狙いどころは愛車査定UP!値引き交渉の前に


bB購入で損しないため、よくある勘違いに注意です

bB値引きへの過大な期待と、愛車の価値への過小な評価。

値引き交渉に忙しすぎて、愛車の価値を軽く考えるのは間違いです。 簡単に査定調べもできるので、とにかく方法を間違わないこと。

中古車査定の常識を変えたカービュー。この愛車無料一括査定は見落とせません。たった1度の簡単入力だけで、査定額による業者選びができます。

業者に足元を見られる立場ではなく、業者を選ぶ立場です。

(まず見てみるなら)→

愛車の価値を軽くみてはいけない理由


業者毎に時間と手間を要した中古車査定は昔の話。

外出不要で、ネットから簡単に、愛車の査定調べ&比較ができる時代です。

海外にも販路を広げた中古車流通を背景に、以前の常識だけで車の価値は判断できません。

走行不能な修理前の事故車や水没車に対応する専門の買取業者もいるほどです。旧モデル・年落ち・低年式・多走行・車検切れでも気軽に査定チェック。予想外の高い査定が見つかることも。

売る・売らないは査定を調べてから考えること。まずは一括査定で愛車の価値をチェック。

交渉力に自信がなくても、対応できる業者どうしが競うので、あなたは比べて選ぶだけ。 初めての人にも、女性にも、忙しい人にも喜ばれる方法です。

bB値引き¥7つの視点


【ポイント(その1)】
bB値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

・ bBの値引き
・ 愛車の査定アップ
・ 諸費用のサービス
・ おまけ(ガソリン満タンなど)
・ キャンペーン・プレゼント
・ ローンと金利
・ 補助金・減税

ゴチャゴチャにしてしまうと、なんとなく得した気分のまま、あまり 値引き されなかった ということも。

目先のプレゼントやオマケに惑わされないように。^^

【ポイント(その2)】
bB見積と ライバル車見積の比較

【ポイント(その3)】
bB購入と最高のタイミング

時々行われているキャンペーンでは、プレゼントだけじゃなく、キャッシュバックもあることも。

相手の立場で考えてみると、値引き が出やすい時期 があることに気づきます。販売店に売り急ぐ理由がある時期です。

例えば決算前の3月や9月など。もし販売台数がノルマ割れなら、値引きには追い風かもしれません。またボーナス商戦でライバル店に負けないため、普段以上に張り切るかもしれません。あと比較的有利とされるのが月末です。

でも値引き重視のタイミングばかり考えて、時間が経ちすぎると、愛車の値落ちが進みます。

もし「愛車の価値」を優先するなら、すぐ行動したほうがいいのかも。「bBが欲しい」気持ちへの我慢も不要です。

購入は今? 月末まで待つ? 次のボーナスや3月・9月まで我慢する? 時期の判断に「交渉の手応え」と「愛車の価値」が見落とせません。

【ポイント(その4)】
bBは新車購入だけが 方法じゃない

新車もいいですが、中古車(新古車)という選択もあります。 お得な中古車にして、グレードアップやオプションに、お金をかけるという方法もあります。

どうしても新しいクルマにコダワルなら、「残クレ(残価設定クレジット)」や「個人向けリース」という方法もあります。

これらは大雑把にいうと、数年後の買取り価格を設定して、購入費用からその分を差し引いて支払うという仕組み。

数年サイクルで、いつも新しいクルマに乗り続けたいという人には、ピッタリの仕組みです。

【ポイント(その5)】
マイカーローンと金利

車のローンをあまり考えずに組んじゃうのは、損かもしれません。その金利、高いかも

ちょっと調べるだけ、もっと低金利のローンが見つかるかもしれません。

自動車購入に関わるローンは銀行・信金等さまざまな選択肢があります。

普段から「各種料金の引落し」や「給与振込み」等で付き合いがある銀行から調べましょう。「優遇金利」が利用できるかもしれないです。

銀行等でのローン申し込みは手続きに時間がかかる場合もあるので、余裕をもった行動が大事です。自分の信用力を最大限活かす には大事なことですし、手間をかけるだけの価値はあります。

【ポイント(その7)】
そのほか

利用できるキャンペーンや、補助金・減税などは取りこぼしなく利用したいです。

ちなみにキャンペーンには、いろんなタイプがあります。 「キャッシュバック」や「ローン金利の優遇」、「プレゼント」、・・・。 でも どんなキャンペーンが いつあるのか、事前の予測が難しいのが残念です。

減税や補助金は、時期や条件などが分かりにくく、気づきにくいことも少なくないです。 取りこぼしの無いように、チェックしたいです。 ちなみに、補助金といえば2010年9月に終了したエコカー補助金の効果は、凄まじかったです。

bB購入*でだしの切り札


bB購入のタイミングを考えると、2つの選択肢があります。

一つ目は、bB値引き重視で、決算期や、ボーナス商戦、月末まで待つこと。

二つ目は、「愛車の値落ち」や、「bBが欲しい気持ち」を重視して、すぐ動くこと。

選ぶタイミングで、結果に大きな差が出ることも。

どちらにしても、「愛車の今の価値」はスグ調べるべきです。次に購入する車のグレードやオプションも、愛車の 査定額 によっては、ステップアップできるかもしれません。

もし予想外に愛車が高く売れるとしたら、もう迷うことはないはずです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



bB|ほっこりする購入・査定・値引き様々


新古車(未利用車)
中古車の中でも程度がいいものに、新古車と呼ばれるクルマがあります。新古車は未利用車とも呼ばれ、すごくきれいです。ただ、なかなか欲しい車の新古車を見つけるのは難しいことも。また、モデルチェンジ前だったりすることもあります。新古車は急なキャンセルや展示用、あるいは、販売店の事情で登録台数を増やすためなどの理由で存在します。

ライトの種類
長い間ライトといえばハロゲンランプが主流でした。ところが、見やすく省エネが期待できるHIDやLEDのライトが登場し、ハロゲンランプの存在感は相対的に薄れつつあります。熱を持つハロゲンランプはエネルギー効率的に不利のようです。でも雪道などではその熱が役に立つ場合もあるのでした。

マツダ
広島県に根差した自動車メーカーです。マツダといえばやはりロータリーエンジンで知られます。またロードスターも世界的に知られる車です。経営危機により一時期フォードと関係を強化した時期もありました。「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズやスカイアクティブ・テクノロジーもマツダです。

車検選び
規制緩和により車検の選択肢も広くなりました。業者にお任せの車検もありますが、車検を立ち会うことでプロの整備士のアドバイスを聞きながら整備を選ぶことができる車検も登場しています。車検後にどのように乗るかに合わせて整備を最適化することで節約にもつながるのでした。

トールワゴン
3列シートを持たないミニバンなんだとか。日本独自の和製英語とのことです。だいたいの車がハッチバックタイプです。居住性の広さとか、荷物を積むのにも安心な感じです。軽自動車にもトールワゴンがあります。人気のタイプの車には、各社が力を入れるので、いろんなトールワゴンがあるのでした。

トヨタといえども昔のような値引きは難しいでしょう。成長市場だったころのシェア争いの時代は終わり、台数を伸ばすためのむちゃくちゃなbB値引きは今では期待できません。一方で中古車流通の海外への拡大や、一括査定による査定比べの環境が整ったことで、車に詳しくなくても愛車の価値を見落さなくて済むようになってます。新常識を見落さないことが大事。bBへの買換えで成功するために。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved