ずに業者は選べません。海外に販路を持つ業者もあり、ニーズにも変化が!

たとえばダメージカー専門の買取業者が、動かない事故車・水没車をも買取りしてます。多走行・年落ち・型落ち・車検切れ等に引け目を感じたとしても価値を決めるのは、あなたではないです。

見落としさえしなければ、その車には本当はもっと高い査定額があるかもしれません。

対応できる買取店が競う査定を確認するために必要なことは、たった数分のネットからの簡単入力だけ。出かける手間さえありません。試さないのはもったいないです。

ピクシストラック値引き¥7つの視点


【ポイント(その1)】
ピクシストラック値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

【ポイント(その2)】
見積の比較・ピクシストラック又はライバル車

交渉力や駆け引きだけで、プロの営業マンを説き伏せるのは困難です。

だからこそ準備が大事。つまりライバル店の「見積」・「値引き」を手元に持つこと。他者の見積を知ることは自分が納得するにも大事です。 営業マンの競争心をくすぐるような交渉ができると面白いかも。 お店の「言い値」をどう揺さぶるか を考えるのが 交渉のポイントです。

【ポイント(その3)】
ピクシストラック購入は良いタイミングで

時期によっては、キャッシュバックやプレゼントなどのキャンペーンが行われてる場合があります。

また、値引きの場合も、時期によって 値引き されやすい時期 があります。 つまり販売店が、売り急ぐときです。

一般的には、決算などのある3月や9月が、値引きされやすい といわれてます。 そのほか、ボーナス商戦の時期も、他社に顧客を奪われないようにガンバル可能性は高いでしょう。 また、月末も比較的有利といわれてます。

一方でタイミングをうかがって、様子見が続くと、愛車の価値は時間が経つと下がっていく 可能性があります。

「愛車の価値」や「ピクシストラックが欲しい!」という気持を優先すれば、早い行動がベストかもしれません。

スグ購入か? 月末までは粘ってみるか? ボーナス時期・3月・9月まで待ってみるか? 交渉の流れも見ながら判断でしょうね。

【ポイント(その5)】
カーローン選びも大事

車のローンも販売店ですぐ手続きでるのはすごく便利。でも便利な分、金利は高め かも。

ちゃんと探しせば、あなたの信用力でより低い金利のローンがあるかも。

自動車に関わるローンは、銀行や信組などでも扱いがあり、見落とせません。

たとえば普段から付き合いのある銀行なら「優遇金利」があるのかも。給与振込、各種引落し等で利用の銀行からチェックしましょう。

もちろん銀行等のローンには、審査等の手間もかかります。でもローンって長い付き合いですし、金利による支払い額の差は、思った以上に大きいです。自分の信用力をムダにしてはいけません

【ポイント(その6)】
インターネットを見落とさない

ネットの普及が自動車に関わる常識にも変化を起こしています。

愛車無料一括査定 も、実はその一つでしかないです。

新車見積の際にも、あるいは中古車探し、リースについても、インターネットが欠かせなくなっています。

「車のような大きな買い物は、実物を見ないと決められない」と、ネットには合わない ように感じるかもしれませんが・・。

実績も豊富で、多くの方に利用されてます。一度のぞいてみるとその理由は分かると思います。保証等の仕組みがカギです。

見落とせない仕組みに、愛車の任意保険の無料一括見積 もあります。話題の格安保険が「本当に安いか?」。愛車の条件で保険料を気軽に確認できます。保険料比べが簡単だと保険比較も楽しみ。

【ポイント(その7)】
まだあるコツ

時期・内容などのキャンペーン情報と、念のため補助金・減税も要確認です。

お祭り騒ぎの見た目に騙されずに、キャンペーンの内容をしっかり見極めたいです。プレゼントや懸賞、キャッシュバック、ローン金利の優遇、・・。 期待しすぎて失敗しないように惑わされない冷静さも大事です。

減税とか補助金って、条件が複雑だったりで、一般の人には理解しにくいこともあります。見落とさないように、販売店の詳しい人を捕まえることも大事です。(2010年9月終了のエコカー補助金ほどのものを今後も期待したいですね。)

ピクシストラック購入でまず何をするか


ピクシストラックを購入するには「今がいい」のか?「今はダメ」なのか?

もしかしたら、ボーナス商戦や、決算期前、又は月末などのほうが、ピクシストラックの値引きはしやすいのかも。

でも時間の経過は、愛車の値落ちにつながります。欲しいピクシストラックの購入を我慢するほどの価値はあるのかな?

タイミングを考えるときに欠かせない情報があります。それが「愛車の今の価値」。案外、愛車の 査定額しだい なのかも。

思っていたより愛車の価値が高ければ、待つ必要なんてないですね。余った予算でグレードやオプションもアップできます。

もし愛車が予想くらいの価値で、暫く安定してそうなら、値引き重視のタイミングまで待つのもアリです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



ピクシストラック~ハラハラな話もあるかな値引きの他にも


自動車もボーナス商戦
自動車の場合もボーナス時期は大きな商戦です。どのメーカーもディーラーもキャンペーンやプレゼントを用意して販促に力を入れています。この時期を逃すまいと自動車の販売を競ってる時期だけに、実は値引きやオマケなどを引き出すにはいい時期でもあります。

セダンやバン
昔はクルマといえば、セダンやバンが主流でした。昭和を代表するクルマはセダンが多いです。しかし、今はミニバンやハッチバックなどニーズが多様になりました。とはいえ社用車として使われるクルマには、まだまだセダンやバンが多いです。純粋にクルマとしての機能を重視すれば、セダンやバンに行き着くのかもしれません。

ホンダ
ホンダといえば自動車だけではなく、オートバイでも有名です。また乗用車だけじゃなく軽トラックでも知名度が高いです。「H」のエンブレムがトレードマークです。過去にはオデッセイやステップワゴンなど空前のミニバンブームの火付け役にもなりました。高級車ブランドの「アキュラ」も展開しています。

タイヤの寿命
一般にタイヤの交換時期は溝の残り具合で決まります。ところがスタッドレスタイヤの場合は少し違います。溝があってもゴムの劣化でブレーキなどの効きが悪くなるので、3~4年を目安に交換することもあります。タイヤの製造時期はタイヤの側面にかかれているので見方を知っておくことも大事です。

プラグインハイブリッド
電気自動車とハイブリッドカーの中間的な存在、プラグインハイブリッド。プラグで家庭用電源から充電が可能なハイブリッドカーです。ハイブリッドカーをベースに電池を強化して実現した車。家庭用電源で充電できることで、ガソリンスタンドの出番が少なくなっていきそうです。

トヨタ・ピクシストラック購入で値引きに夢中になりすぎることなく、愛車の査定アップと両立できれば、思いのほかいい条件でピクシストラックが購入できるはずです。すこしでも高いグレードや、充実した装備やオプションに費用が回せたら嬉しいですし、あるいは単純に節約してドライブや旅行に回すのもいいかも。一生に何度もあるような買い物ではないから、知識不足で失敗しないために情報収集は大事です。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved