愛車の価値も見落さない&値引き交渉


WRX値引きで後悔しないために、忘れてはいけない 2つ

WRX値引き」も大事だけど「愛車の査定」も大事です。

値引きに夢中になりすぎて、愛車の価値を見落としたらもったいないです。 車の価値を一つの業者の言い値で決める時代ではないです。

ネットの普及で生まれた「カービュー」愛車無料一括査定が話題です。 たった1度だけの簡単入力で、愛車に対応できる業者の査定を比べて選べます。

予想外の査定額の差に、びっくりすることになるかも。

いつでも試せます!→

どうして愛車の価値を見落としてしまうのか?


最初から買取店に行って査定を受けたのは昔の話。

ネットからの愛車の査定調べなら、外出も不要で、簡単に比較もできます。

日本の中古車は、途上国など国外でも人気です。国内にはないニーズともつながってます。

廃車しかないと諦めるような、走行不能な事故車や水没車等のダメージカーでも専門の買取業者があるほどです。低年式・多走行・旧モデル・車検切れくらいで廃車なんて言ってられません。

業者に会わなくてもネット経由の方法で、簡単に一括査定で愛車の価値が分かる時代です。

愛車についての数分程度の簡単な情報入力をして、あとは待つだけ。あなたの愛車に対応できる買取店が査定を競うから、高価への期待も膨らみます。

WRX値引きと7秘訣


【ポイント(その1)】
WRX値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

・ WRXの値引き
・ 愛車の査定アップ
・ 諸費用のサービス
・ おまけ(ガソリン満タンなど)
・ キャンペーン・プレゼント
・ ローンと金利
・ 補助金・減税

ゴチャゴチャにしてしまうと、なんとなく得した気分のまま、あまり 値引き されなかった ということも。

目先のプレゼントやオマケに惑わされないように。^^

【ポイント(その2)】
別のWRX か ライバル車 との見積比べ

プロの営業マン相手に、駆け引きや交渉術だけで挑むのは難しいです。

面倒に思うかもしれませんが、他店の「見積」や「値引き」と比較することで、自分もより納得できます。 また、営業マンにそのことを伝えることで、本気の「値引き」を引き出すことができるかも。 たった一つのお店の「言い値」 を信じる というスタイルは 卒業しましょう。

【ポイント(その3)】
理想のタイミングとWRX購入

キャッシュバックやプレゼント特典などのキャンペーンって欲しいときには無かったり。

値引き に有利な時期 を狙うには、店側が売り急ぐ時を見つけるのが一番ですが・・。

もし決算前に販売台数のノルマ達成で店側が焦ってたら、3月・9月は狙い目かも。 ボーナス商戦は他社と競争で意欲的かも。 月末のほうが可能性が高いかも。 と、いずれも「かも」だらけ。

絶好のタイミングは、一般の人には見えない事情も多く、判断が難しいです。一方で、様子見で過ぎた時間の分だけ愛車の価値は下がります。

案外、「愛車の価値」と「すぐにでもWRXが欲しい!」という気持を優先したほうが得かもしれません。

理想のタイミングを狙って粘るか? あるいは今行動するか? 今の愛車の価値を知ることで、見えてくる選択肢もあります。

【ポイント(その4)】
WRXは新車購入だけが 方法じゃない

新車もいいですが、中古車(新古車)という選択もあります。 お得な中古車にして、グレードアップやオプションに、お金をかけるという方法もあります。

どうしても新しいクルマにコダワルなら、「残クレ(残価設定クレジット)」や「個人向けリース」という方法もあります。

これらは大雑把にいうと、数年後の買取り価格を設定して、購入費用からその分を差し引いて支払うという仕組み。

数年サイクルで、いつも新しいクルマに乗り続けたいという人には、ピッタリの仕組みです。

【ポイント(その6)】
インターネットの利用

インターネットが自動車に関する常識を、どんどん変えてます。

例えば、最初に解説した 愛車無料一括査定 もその一つ。

そしてさらに、新車見積、中古車見積、リースなどでもインターネットが利用され、実績もあげています。

クルマの場合、「実物を見ないと安心できない」ということで、インターネットはなじまない と思うかもしれませんが・・・。

各社、安心してクルマ選びができるように、保証などの さまざまな工夫 があります。 一見の価値は、あると思います。

他には、自動車保険の無料一括見積 もすごく便利です。 自動車保険も競争の時代。 毎年、見積比較でベストの保険を選ぶのもアリですね。 もちろん安心できる保険会社から選ぶことが基本ですが。

【ポイント(その7)】
まだほかにも

たとえば、不定期なキャンペーンとか、気づきにくい補助金・減税などもあります。

キャンペーンは、お店側の販促です。独自のものや、コラボしたりで様々です。「プレゼント」「キャッシュバック」「ローン金利の優遇」・・・。値引き交渉と相性のいいものは、特に見落とせません。

減税・補助金は、販売店の損にはならないため、販売店もけっこう協力的です。分かり難いところは相談してみるといいでしょう。(ちなみに補助金といえば、2010年9月に惜しまれながら終了したエコカー補助金は絶大でした。)

WRX購入*大事な一歩


WRX購入で選ぶべきタイミングは、「待ち」か?「今すぐ」か?

WRXの値引き しやすいタイミングを狙い、月末や、決算期前、ボーナス商戦まで待つ人もいます。

しかし待っている間にも、愛車の値落ちは進みます。WRX購入を我慢するほどのメリットがないとすれば、今すぐ動くのもアリです。

どちらを選ぶのが、いいのでしょうか?

それを考える上で、まず「愛車の価値」を調べることが欠かせません。愛車の 査定額 が、もし見込みより高ければ、もう待つ必要はないのかもしれません。

愛車の価値しだいでは、オプションやグレードに嬉しい変更を加えられるかも。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



WRXの話題と車の買い替え・維持・メンテの話も


日産
往年のダットサンや、フェアレディZ、スカイライン、セドリックなどの車で知られる自動車メーカーです。「技術の日産」と親しまれていた時代もありました。経営危機を経て1999年にルノー傘下に入りました。日産リバイバルプランを経て、車種も大幅に刷新されていったのでした。

自動車部品の販売店
自動車部品の販売店には2種類あります。一つは整備工場などプロ向けの部品販売。もう一つは、カー用品全般を取り扱う一般ユーザー向けのショップ。大きな違いは定休日にあらわれます。プロ向けの部品販売は日や土が休みとなる一方、一般ユーザー向けは土日が稼ぎ時になります。

スーパーカー
フェラーリやカウンタックなど、1970年代に起こった空前のスーパーカーブームを懐かしいと感じる人もたくさんいると思います。スポーツカーの中でもとくに高級な車たちのことです。日本のメーカーによるスーパーカーといえば、トヨタ2000GT、ホンダNSXなどでしょうか。

燃費重視のクルマ選び
燃費を重視するなら、車はコンパクトなほうが有利です。もし長距離や高速運転が少ないなら、軽自動車がいいかもしれません。軽自動車なら税金も安く済みます。また、ハイブリッドカーや電気自動車も選択肢に入ってくるでしょう。初期費用は高くても、維持費で元がとれるかもしれません。

結果を急がない
自動車の値引き交渉、結果を急がないことが大事なことも。「今だけ」と称して値引きやプレゼント、キャンペーンなどあの手この手で営業マンの誘惑に惑わされないことも大事です。とはいえ、喜んで納得できる提示なら、それに乗るのも悪くないです。でもね、案外後からさらにいい提案が出ることもあります。

WRXの値引きのためにスバルの販売店にたっぷり粘るよりも、案外愛車を高く買取できる業者を探したほうが早くいい結果が待っているのかもしれないです。今の時代、昔ほど新車は売れていなので、販売店も厳しいみたい。でも中古車流通は海外にまで販路が広がったりと追い風も。ネットが査定比べを簡単にしているのも見落とせない。WRXに乗り換え前に昔と違う常識を知ることから。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved