愛車の価値も見落さない&値引き交渉


狙いのアテンザの購入で失敗しないために、ポイントは 2つ

一つは、アテンザ値引き交渉。もう一つは、下取り査定アップ

値引きのことで頭がいっぱいで、手放す車の価値を見落とす人は多いです。 方法さえ間違わなければ、愛車の査定アップは簡単です。

その方法とは、ネットで利用するカービュー(愛車無料一括査定)です。 わずか数分たらずの簡単入力で、対応できる業者が愛車の査定を競います。

査定はどこも同じと思ってた人も、査定額の差に驚きます。

何はさておき試してみる→

愛車の価値を軽くみてはいけない理由


誰もが愛車査定を簡単・気軽にできる時代です。

ネットで簡単になった一括査定で、査定額を見てから業者が選べる時代です。

規制緩和後、国外でも人気の中古車だから、国内の相場だけで査定額は決められません。

たとえば、誰もが廃車を覚悟するような、自走できない事故車・水没車でも修理前のまま買い取るダメージカー専門業者もあります。低年式・型落ち・多走行くらいのことで希望を失わないで。

比べるから人気の高年式・高級車・輸入車の場合でも、もっと高値の期待も膨らみます。

やることは簡単。わずか数分程度の入力だけ。あなたの愛車に対応できる業者からの査定を見て選べます。業者間で競ってもらうのが、業者に足元を見られない一番の方法でしょう。

アテンザ値引き準備7項目


【ポイント(その1)】
アテンザ値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

【ポイント(その2)】
比較の力・アテンザ とライバル車 の見積比較

お店の本気の「値引き」を引き出すには、準備が欠かせません。

「値引きがもっと必要な理由」を客観的に示すには、負けたくないライバル店のライバル車の「見積」が一番です。でも調べてみたら、本命がそっちに変るほどの嬉しい発見があることも。 店の「言い値」や説得に負けない準備 があると、交渉ももっと自信をもって進められます。

【ポイント(その3)】
タイミングも重要@アテンザ購入

たとえばキャンペーンでのプレゼントやキャッシュバックって、普通の値引きよりお得なのかな?

値引きを引き出しやすい時期 って、どんなときでしょうか? それは販売店が、売り急ぎたい理由があるときです。

たとえば決算直前などの3月や9月なのに、販売台数が不足のときはチャンスかも。キャンペーンも販売計画の一環で力を注ぐ分、普段よりお得っぽいですね。ボーナス商戦や、あるいは月末も比較的有利といわれます。

ただタイミングばかり考えて、先延ばしが続くと、その分愛車の買取り価値は値落ち します。

「愛車の買取り価値」を考えれば、行動は早いほうがいいのかもしれません。本当は「アテンザが欲しい」ときこそ買い時なのかも。

次の3月や9月まで待ってみるか? ボーナス時期か? 月末か? それとも、今スグか? 愛車の価値を調べると答えは出るかも。

【ポイント(その5)】
自動車ローンを金利で選ぶ

販売店で手間なく組めるローンで本当にいいの? もっと金利は安くできる のかも。

手間を惜しんで、金利の高いローンで妥協するのはもったいないです。

自動車購入の目的ローンは銀行や信組などにもあり、人気・実績もあります。

各種引落しや、給与振込みで利用中の銀行等なら、特別に優遇金利で借りられるかもしれません。そんなチャンスを見落とすのは残念です。

ローンを銀行等に申し込むには、審査など手続きを要し、それなりに手間はかかりますが、あなたの信用力に応じた 適正な金利で借りることは、決して特別なことではありません。

【ポイント(その7)】
まだほかにも

たとえば、不定期なキャンペーンとか、気づきにくい補助金・減税などもあります。

キャンペーンは、お店側の販促です。独自のものや、コラボしたりで様々です。「プレゼント」「キャッシュバック」「ローン金利の優遇」・・・。値引き交渉と相性のいいものは、特に見落とせません。

減税・補助金は、販売店の損にはならないため、販売店もけっこう協力的です。分かり難いところは相談してみるといいでしょう。(ちなみに補助金といえば、2010年9月に惜しまれながら終了したエコカー補助金は絶大でした。)

アテンザ購入・意外な手始め


アテンザを購入するには「今がいい」のか?「今はダメ」なのか?

もしかしたら、ボーナス商戦や、決算期前、又は月末などのほうが、アテンザの値引きはしやすいのかも。

でも時間の経過は、愛車の値落ちにつながります。欲しいアテンザの購入を我慢するほどの価値はあるのかな?

タイミングを考えるときに欠かせない情報があります。それが「愛車の今の価値」。案外、愛車の 査定額しだい なのかも。

思っていたより愛車の価値が高ければ、待つ必要なんてないですね。余った予算でグレードやオプションもアップできます。

もし愛車が予想くらいの価値で、暫く安定してそうなら、値引き重視のタイミングまで待つのもアリです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



アテンザがもっと好きになるかも車の知恵


認定中古車
輸入車や高級車の中には、認定中古車という仕組みがあります。中古車は、新車と異なり状態の程度に差があり、当たり外れも大きいことも。認定中古車はしっかり整備されてる分高いかもしれませんが、安心して乗れる仕組みです。輸入車の場合、部品も手に入りにくかったりしますので、メンテのことを考えれば認定中古車を購入するほうが長い目でいいのかもしれません。

ライトの種類
長い間ライトといえばハロゲンランプが主流でした。ところが、見やすく省エネが期待できるHIDやLEDのライトが登場し、ハロゲンランプの存在感は相対的に薄れつつあります。熱を持つハロゲンランプはエネルギー効率的に不利のようです。でも雪道などではその熱が役に立つ場合もあるのでした。

ホンダ
ホンダといえば自動車だけではなく、オートバイでも有名です。また乗用車だけじゃなく軽トラックでも知名度が高いです。「H」のエンブレムがトレードマークです。過去にはオデッセイやステップワゴンなど空前のミニバンブームの火付け役にもなりました。高級車ブランドの「アキュラ」も展開しています。

車検選び
規制緩和により車検の選択肢も広くなりました。業者にお任せの車検もありますが、車検を立ち会うことでプロの整備士のアドバイスを聞きながら整備を選ぶことができる車検も登場しています。車検後にどのように乗るかに合わせて整備を最適化することで節約にもつながるのでした。

トールワゴン
3列シートを持たないミニバンなんだとか。日本独自の和製英語とのことです。だいたいの車がハッチバックタイプです。居住性の広さとか、荷物を積むのにも安心な感じです。軽自動車にもトールワゴンがあります。人気のタイプの車には、各社が力を入れるので、いろんなトールワゴンがあるのでした。

マツダ・アテンザ購入で力やお金を使い果たすのではなく、余力と資金を残しておくためにも、簡単にできるお得・節約は上手に活用すべきです。アテンザに詳しくても、時代遅れの考えに捉われていたら残念です。規制緩和、外資参入、車離れ、ネットの普及など社会背景の変化もあり、常識も昔とはかなり違うものになっています。カーライフを充実したものにするために、必要な知識はつけておくことが大事。

carview
↑クリック↑

クルマのお役立ちサイト

| マツダ三菱自動車スバル

コンパクトカー(ハッチバック)

クルマといえばセダン

たっぷり楽しむワゴン

マツダ

再生バッテリーの通販体験値引き@自動車購入

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved