まぐれじゃない!愛車の高価買取&値引き交渉


シビックの場合も、車購入で失敗しない人の共通点が参考に。

シビックの値引きと、愛車下取り額のバランス感覚が大事。

過去の常識や興味のまま、値引きだけに夢中になるのは禁物。今の愛車の価値、あなたが気づいていない値打ちが隠れていることも。

愛車の価値に気づくのは簡単です。ネットの一括査定(カービュー)なら数分程度の簡単入力で、査定額に自信がある業者が、愛車査定を競う仕組み。

売るかどうかは査定額しだい。試さないのはもったいないです。

今からでも試せます→

思いがけないほどの愛車の価値の理由


業者毎に時間と手間を要した中古車査定は昔の話。

外出不要で、ネットから簡単に、愛車の査定調べ&比較ができる時代です。

海外にも販路を広げた中古車流通を背景に、以前の常識だけで車の価値は判断できません。

走行不能な修理前の事故車や水没車に対応する専門の買取業者もいるほどです。旧モデル・年落ち・低年式・多走行・車検切れでも気軽に査定チェック。予想外の高い査定が見つかることも。

売る・売らないは査定を調べてから考えること。まずは一括査定で愛車の価値をチェック。

交渉力に自信がなくても、対応できる業者どうしが競うので、あなたは比べて選ぶだけ。 初めての人にも、女性にも、忙しい人にも喜ばれる方法です。

シビック値引きUPへ7項目


【ポイント(その1)】
シビック値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

・ シビックの値引き
・ 愛車の査定アップ
・ 諸費用のサービス
・ おまけ(ガソリン満タンなど)
・ キャンペーン・プレゼント
・ ローンと金利
・ 補助金・減税

ゴチャゴチャにしてしまうと、なんとなく得した気分のまま、あまり 値引き されなかった ということも。

目先のプレゼントやオマケに惑わされないように。^^

【ポイント(その2)】
見積の比較・シビック又はライバル車

交渉力や駆け引きだけで、プロの営業マンを説き伏せるのは困難です。

だからこそ準備が大事。つまりライバル店の「見積」・「値引き」を手元に持つこと。他者の見積を知ることは自分が納得するにも大事です。 営業マンの競争心をくすぐるような交渉ができると面白いかも。 お店の「言い値」をどう揺さぶるか を考えるのが 交渉のポイントです。

【ポイント(その4)】
シビック:新車購入か、それとも・・

気分が高揚する新車ですが、実は中古車や新古車にすれば、もっと車のグレードを上げたり、オプションに費用がかけられたり、違う楽しみ方も可能です。

それでも「やはり中古車じゃ物足りない」という人のために、新車をもっと気軽に・安く乗る方法も登場しています。

数年後に手放す時の買取り価格を設定し、それを最初から支払い費用から外す仕組みとか。いつも新車に乗り続けたい人には合理的な方法です。

「残クレ(残価設定クレジット)」や「個人向けリース」と言われる方法も用確認。

【ポイント(その6)】
インターネットの力

カーライフにおいても、インターネットの存在感はすごいです。

愛車を無料で一括査定 できるのも、ネットのおかげです。

新車の見積も、中古車探しも、リースなども、ネットが関わり、ノウハウやコツも変わってきています。

以前なら「実物を見て・触れないと納得できない」という話もありましたが、近ごろはそんな不満も、あまり耳にしなくなりました。

保証等の工夫や、積み重ねてきた実績などが、状況を変えてきたからでしょう。昔の方法に捕らわれてたら、もったいないかも。

ネットの方法といえば、任意保険の一括見積 も欠かせません。 最初に保険料を比較でき、節約できる金額が分かるから保険比較のやる気は格段に上がります。ネットってすごいです。

シビック購入@最初の最初


シビックを購入するには「今がいい」のか?「今はダメ」なのか?

もしかしたら、ボーナス商戦や、決算期前、又は月末などのほうが、シビックの値引きはしやすいのかも。

でも時間の経過は、愛車の値落ちにつながります。欲しいシビックの購入を我慢するほどの価値はあるのかな?

タイミングを考えるときに欠かせない情報があります。それが「愛車の今の価値」。案外、愛車の 査定額しだい なのかも。

思っていたより愛車の価値が高ければ、待つ必要なんてないですね。余った予算でグレードやオプションもアップできます。

もし愛車が予想くらいの価値で、暫く安定してそうなら、値引き重視のタイミングまで待つのもアリです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



シビックとの生活で見落とせない知識・常識


ライバル車と比較
どのクルマにもライバル車といわれるクルマがあります。他社メーカーや、場合によっては同じメーカーでもライバル車があります。自動車選びでライバル車と比べてみることもすごくいいことです。もっとよく、特徴や良さを納得する事ができます。ついでに見積ももらえば、値引き交渉の材料としても使えますね。

認定中古車
輸入車や高級車の中には、認定中古車という仕組みがあります。中古車は、新車と異なり状態の程度に差があり、当たり外れも大きいことも。認定中古車はしっかり整備されてる分高いかもしれませんが、安心して乗れる仕組みです。輸入車の場合、部品も手に入りにくかったりしますので、メンテのことを考えれば認定中古車を購入するほうが長い目でいいのかもしれません。

ホンダ
ホンダといえば自動車だけではなく、オートバイでも有名です。また乗用車だけじゃなく軽トラックでも知名度が高いです。「H」のエンブレムがトレードマークです。過去にはオデッセイやステップワゴンなど空前のミニバンブームの火付け役にもなりました。高級車ブランドの「アキュラ」も展開しています。

ライトの種類
長い間ライトといえばハロゲンランプが主流でした。ところが、見やすく省エネが期待できるHIDやLEDのライトが登場し、ハロゲンランプの存在感は相対的に薄れつつあります。熱を持つハロゲンランプはエネルギー効率的に不利のようです。でも雪道などではその熱が役に立つ場合もあるのでした。

最高速度の不思議
公道を走る場合かならず制限速度があります。ところが、ほとんどの自動車の最高速度は、道路の制限速度をはるかに越える能力をもちます。スピード違反をしない限り、出す事ができないはずのスピードを、ほとんどのクルマが標準的にもっているのは、考えてみると違和感がありますね。

シビックもできる再生バッテリーで節約・エコのことのはなし.

シビック(ホンダ)の値引き交渉や愛車の価値次第では、手が届かなかったグレードに手が届くかも。そのカギは昔と違う方法によります。営業マンとの駆け引きで勝ち取れるシビックの値引き額には限界があります。ネットの一括査定が愛車の買取の常識を変えています。誰でも簡単に愛車査定で買取業者を選べる時代。競う査定なら高い金額も期待できるはず。頭が固いままだと損します。

あなたの愛車は今いくら?

クルマのお役立ちサイト

| 国土交通省JAMAホンダ

コンパクトカー(ハッチバック)

クルマといえばセダン

リッチにクーペ・オープン

ホンダ

再生バッテリーの通販体験値引き@自動車購入

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2010~2017 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved