昔は値引き交渉*でも今は愛車査定比較がカギ


狙いのキャロルの購入で失敗しないために、ポイントは 2つ

一つは、キャロル値引き交渉。もう一つは、下取り査定アップ

値引きのことで頭がいっぱいで、手放す車の価値を見落とす人は多いです。 方法さえ間違わなければ、愛車の査定アップは簡単です。

その方法とは、ネットで利用するカービュー(愛車無料一括査定)です。 わずか数分たらずの簡単入力で、対応できる業者が愛車の査定を競います。

査定はどこも同じと思ってた人も、査定額の差に驚きます。

いつでも試せます!→

なぜ愛車の価値をあきらめたらダメなのか?


誰もが愛車査定を簡単・気軽にできる時代です。

ネットで簡単になった一括査定で、査定額を見てから業者が選べる時代です。

規制緩和後、国外でも人気の中古車だから、国内の相場だけで査定額は決められません。

たとえば、誰もが廃車を覚悟するような、自走できない事故車・水没車でも修理前のまま買い取るダメージカー専門業者もあります。低年式・型落ち・多走行くらいのことで希望を失わないで。

比べるから人気の高年式・高級車・輸入車の場合でも、もっと高値の期待も膨らみます。

やることは簡単。わずか数分程度の入力だけ。あなたの愛車に対応できる業者からの査定を見て選べます。業者間で競ってもらうのが、業者に足元を見られない一番の方法でしょう。

キャロル値引き7sポイント


【ポイント(その1)】
キャロル値引き交渉で惑わされやすい項目7つに注意

【ポイント(その2)】
見積で競ってもらう@キャロル や ライバル車

【ポイント(その3)】
キャロル購入は良いタイミングで

時期によっては、キャッシュバックやプレゼントなどのキャンペーンが行われてる場合があります。

また、値引きの場合も、時期によって 値引き されやすい時期 があります。 つまり販売店が、売り急ぐときです。

一般的には、決算などのある3月や9月が、値引きされやすい といわれてます。 そのほか、ボーナス商戦の時期も、他社に顧客を奪われないようにガンバル可能性は高いでしょう。 また、月末も比較的有利といわれてます。

一方でタイミングをうかがって、様子見が続くと、愛車の価値は時間が経つと下がっていく 可能性があります。

「愛車の価値」や「キャロルが欲しい!」という気持を優先すれば、早い行動がベストかもしれません。

スグ購入か? 月末までは粘ってみるか? ボーナス時期・3月・9月まで待ってみるか? 交渉の流れも見ながら判断でしょうね。

【ポイント(その4)】
キャロル購入:新車・中古・リース他

新車購入だけが全てではないです。例えば中古車(新古車)なら、同じ予算でも車のグレードを上げたり、便利なオプションを充実させることもできます。

「中古車じゃ新車の感動が味わえない」と思うなら、個人向けリースや、残クレ(残価設定クレジット)等も方法です。

最初から「数年後の手放す際の買取り価格」を差し引いた費用を支払う仕組みだから、新車を普通に買うより安く乗れると話題です。

何年かおきに、新しい車に乗り続けていきたいと考える人には、嬉しい方法です。

【ポイント(その5)】
自動車ローンを金利で選ぶ

販売店で手間なく組めるローンで本当にいいの? もっと金利は安くできる のかも。

手間を惜しんで、金利の高いローンで妥協するのはもったいないです。

自動車購入の目的ローンは銀行や信組などにもあり、人気・実績もあります。

各種引落しや、給与振込みで利用中の銀行等なら、特別に優遇金利で借りられるかもしれません。そんなチャンスを見落とすのは残念です。

ローンを銀行等に申し込むには、審査など手続きを要し、それなりに手間はかかりますが、あなたの信用力に応じた 適正な金利で借りることは、決して特別なことではありません。

【ポイント(その7)】
まだほかにも

たとえば、不定期なキャンペーンとか、気づきにくい補助金・減税などもあります。

キャンペーンは、お店側の販促です。独自のものや、コラボしたりで様々です。「プレゼント」「キャッシュバック」「ローン金利の優遇」・・・。値引き交渉と相性のいいものは、特に見落とせません。

減税・補助金は、販売店の損にはならないため、販売店もけっこう協力的です。分かり難いところは相談してみるといいでしょう。(ちなみに補助金といえば、2010年9月に惜しまれながら終了したエコカー補助金は絶大でした。)

キャロル購入は出だしで決まる


キャロルを購入するには「今がいい」のか?「今はダメ」なのか?

もしかしたら、ボーナス商戦や、決算期前、又は月末などのほうが、キャロルの値引きはしやすいのかも。

でも時間の経過は、愛車の値落ちにつながります。欲しいキャロルの購入を我慢するほどの価値はあるのかな?

タイミングを考えるときに欠かせない情報があります。それが「愛車の今の価値」。案外、愛車の 査定額しだい なのかも。

思っていたより愛車の価値が高ければ、待つ必要なんてないですね。余った予算でグレードやオプションもアップできます。

もし愛車が予想くらいの価値で、暫く安定してそうなら、値引き重視のタイミングまで待つのもアリです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



キャロル買換えも車の維持も情報収集が大事


ユーザー車検
規制緩和で自分の車は、自分で車検を受けられるようになりました。とはいえ、平日の時間が必要だったり、ムズカシそうなイメージなどから、実際にユーザー車検を利用している人は一握りでしょう。ただ、車検業界を変えるには大きなインパクトになったことは間違いないです。多様な車検サービスが登場しましたからね。

ハッチバッグ
後部にセダンのようなトランクではなく、室内とつながるバックドアがついている車です。多くの場合跳ね上げ式のドアとなっています。荷物を置くためのスペースですが、室内とつながっているので、ハッチバックから入れたものを室内から取り出すことができるのはトランクと大きな違いでしょうね。

自動車保険と事故対応
自動車保険選びでは保険料比較に目がいきがちですが、事故対応についてもしっかりチェックすることが大事です。事故の時って心細いですし、きちんと対応してくれることを確認できると安心ですね。保険会社の対応の守備範囲を知ることも大事。

タイヤの歴史
今ではチューブレスが当たり前ですが、昔のタイヤにはチューブが入っていました。また粉じん問題で姿を消したスパイクタイヤというのもありました。雪道にはすごい効果がありましたが、雪解け後の走行の問題で姿を消しました。その代わりに出てきたのがスタッドレスタイヤです。

マイカーローンの金利と審査
マイカーローンの金利は審査が厳しいところほど低い傾向があります。当たり前のことですが。できるだけ低金利のマイカーローンを利用するなら、厳しい審査も面倒がらずに受けてみましょう。それが自分の信用力をムダにしない最善の方法ですね。手続が楽というだけで、ローンを選ぶのはもったいないです。

キャロル買うなら値引きについての便利情報.

マツダにはいい車があるけど、キャロルの値引きはどこまで引き出せるかな。それはタイミングも大事だし、交渉力にも影響されることでしょう。ただ、昔ほどの値引き額を期待したら難しいかも。今と昔では時代が違います。ばんばん車が売れた時代なら通用することも、昔のようにはいかないです。キャロルをお得に買いたいなら、追い風のある愛車の買取にチャンスを見出すのが基本です。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved