まぐれじゃない!愛車の高価買取&値引き交渉


失敗しない5シリーズへの買換えに、大事なことがあります

5シリーズ値引き交渉より、むしろ愛車の下取りアップ がカギです。

販売店の下取り以外にも、愛車の価値を認める業者はあります。 ネットの普及が、高く評価する業者を見落とさない仕組みを作りました。

愛車無料一括査定・カービューです。 愛車ついて、ほんの数分程度のカンタンな入力をするだけで、対応できる業者が競った査定を比べて選べます。

業者どうしが競うなら、本気の査定が期待できますね。

スグ試すなら→

嬉しい予想外!愛車がこんなに高いとは


業者ごとに行って査定を受ける以前とは違います。

ネットを使えば、車の査定は簡単・気軽。だから査定比べも普通のことに。

日本の中古車の販路も海外にまで広がり、国内の価値観だけで車の価値は分かりません。

以前なら廃車しかないような、動かない事故車・水没車でもダメージカー専門の買取業者が対応します。年落ち・型落ち・低年式車・多走行くらいの理由で価値をあきらめてる場合ではないです。

売るかどうかも査定額しだいですし、まずはネットの一括査定で愛車を試してみましょう。

ほんの数分程度の簡単入力だけなのに、愛車に対応できる買取店が競う査定を比較できます。「査定アップの交渉」より「査定が高い業者を見つける」ほうが簡単です。

5シリーズ値引き準備7項目


【ポイント(その1)】
5シリーズ値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

【ポイント(その2)】
見積の比較・5シリーズ又はライバル車

交渉力や駆け引きだけで、プロの営業マンを説き伏せるのは困難です。

だからこそ準備が大事。つまりライバル店の「見積」・「値引き」を手元に持つこと。他者の見積を知ることは自分が納得するにも大事です。 営業マンの競争心をくすぐるような交渉ができると面白いかも。 お店の「言い値」をどう揺さぶるか を考えるのが 交渉のポイントです。

【ポイント(その3)】
大事な5シリーズの購入タイミング

販売店のキャンペーン等でプレゼントやキャッシュバックがある期間を見逃したら悔しいです。

値引き交渉でもタイミングは大事。 値引き が成功しやすい時期 、つまり販売店が急いでも売りたい時期を狙います。

決算直前は営業成績の都合で、ノルマ・販売状況によっては値引きの意欲が高まることも。3月や9月が一つの目安。またボーナス商戦時期も、他社・他店に負けられないから意欲が高いです。普段では月末のほうが有利とされます。

でも値引き交渉のタイミングを考えて、購入時期を先送りするのは、愛車の値落ちリスクを高める 要因です。

「愛車の値落ちリスク」と「5シリーズの欲しい気持ち」を優先するなら行動は早いほうがいいのかも。

今動くべきか? 月末まで様子見か? はたまた次のボーナスや決算期まで待つか? 愛車の価値や、交渉の流れを踏まえた判断を。

【ポイント(その4)】
5シリーズ購入:新車・中古・リース他

新車購入だけが全てではないです。例えば中古車(新古車)なら、同じ予算でも車のグレードを上げたり、便利なオプションを充実させることもできます。

「中古車じゃ新車の感動が味わえない」と思うなら、個人向けリースや、残クレ(残価設定クレジット)等も方法です。

最初から「数年後の手放す際の買取り価格」を差し引いた費用を支払う仕組みだから、新車を普通に買うより安く乗れると話題です。

何年かおきに、新しい車に乗り続けていきたいと考える人には、嬉しい方法です。

【ポイント(その5)】
金利で選ぶ車のローン

販売店でのやりとりの流れで、利用できるローンは簡単だけど、その分金利は高くない?

きちんと選べば、もっと低金利でローンを利用できるかもしれないです。

たとえば銀行や信用金庫などで、様々な特長のある車のローンがあります。

すでに料金の引落しや、給与振込み等で取引のある銀行等では、優遇金利の条件を満たしているかも。だから最初に確認するところです。

銀行等のローンでも審査など手続は避けられず、手間と時間も要します。でも「返済期間の長さ」と「節約できる金額」を思えば省略できないはず。手を抜いたらあなたの信用力がもったいない です。

5シリーズ購入への第一歩


5シリーズを 今すぐに購入するのは、損か? それとも、得か?

少し我慢して、決算期前 や ボーナス商戦まで待てば、5シリーズの値引き交渉に有利に働くこともあるのかも。

でも確実とは言えないですし、時間が経てば愛車の価値も下がります。トータルで見ても5シリーズ購入を我慢する意味はあるのかな?

その判断のためにも、愛車の価値調べが欠かせないです。

もし見込み以上に高い査定で手放せるとしたら、もう買い替えを待つ必要はないはずです。オプションや装備のアップも楽しめそうです。

愛車の価値が思ったほどでもないのなら、値落ちに配慮しつつも、値引き重視で待つのもいいですね。

つまりタイミングも愛車の 査定額しだいです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



5シリーズ~ハラハラな話もあるかな値引きの他にも


セダンやバン
昔はクルマといえば、セダンやバンが主流でした。昭和を代表するクルマはセダンが多いです。しかし、今はミニバンやハッチバックなどニーズが多様になりました。とはいえ社用車として使われるクルマには、まだまだセダンやバンが多いです。純粋にクルマとしての機能を重視すれば、セダンやバンに行き着くのかもしれません。

タイヤの寿命
一般にタイヤの交換時期は溝の残り具合で決まります。ところがスタッドレスタイヤの場合は少し違います。溝があってもゴムの劣化でブレーキなどの効きが悪くなるので、3~4年を目安に交換することもあります。タイヤの製造時期はタイヤの側面にかかれているので見方を知っておくことも大事です。

ホンダ
ホンダといえば自動車だけではなく、オートバイでも有名です。また乗用車だけじゃなく軽トラックでも知名度が高いです。「H」のエンブレムがトレードマークです。過去にはオデッセイやステップワゴンなど空前のミニバンブームの火付け役にもなりました。高級車ブランドの「アキュラ」も展開しています。

故障と買換え
自動車の故障ってある程度の時期から急に増えることがあります。故障が続くようだと修理・整備費用がかさみだすので、買い替えを考えるタイミングですね。まだ価値があるうちならば、値落ちが進む前に決断したほうがよさそうです。そのタイミングをはかるのにもネットの一括査定が便利かも。

ミニバン
ミニバンブームを経て、ファミリーカーとして人気が定着しました。たくさん乗れるというメリットがある一方で、燃費は悪くなる傾向があります。ミニバンの普及には、大人気だったホンダ・オデッセイの成功が大きかったと思います。ちなみにミニバンという車の形はブームの前からあったみたいです。

BMWの販売店は5シリーズをどれほど値引きしてくれるのか。実はそれほど期待できないみたい。驚くような値引きが登場するのには理由があります。昔はシェア争いが重要でしたが、今は利益確保が重要です。台数を伸ばすためだけに無理な値引きは期待できないみたい。だから5シリーズの値引きを狙うより、一括査定などの環境が整っている愛車の査定アップを狙うほうが合理的といえそうです。

carview
↑クリック↑

クルマのお役立ちサイト

| BMWメルセデス・ベンツフォルクスワーゲン

クルマといえばセダン

たっぷり楽しむワゴン

その他メーカー

再生バッテリーの通販体験値引き@自動車購入

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved