簡単なのは値引きより愛車査定のアップかも


得するエアウェイブ購入、買換え上手たちの特徴にヒントが!

エアウェイブ値引きに執着し過ぎず、愛車の価値を見落さないこと。

販売店の営業マンの言い値に惑わされて、愛車の価値を見誤る人もいます。だから面倒くさがらずに、愛車査定比べが欠かせません。

一括査定のカービューなら、買取店を知らなくても、簡単に無料で、対応できる買取店を愛車査定で選べます。数字で比べれば高い・安いは一目瞭然。

愛車の価値調べは スピードも大事。後回しは 値落ちを招きます。

見てから考える派はコチラ→

愛車の価値を軽くみてはいけない理由


最初から買取店に行って査定を受けたのは昔の話。

ネットからの愛車の査定調べなら、外出も不要で、簡単に比較もできます。

日本の中古車は、途上国など国外でも人気です。国内にはないニーズともつながってます。

廃車しかないと諦めるような、走行不能な事故車や水没車等のダメージカーでも専門の買取業者があるほどです。低年式・多走行・旧モデル・車検切れくらいで廃車なんて言ってられません。

業者に会わなくてもネット経由の方法で、簡単に一括査定で愛車の価値が分かる時代です。

愛車についての数分程度の簡単な情報入力をして、あとは待つだけ。あなたの愛車に対応できる買取店が査定を競うから、高価への期待も膨らみます。

エアウェイブ値引きは7ポイント


【ポイント(その1)】
エアウェイブ値引き交渉で目先の得にごまかされないで!7項目を別々に判断

【ポイント(その2)】
別のエアウェイブ か ライバル車 との見積比べ

プロの営業マン相手に、駆け引きや交渉術だけで挑むのは難しいです。

面倒に思うかもしれませんが、他店の「見積」や「値引き」と比較することで、自分もより納得できます。 また、営業マンにそのことを伝えることで、本気の「値引き」を引き出すことができるかも。 たった一つのお店の「言い値」 を信じる というスタイルは 卒業しましょう。

【ポイント(その3)】
タイミングも重要@エアウェイブ購入

たとえばキャンペーンでのプレゼントやキャッシュバックって、普通の値引きよりお得なのかな?

値引きを引き出しやすい時期 って、どんなときでしょうか? それは販売店が、売り急ぎたい理由があるときです。

たとえば決算直前などの3月や9月なのに、販売台数が不足のときはチャンスかも。キャンペーンも販売計画の一環で力を注ぐ分、普段よりお得っぽいですね。ボーナス商戦や、あるいは月末も比較的有利といわれます。

ただタイミングばかり考えて、先延ばしが続くと、その分愛車の買取り価値は値落ち します。

「愛車の買取り価値」を考えれば、行動は早いほうがいいのかもしれません。本当は「エアウェイブが欲しい」ときこそ買い時なのかも。

次の3月や9月まで待ってみるか? ボーナス時期か? 月末か? それとも、今スグか? 愛車の価値を調べると答えは出るかも。

【ポイント(その4)】
新車購入の他にもある選択肢@エアウェイブ

新車購入の高揚感は捨てがたいですが、中古車・新古車なら余った予算で、グレードを上げたり、もっとオプションを増やしたりという楽しみもあります。

「新車じゃなきゃダメ!」という場合も、残クレ(残価設定クレジット)、個人向けリース等で費用を抑える方法もあります。

費用を抑えられるのは、車を手放す際の下取り価格を購入時に設定して、その分が費用から引かれてるからです。

いつも変わらず新しい車に乗り続けたい人に便利な仕組み。これなら数年おきに新車が楽しめます。

【ポイント(その5)】
カーローン選びも大事

車のローンも販売店ですぐ手続きでるのはすごく便利。でも便利な分、金利は高め かも。

ちゃんと探しせば、あなたの信用力でより低い金利のローンがあるかも。

自動車に関わるローンは、銀行や信組などでも扱いがあり、見落とせません。

たとえば普段から付き合いのある銀行なら「優遇金利」があるのかも。給与振込、各種引落し等で利用の銀行からチェックしましょう。

もちろん銀行等のローンには、審査等の手間もかかります。でもローンって長い付き合いですし、金利による支払い額の差は、思った以上に大きいです。自分の信用力をムダにしてはいけません

【ポイント(その7)】
プラス アルファ

期間限定の キャンペーン、あるいは タイミングによっては 補助金・減税なども あるかも。

キャンペーンには、「キャッシュバック」、「ローン金利の優遇」、「特別なプレゼント」など様々。多様な上に タイミングも 図れないので、あえて待つほどではないですが、利用できるなら メリットはありますね。

減税や 補助金は、国や 自治体が 行う もので、分かりにくいものもあり、注意しないと 気づかないことも。 車の補助金で 特に有名なのは、2010年9月に終了したエコカー補助金。このときの影響力は、すごかったです。

エアウェイブ購入は出だしで決まる


エアウェイブ購入のタイミングを考えると、2つの選択肢があります。

一つ目は、エアウェイブ値引き重視で、決算期や、ボーナス商戦、月末まで待つこと。

二つ目は、「愛車の値落ち」や、「エアウェイブが欲しい気持ち」を重視して、すぐ動くこと。

選ぶタイミングで、結果に大きな差が出ることも。

どちらにしても、「愛車の今の価値」はスグ調べるべきです。次に購入する車のグレードやオプションも、愛車の 査定額 によっては、ステップアップできるかもしれません。

もし予想外に愛車が高く売れるとしたら、もう迷うことはないはずです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



エアウェイブとの生活で見落とせない知識・常識


グレード選び
クルマ選び、車種が決まったらグレード選びも。グレードによって性能や装備も変わってきます。中には必要ないものもあるでしょうから、必ずしも上位グレードがいいとはかぎりませんが、グレードは高いほうが何かと快適です。憧れの車の低いグレードもいいですが、お馴染みの車の最高グレードを選ぶという方法もアリですよ。

自動車と公害
自動車はその排気ガスや騒音・振動などにより、過度の交通量により公害を引き起こす事があります。尼崎大気汚染公害訴訟など有名な訴訟もあります。ところで、車の台数が減ったり、燃費が向上したり、ハイブリッドカーや電気自動車が増えてくると、このような問題も同時に少なくなっていくことでしょう。

セダンやバン
昔はクルマといえば、セダンやバンが主流でした。昭和を代表するクルマはセダンが多いです。しかし、今はミニバンやハッチバックなどニーズが多様になりました。とはいえ社用車として使われるクルマには、まだまだセダンやバンが多いです。純粋にクルマとしての機能を重視すれば、セダンやバンに行き着くのかもしれません。

昔の免許証
免許更新の際に、古い免許証は持ち帰る事ができます。地域によって差はありますが、その旨を伝えると、パンチ穴をあけて返してくれる仕組みのようです。歴代の免許を記念に残している人もいるとか。常に携帯していた免許証だけに、なかなか思い出深いかもしれませんね。

ミッション
スポーツタイプの車種を中心にマニュアルミッション(MT)が人気です。中古車では、MT車がAT車より高くなるなど逆転現象が起きてる車種もあるようです。スポーツタイプじゃなくても、AT車が当たり前になったことで、逆にたまにはMT車も乗りたくなることってありますよね。

エアウェイブはホンダの車だけど、値引きについてはどこまでいけるかな。値引き交渉に力が入ると、忘れがちなのが愛車の価値。中古車査定は気軽に比較できる時代だし、そっちも見落とさないで頑張りたいところ。愛車が高く売れるなら、エアウェイブの購入条件も上げることだってできそうだし、いいことづくめです。値引きもいいけど、オプションや装備の充実のほうに交渉が向けることもできるかも。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved