夢中になるなら値引き交渉より愛車査定比べ


クラウン購入で損しないため、よくある勘違いに注意です

クラウン値引きへの過大な期待と、愛車の価値への過小な評価。

値引き交渉に忙しすぎて、愛車の価値を軽く考えるのは間違いです。 簡単に査定調べもできるので、とにかく方法を間違わないこと。

中古車査定の常識を変えたカービュー。この愛車無料一括査定は見落とせません。たった1度の簡単入力だけで、査定額による業者選びができます。

業者に足元を見られる立場ではなく、業者を選ぶ立場です。

24時間いつでもOK→

車の査定額が思ったより高い理由


知識に関係なく、愛車査定が気軽になりました。

業者に行かなくても、ネットから気軽に 愛車の査定を比べて業者を選べます。

もう査定も見ずに業者は選べません。海外に販路を持つ業者もあり、ニーズにも変化が!

たとえばダメージカー専門の買取業者が、動かない事故車・水没車をも買取りしてます。多走行・年落ち・型落ち・車検切れ等に引け目を感じたとしても価値を決めるのは、あなたではないです。

見落としさえしなければ、その車には本当はもっと高い査定額があるかもしれません。

対応できる買取店が競う査定を確認するために必要なことは、たった数分のネットからの簡単入力だけ。出かける手間さえありません。試さないのはもったいないです。

クラウン値引き!7ポイント


【ポイント(その1)】
クラウン値引きで見落としたくないチェック項目の7つ

・ クラウンでの値引き金額
・ 手放す愛車の査定金額
・ サービスする諸費用の金額
・ ガソリン満タン等のオマケ
・ プレゼントやキャンペーン特典
・ オートローンとその金利
・ 対象となる補助金や減税

小出しのお得に喜んでいたら、いつのまにか本命の 値引き・愛車査定 がイマイチという場合もあります。

小さな喜びの数に惑わされずに冷静に臨みたいですね。^^

【ポイント(その2)】
比較の力・クラウン とライバル車 の見積比較

お店の本気の「値引き」を引き出すには、準備が欠かせません。

「値引きがもっと必要な理由」を客観的に示すには、負けたくないライバル店のライバル車の「見積」が一番です。でも調べてみたら、本命がそっちに変るほどの嬉しい発見があることも。 店の「言い値」や説得に負けない準備 があると、交渉ももっと自信をもって進められます。

【ポイント(その4)】
クラウンは新車購入だけが 方法じゃない

新車もいいですが、中古車(新古車)という選択もあります。 お得な中古車にして、グレードアップやオプションに、お金をかけるという方法もあります。

どうしても新しいクルマにコダワルなら、「残クレ(残価設定クレジット)」や「個人向けリース」という方法もあります。

これらは大雑把にいうと、数年後の買取り価格を設定して、購入費用からその分を差し引いて支払うという仕組み。

数年サイクルで、いつも新しいクルマに乗り続けたいという人には、ピッタリの仕組みです。

【ポイント(その5)】
マイカーローンと金利

車のローンをあまり考えずに組んじゃうのは、損かもしれません。その金利、高いかも

ちょっと調べるだけ、もっと低金利のローンが見つかるかもしれません。

自動車購入に関わるローンは銀行・信金等さまざまな選択肢があります。

普段から「各種料金の引落し」や「給与振込み」等で付き合いがある銀行から調べましょう。「優遇金利」が利用できるかもしれないです。

銀行等でのローン申し込みは手続きに時間がかかる場合もあるので、余裕をもった行動が大事です。自分の信用力を最大限活かす には大事なことですし、手間をかけるだけの価値はあります。

クラウン購入への第一歩


クラウン購入のタイミングを考えると、2つの選択肢があります。

一つ目は、クラウン値引き重視で、決算期や、ボーナス商戦、月末まで待つこと。

二つ目は、「愛車の値落ち」や、「クラウンが欲しい気持ち」を重視して、すぐ動くこと。

選ぶタイミングで、結果に大きな差が出ることも。

どちらにしても、「愛車の今の価値」はスグ調べるべきです。次に購入する車のグレードやオプションも、愛車の 査定額 によっては、ステップアップできるかもしれません。

もし予想外に愛車が高く売れるとしたら、もう迷うことはないはずです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



クラウンだけじゃない車についての今の常識


昔の免許証
免許更新の際に、古い免許証は持ち帰る事ができます。地域によって差はありますが、その旨を伝えると、パンチ穴をあけて返してくれる仕組みのようです。歴代の免許を記念に残している人もいるとか。常に携帯していた免許証だけに、なかなか思い出深いかもしれませんね。

様々なキャンペーン
販売店には様々なキャンペーンがあります。キャッシュバックとか、景品とかあの手この手で販売店も工夫しています。気に入ったキャンペーンを見つけることも車の買い替えのタイミングなのかもしれませんね。でも期間限定に踊らされて失敗しないように注意が必要です。

ミッション
スポーツタイプの車種を中心にマニュアルミッション(MT)が人気です。中古車では、MT車がAT車より高くなるなど逆転現象が起きてる車種もあるようです。スポーツタイプじゃなくても、AT車が当たり前になったことで、逆にたまにはMT車も乗りたくなることってありますよね。

国産タイヤ
国産タイヤといえばBRIDGESTONE(ブリヂストン)や、TOYO TIRES(トーヨータイヤ)、横浜ゴム(YOKOHAMA)、DUNLOP(ダンロップ)、FALKEN(ファルケン)などが有名ですね。高い品質と信頼感があり人気です。価格は高くてもアジアンタイヤなど海外勢をおしのける人気です。

ミニバン
ミニバンブームを経て、ファミリーカーとして人気が定着しました。たくさん乗れるというメリットがある一方で、燃費は悪くなる傾向があります。ミニバンの普及には、大人気だったホンダ・オデッセイの成功が大きかったと思います。ちなみにミニバンという車の形はブームの前からあったみたいです。

クラウンへの買換えに浮かれていて情報収集を怠るともったいないことになるかも。値引き交渉だけが愛車買い替えをお得にするわけではなくなっています。昔と違って愛車査定アップが手軽な方法で進むことも。トヨタの販売店と舌戦を行うのは値引き交渉だけにして、愛車の下取りは一括査定で高い業者を見つけるのが賢いです。高く売れた分、クラウンのオプションもより快適に充実できそうです。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved