ギリギリを狙うなら!値引きの前に愛車査定UP


センチュリー値引きで後悔しないために、忘れてはいけない 2つ

センチュリー値引き」も大事だけど「愛車の査定」も大事です。

値引きに夢中になりすぎて、愛車の価値を見落としたらもったいないです。 車の価値を一つの業者の言い値で決める時代ではないです。

ネットの普及で生まれた「カービュー」愛車無料一括査定が話題です。 たった1度だけの簡単入力で、愛車に対応できる業者の査定を比べて選べます。

予想外の査定額の差に、びっくりすることになるかも。

すぐ試してみる! →

価値を見落とさなければ愛車は高いかも


業者毎に時間と手間を要した中古車査定は昔の話。

外出不要で、ネットから簡単に、愛車の査定調べ&比較ができる時代です。

海外にも販路を広げた中古車流通を背景に、以前の常識だけで車の価値は判断できません。

走行不能な修理前の事故車や水没車に対応する専門の買取業者もいるほどです。旧モデル・年落ち・低年式・多走行・車検切れでも気軽に査定チェック。予想外の高い査定が見つかることも。

売る・売らないは査定を調べてから考えること。まずは一括査定で愛車の価値をチェック。

交渉力に自信がなくても、対応できる業者どうしが競うので、あなたは比べて選ぶだけ。 初めての人にも、女性にも、忙しい人にも喜ばれる方法です。

センチュリー値引き!7ポイント


【ポイント(その1)】
センチュリー値引きに臨む前に!見極めが大事な7項目

・ センチュリー値引き額
・ 愛車の下取り・買取りの査定額
・ 書類・手続き等の諸費用をサービス
・ オマケ(燃料満タンなど)
・ キャンペーン得点やプレゼント
・ 自動車ローンの金利
・ 国・都道府県・市区町村の補助金・減税

混ぜて考えると、得した気分はあるのに、実質的には ほとんど 値引き されずに失敗ということも。

特にプレゼントやチョットしたオマケに嬉しくなって、交渉を忘れないように。^^

【ポイント(その2)】
比較の力・センチュリー とライバル車 の見積比較

お店の本気の「値引き」を引き出すには、準備が欠かせません。

「値引きがもっと必要な理由」を客観的に示すには、負けたくないライバル店のライバル車の「見積」が一番です。でも調べてみたら、本命がそっちに変るほどの嬉しい発見があることも。 店の「言い値」や説得に負けない準備 があると、交渉ももっと自信をもって進められます。

【ポイント(その3)】
絶好の購入タイミング@センチュリー

丁度よくキャッシュバックのキャンペーンや、プレゼント特典などで得する人もいますね。

でも「値引き」については、時期の良し悪しってあるのかな? 値引き にいい時期 とは、販売店が売り急いでいるときです。

可能性としては決算前の3月や9月が高そうです。販売台数のノルマ達成に焦っていたらチャンスかも。 ほかにも、ボーナス商戦では、他所に負けないために販売意欲が高いはず。 普段では、比較的月末が有利といわれます。

かといって、タイミングを狙いすぎて時間を費やすと、その分愛車の価値はどんどん落ちて しまいかねません。

だから「センチュリーが欲しい!」という感情を抑えず、スグ動くのもアリ。その時は愛車の価値に期待です。

「値引き」重視でボーナス商戦や決算前を狙うか? 「愛車の価値」重視でスグ購入か? いずれにしても愛車の今の価値は知っておいて損はないです。

【ポイント(その5)】
金利で選ぶ車のローン

販売店でのやりとりの流れで、利用できるローンは簡単だけど、その分金利は高くない?

きちんと選べば、もっと低金利でローンを利用できるかもしれないです。

たとえば銀行や信用金庫などで、様々な特長のある車のローンがあります。

すでに料金の引落しや、給与振込み等で取引のある銀行等では、優遇金利の条件を満たしているかも。だから最初に確認するところです。

銀行等のローンでも審査など手続は避けられず、手間と時間も要します。でも「返済期間の長さ」と「節約できる金額」を思えば省略できないはず。手を抜いたらあなたの信用力がもったいない です。

【ポイント(その7)】
まだほかにも

たとえば、不定期なキャンペーンとか、気づきにくい補助金・減税などもあります。

キャンペーンは、お店側の販促です。独自のものや、コラボしたりで様々です。「プレゼント」「キャッシュバック」「ローン金利の優遇」・・・。値引き交渉と相性のいいものは、特に見落とせません。

減税・補助金は、販売店の損にはならないため、販売店もけっこう協力的です。分かり難いところは相談してみるといいでしょう。(ちなみに補助金といえば、2010年9月に惜しまれながら終了したエコカー補助金は絶大でした。)

センチュリー購入|滑り出しよく!


センチュリーの購入は「今すぐ」がいいのか?それとも「まだ早い」のか?

センチュリー値引き交渉を有利に進めたくて、決算期前 とか、ボーナス商戦まで待つのは、意味があるのでしょうか?

時間をかけ過ぎると、ムダに愛車の値落ちが進みます。「センチュリーに早く乗りたい」気持ちを優先して、今すぐの行動にも一理あります。

まずは愛車の価値を調べて、「今すぐ行動」のメリットを知ることです。

予想通りの査定額で、暫く値落ちの心配がなければ、待つのもいいでしょうね。 でも予想外に愛車査定が高い ときは、待つ必要はないのかも。

タイミングは「愛車の査定額しだい」ですね。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



センチュリー購入と値引き・愛車査定の知識とその他


ライトの種類
長い間ライトといえばハロゲンランプが主流でした。ところが、見やすく省エネが期待できるHIDやLEDのライトが登場し、ハロゲンランプの存在感は相対的に薄れつつあります。熱を持つハロゲンランプはエネルギー効率的に不利のようです。でも雪道などではその熱が役に立つ場合もあるのでした。

自動車もボーナス商戦
自動車の場合もボーナス時期は大きな商戦です。どのメーカーもディーラーもキャンペーンやプレゼントを用意して販促に力を入れています。この時期を逃すまいと自動車の販売を競ってる時期だけに、実は値引きやオマケなどを引き出すにはいい時期でもあります。

セダンやバン
昔はクルマといえば、セダンやバンが主流でした。昭和を代表するクルマはセダンが多いです。しかし、今はミニバンやハッチバックなどニーズが多様になりました。とはいえ社用車として使われるクルマには、まだまだセダンやバンが多いです。純粋にクルマとしての機能を重視すれば、セダンやバンに行き着くのかもしれません。

プラグインハイブリッド
電気自動車とハイブリッドカーの中間的な存在、プラグインハイブリッド。プラグで家庭用電源から充電が可能なハイブリッドカーです。ハイブリッドカーをベースに電池を強化して実現した車。家庭用電源で充電できることで、ガソリンスタンドの出番が少なくなっていきそうです。

マツダ
広島県に根差した自動車メーカーです。マツダといえばやはりロータリーエンジンで知られます。またロードスターも世界的に知られる車です。経営危機により一時期フォードと関係を強化した時期もありました。「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズやスカイアクティブ・テクノロジーもマツダです。

センチュリー査定初めてだから一括でのポイント.

トヨタ・センチュリーをキャンペーンや決算期前、ボーナス商戦などタイミングも選んで、周到に値引き交渉に挑んでも得られる値引き額には限界があります。むしろタイミングを得選びすぎてその間に愛車の値落ちが進んで残念なことになるケースも。センチュリーをお得に購入するのは、値切ることより愛車を高く売ることがポイントかも。昔と違い一括査定などの追い風もありますからね。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved