一挙両得の乗換え|値引き交渉&愛車査定アップ


欲しいスペイドの値引きのために、やるべきことは 2つ

それは、「スペイドの値引き」 と 「愛車の査定アップ」 です。

愛車の査定アップを忘れてはいけません。 なぜなら、びっくりするほどカンタンなのに、予想外に高かったと喜ばれてる方法があるからです。

それは、ネットが可能にした、カービューの愛車無料一括査定。 たった数分の簡単入力で、愛車の査定を、ガリバーなどの買取店が競う仕組みです。

気づかず愛車を手放した人が、本気で悔しがる方法です。

とりあえずそのサービスを見る→

愛車の価値を軽くみてはいけない理由


誰もが愛車査定を簡単・気軽にできる時代です。

ネットで簡単になった一括査定で、査定額を見てから業者が選べる時代です。

規制緩和後、国外でも人気の中古車だから、国内の相場だけで査定額は決められません。

たとえば、誰もが廃車を覚悟するような、自走できない事故車・水没車でも修理前のまま買い取るダメージカー専門業者もあります。低年式・型落ち・多走行くらいのことで希望を失わないで。

比べるから人気の高年式・高級車・輸入車の場合でも、もっと高値の期待も膨らみます。

やることは簡単。わずか数分程度の入力だけ。あなたの愛車に対応できる業者からの査定を見て選べます。業者間で競ってもらうのが、業者に足元を見られない一番の方法でしょう。

スペイド値引きと7秘訣


【ポイント(その1)】
スペイド値引き交渉で惑わされやすい項目7つに注意

【ポイント(その2)】
スペイド見積と ライバル車見積の比較

【ポイント(その3)】
絶好の購入タイミング@スペイド

丁度よくキャッシュバックのキャンペーンや、プレゼント特典などで得する人もいますね。

でも「値引き」については、時期の良し悪しってあるのかな? 値引き にいい時期 とは、販売店が売り急いでいるときです。

可能性としては決算前の3月や9月が高そうです。販売台数のノルマ達成に焦っていたらチャンスかも。 ほかにも、ボーナス商戦では、他所に負けないために販売意欲が高いはず。 普段では、比較的月末が有利といわれます。

かといって、タイミングを狙いすぎて時間を費やすと、その分愛車の価値はどんどん落ちて しまいかねません。

だから「スペイドが欲しい!」という感情を抑えず、スグ動くのもアリ。その時は愛車の価値に期待です。

「値引き」重視でボーナス商戦や決算前を狙うか? 「愛車の価値」重視でスグ購入か? いずれにしても愛車の今の価値は知っておいて損はないです。

【ポイント(その5)】
オートローンを選ぶ

販売店の勧めるローンを利用するのが手続きはカンタン。 でも、金利的には高め のことも。

あなたの信用力なら、もっと低金利でローンが組めるかもしれません。

銀行や信組などのマイカーローンやオートローンもチェックしたいところです。

特に、給与振込みや、各種引落しを利用している銀行等なら、優遇金利で融資してもらえるかもしれないので、先にチェックしたいです。

とはいえ銀行等のローンの場合、審査など手続が必要になりますので、少し手間はかかります。 でも、あなたの信用力をムダにしない ためには、チャレンジする価値はあると思います。

【ポイント(その6)】
インターネットの力

カーライフにおいても、インターネットの存在感はすごいです。

愛車を無料で一括査定 できるのも、ネットのおかげです。

新車の見積も、中古車探しも、リースなども、ネットが関わり、ノウハウやコツも変わってきています。

以前なら「実物を見て・触れないと納得できない」という話もありましたが、近ごろはそんな不満も、あまり耳にしなくなりました。

保証等の工夫や、積み重ねてきた実績などが、状況を変えてきたからでしょう。昔の方法に捕らわれてたら、もったいないかも。

ネットの方法といえば、任意保険の一括見積 も欠かせません。 最初に保険料を比較でき、節約できる金額が分かるから保険比較のやる気は格段に上がります。ネットってすごいです。

【ポイント(その7)】
そのほか

利用できるキャンペーンや、補助金・減税などは取りこぼしなく利用したいです。

ちなみにキャンペーンには、いろんなタイプがあります。 「キャッシュバック」や「ローン金利の優遇」、「プレゼント」、・・・。 でも どんなキャンペーンが いつあるのか、事前の予測が難しいのが残念です。

減税や補助金は、時期や条件などが分かりにくく、気づきにくいことも少なくないです。 取りこぼしの無いように、チェックしたいです。 ちなみに、補助金といえば2010年9月に終了したエコカー補助金の効果は、凄まじかったです。

スペイド購入・意外な手始め


スペイド購入で選ぶべきタイミングは、「待ち」か?「今すぐ」か?

スペイドの値引き しやすいタイミングを狙い、月末や、決算期前、ボーナス商戦まで待つ人もいます。

しかし待っている間にも、愛車の値落ちは進みます。スペイド購入を我慢するほどのメリットがないとすれば、今すぐ動くのもアリです。

どちらを選ぶのが、いいのでしょうか?

それを考える上で、まず「愛車の価値」を調べることが欠かせません。愛車の 査定額 が、もし見込みより高ければ、もう待つ必要はないのかもしれません。

愛車の価値しだいでは、オプションやグレードに嬉しい変更を加えられるかも。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



スペイドにこにこ生活*査定/値引き/他にも


自動車学校もいろいろ
自動車学校にも学校によって違いがあります。教官の評判のいい学校もあれば、そうでない学校もあります。近くの自動車学校が評判のいいところならラッキーですが、そうでない場合はほかの学校も調べてみてもいいかも。ちなみに、急ぎであれば合宿形式で短期集中でとれる学校もあります。これを利用して観光がてら遠くで免許取得する人もいます。

カラーバリエーション
昔に比べると自動車のカラーバリエーションの自由度が高くなっています。女性などの支持もありパステルカラーも充実している車種もあります。パール系のカラーも人気があるようです。中にはツートンカラーなどが特徴になっている車もあります。ボディのカラーはどうなっていくのでしょうか。

自動車のカラー
自動車のカラー、昔に比べるとものすごく多様化しています。カラーが違うと同じ車種でも印象は違ってきます。自分に合ったカラーを選びたいですね。とはいえ、将来の乗り換えのことを考えると、マニアックな色だと買取査定に影響することもあります。こだわりがなければ、人気色を選ぶのが無難な選択です。

レクサス
トヨタの高級車ブランドです。頭文字である「L」のエンブレムで知られます。もともとは1989年に北米向けの高級車ブランドとして設立されたのでした。世界各国で販売が開始された後、2005年から日本国内にも展開するようになりました。スーパーカーのレクサス・LFAなどもあります。

セダンやバン
昔はクルマといえば、セダンやバンが主流でした。昭和を代表するクルマはセダンが多いです。しかし、今はミニバンやハッチバックなどニーズが多様になりました。とはいえ社用車として使われるクルマには、まだまだセダンやバンが多いです。純粋にクルマとしての機能を重視すれば、セダンやバンに行き着くのかもしれません。

スペイド購入にあたり考えるべきことは値引き交渉と、愛車査定のアップ。トヨタの販売店との戦いです。値引き交渉ではライバル車の見積との比較で攻める形かな。駆け引きだけでは説得力がないです。愛車査定も査定比べから。こちらは気軽にできるネットの一括査定が力になります。中古車流通は愛車をどう見るのか。査定アップに成功すれば、スペイドのオプションや装備アップの楽しみにつながりそうです。

Copyright © 2010~2017 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved