愛車の価値も見落さない&値引き交渉


失敗しないシルフィへの買換えに、大事なことがあります

シルフィ値引き交渉より、むしろ愛車の下取りアップ がカギです。

販売店の下取り以外にも、愛車の価値を認める業者はあります。 ネットの普及が、高く評価する業者を見落とさない仕組みを作りました。

愛車無料一括査定・カービューです。 愛車ついて、ほんの数分程度のカンタンな入力をするだけで、対応できる業者が競った査定を比べて選べます。

業者どうしが競うなら、本気の査定が期待できますね。

今からでも試せます→

今までの常識では車の価値を見落とす理由


いきなり店頭査定しかなかった中古車査定も一変。

店頭査定の前に、愛車査定はネットから簡単に比較までできちゃうんです。

どこも同じと思ってた査定も、海外にまで販路が広がったことで価値観が多様化してます。

前ならどこに持ち込んでも廃車しかない車でも買取されてます。型落ち・年落ちの低年式や多走行車にも可能性はあります。動かない事故車・水没車にはダメージカー専門業者もあるほど。

もっと高い可能性があるのに、簡単に一括査定が使えるのに、何もしないのは残念すぎます。

することは簡単な入力だけで、所要時間は数分程度。すると、あなたの愛車に対応できる業者が査定を競います。本気の査定が期待できますね。あなたは選ぶだけ。

シルフィ値引きの7ポイント


【ポイント(その1)】
シルフィ値引きに臨む前に!見極めが大事な7項目

・ シルフィ値引き額
・ 愛車の下取り・買取りの査定額
・ 書類・手続き等の諸費用をサービス
・ オマケ(燃料満タンなど)
・ キャンペーン得点やプレゼント
・ 自動車ローンの金利
・ 国・都道府県・市区町村の補助金・減税

混ぜて考えると、得した気分はあるのに、実質的には ほとんど 値引き されずに失敗ということも。

特にプレゼントやチョットしたオマケに嬉しくなって、交渉を忘れないように。^^

【ポイント(その2)】
比較の力・シルフィ とライバル車 の見積比較

お店の本気の「値引き」を引き出すには、準備が欠かせません。

「値引きがもっと必要な理由」を客観的に示すには、負けたくないライバル店のライバル車の「見積」が一番です。でも調べてみたら、本命がそっちに変るほどの嬉しい発見があることも。 店の「言い値」や説得に負けない準備 があると、交渉ももっと自信をもって進められます。

【ポイント(その3)】
絶好の購入タイミング@シルフィ

丁度よくキャッシュバックのキャンペーンや、プレゼント特典などで得する人もいますね。

でも「値引き」については、時期の良し悪しってあるのかな? 値引き にいい時期 とは、販売店が売り急いでいるときです。

可能性としては決算前の3月や9月が高そうです。販売台数のノルマ達成に焦っていたらチャンスかも。 ほかにも、ボーナス商戦では、他所に負けないために販売意欲が高いはず。 普段では、比較的月末が有利といわれます。

かといって、タイミングを狙いすぎて時間を費やすと、その分愛車の価値はどんどん落ちて しまいかねません。

だから「シルフィが欲しい!」という感情を抑えず、スグ動くのもアリ。その時は愛車の価値に期待です。

「値引き」重視でボーナス商戦や決算前を狙うか? 「愛車の価値」重視でスグ購入か? いずれにしても愛車の今の価値は知っておいて損はないです。

【ポイント(その5)】
金利で選ぶ車のローン

販売店でのやりとりの流れで、利用できるローンは簡単だけど、その分金利は高くない?

きちんと選べば、もっと低金利でローンを利用できるかもしれないです。

たとえば銀行や信用金庫などで、様々な特長のある車のローンがあります。

すでに料金の引落しや、給与振込み等で取引のある銀行等では、優遇金利の条件を満たしているかも。だから最初に確認するところです。

銀行等のローンでも審査など手続は避けられず、手間と時間も要します。でも「返済期間の長さ」と「節約できる金額」を思えば省略できないはず。手を抜いたらあなたの信用力がもったいない です。

【ポイント(その7)】
まだほかにも

たとえば、不定期なキャンペーンとか、気づきにくい補助金・減税などもあります。

キャンペーンは、お店側の販促です。独自のものや、コラボしたりで様々です。「プレゼント」「キャッシュバック」「ローン金利の優遇」・・・。値引き交渉と相性のいいものは、特に見落とせません。

減税・補助金は、販売店の損にはならないため、販売店もけっこう協力的です。分かり難いところは相談してみるといいでしょう。(ちなみに補助金といえば、2010年9月に惜しまれながら終了したエコカー補助金は絶大でした。)

シルフィ購入:何から始める?


シルフィ購入で選ぶべきタイミングは、「待ち」か?「今すぐ」か?

シルフィの値引き しやすいタイミングを狙い、月末や、決算期前、ボーナス商戦まで待つ人もいます。

しかし待っている間にも、愛車の値落ちは進みます。シルフィ購入を我慢するほどのメリットがないとすれば、今すぐ動くのもアリです。

どちらを選ぶのが、いいのでしょうか?

それを考える上で、まず「愛車の価値」を調べることが欠かせません。愛車の 査定額 が、もし見込みより高ければ、もう待つ必要はないのかもしれません。

愛車の価値しだいでは、オプションやグレードに嬉しい変更を加えられるかも。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



シルフィ購入・愛車査定・値引き・いろんな話題


ナンバーの色
ナンバープレートの色には白地に緑、緑地に白、黄色地に黒、黒地に黄色の4タイプがあります。さらに加えると、自衛隊のナンバープレートや、対角線に赤い車線の入ったナンバープレートもあります。それぞれ目的が異なります。最もポピュラーな白地に緑と、軽自動車の黄色地に黒以外はお目にかかる可能性もグッと低くなりますね。

カラーバリエーション
昔に比べると自動車のカラーバリエーションの自由度が高くなっています。女性などの支持もありパステルカラーも充実している車種もあります。パール系のカラーも人気があるようです。中にはツートンカラーなどが特徴になっている車もあります。ボディのカラーはどうなっていくのでしょうか。

結果を急がない
自動車の値引き交渉、結果を急がないことが大事なことも。「今だけ」と称して値引きやプレゼント、キャンペーンなどあの手この手で営業マンの誘惑に惑わされないことも大事です。とはいえ、喜んで納得できる提示なら、それに乗るのも悪くないです。でもね、案外後からさらにいい提案が出ることもあります。

日産
往年のダットサンや、フェアレディZ、スカイライン、セドリックなどの車で知られる自動車メーカーです。「技術の日産」と親しまれていた時代もありました。経営危機を経て1999年にルノー傘下に入りました。日産リバイバルプランを経て、車種も大幅に刷新されていったのでした。

ファミリーに人気のクルマ
ファミリーに人気のクルマといえばミニバンでしょう。広い室内空間が人気の理由です。とはいえ、節約志向からコンパクトカーも意外に人気があるようです。遠出のときにはレンタカーを利用するという手もありますしね。普段はコンパクトカーで十分という人は結構多いです。

日産にはいい車があるけど、シルフィの値引きはどこまで引き出せるかな。それはタイミングも大事だし、交渉力にも影響されることでしょう。ただ、昔ほどの値引き額を期待したら難しいかも。今と昔では時代が違います。ばんばん車が売れた時代なら通用することも、昔のようにはいかないです。シルフィをお得に買いたいなら、追い風のある愛車の買取にチャンスを見出すのが基本です。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved