理由を知れば絶対「値引き」前に「愛車の価値」


意中のコルトラリーアートVer.-Rでも、買替え方を間違うと喜べなくなります

コルトラリーアートVer.-R値引きに夢中過ぎて、愛車の価値を見落とす 失敗です。

愛車の査定比べが簡単・気軽になり、簡単な手続きで価値を見落す心配はなくなってます。それだけに、もし見落としたら悔しすぎます。

愛車の無料一括査定の「カービュー」。たった1度だけの簡単入力で、あなたの愛車に対応できる業者が査定で競います。 業者を探す手間さえ不要。

昔は詳しい人しかできなかった「査定比べ」が手軽です。

その方法はコチラです→

期待していいのかな?愛車の価値に


誰もが愛車査定を簡単・気軽にできる時代です。

ネットで簡単になった一括査定で、査定額を見てから業者が選べる時代です。

規制緩和後、国外でも人気の中古車だから、国内の相場だけで査定額は決められません。

たとえば、誰もが廃車を覚悟するような、自走できない事故車・水没車でも修理前のまま買い取るダメージカー専門業者もあります。低年式・型落ち・多走行くらいのことで希望を失わないで。

比べるから人気の高年式・高級車・輸入車の場合でも、もっと高値の期待も膨らみます。

やることは簡単。わずか数分程度の入力だけ。あなたの愛車に対応できる業者からの査定を見て選べます。業者間で競ってもらうのが、業者に足元を見られない一番の方法でしょう。

コルトラリーアートVer.-R値引き・7つのツボ


【ポイント(その1)】
コルトラリーアートVer.-R値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

・ コルトラリーアートVer.-Rの値引き
・ 愛車の査定アップ
・ 諸費用のサービス
・ おまけ(ガソリン満タンなど)
・ キャンペーン・プレゼント
・ ローンと金利
・ 補助金・減税

ゴチャゴチャにしてしまうと、なんとなく得した気分のまま、あまり 値引き されなかった ということも。

目先のプレゼントやオマケに惑わされないように。^^

【ポイント(その2)】
比較の力・コルトラリーアートVer.-R とライバル車 の見積比較

お店の本気の「値引き」を引き出すには、準備が欠かせません。

「値引きがもっと必要な理由」を客観的に示すには、負けたくないライバル店のライバル車の「見積」が一番です。でも調べてみたら、本命がそっちに変るほどの嬉しい発見があることも。 店の「言い値」や説得に負けない準備 があると、交渉ももっと自信をもって進められます。

【ポイント(その5)】
オートローンを選ぶ

販売店の勧めるローンを利用するのが手続きはカンタン。 でも、金利的には高め のことも。

あなたの信用力なら、もっと低金利でローンが組めるかもしれません。

銀行や信組などのマイカーローンやオートローンもチェックしたいところです。

特に、給与振込みや、各種引落しを利用している銀行等なら、優遇金利で融資してもらえるかもしれないので、先にチェックしたいです。

とはいえ銀行等のローンの場合、審査など手続が必要になりますので、少し手間はかかります。 でも、あなたの信用力をムダにしない ためには、チャレンジする価値はあると思います。

【ポイント(その6)】
インターネットの力

カーライフにおいても、インターネットの存在感はすごいです。

愛車を無料で一括査定 できるのも、ネットのおかげです。

新車の見積も、中古車探しも、リースなども、ネットが関わり、ノウハウやコツも変わってきています。

以前なら「実物を見て・触れないと納得できない」という話もありましたが、近ごろはそんな不満も、あまり耳にしなくなりました。

保証等の工夫や、積み重ねてきた実績などが、状況を変えてきたからでしょう。昔の方法に捕らわれてたら、もったいないかも。

ネットの方法といえば、任意保険の一括見積 も欠かせません。 最初に保険料を比較でき、節約できる金額が分かるから保険比較のやる気は格段に上がります。ネットってすごいです。

コルトラリーアートVer.-R購入@最初の最初


コルトラリーアートVer.-R購入で選ぶべきタイミングは、「待ち」か?「今すぐ」か?

コルトラリーアートVer.-Rの値引き しやすいタイミングを狙い、月末や、決算期前、ボーナス商戦まで待つ人もいます。

しかし待っている間にも、愛車の値落ちは進みます。コルトラリーアートVer.-R購入を我慢するほどのメリットがないとすれば、今すぐ動くのもアリです。

どちらを選ぶのが、いいのでしょうか?

それを考える上で、まず「愛車の価値」を調べることが欠かせません。愛車の 査定額 が、もし見込みより高ければ、もう待つ必要はないのかもしれません。

愛車の価値しだいでは、オプションやグレードに嬉しい変更を加えられるかも。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



コルトラリーアートVer.-Rと値引き購入・中古車査定・雑学も


車の下取り
自動車を購入する販売店にそれまで乗っている車の引取りを頼むときに下取りなどといいますが、近ごろは買取業者も充実しているので、下取りに任せっぱなしではもったいないです。買取業者の査定比べも手軽に来ますし、地元業者、全国展開の大手、海外に販路を持った業者など比べ甲斐もあるのでした。

試乗を利用
クルマ選び、新車購入なら特に試乗は大事です。カタログやデータでは分からないものが得られます。車内の雰囲気、音、ニオイなどなど。そのクルマに乗る喜びもお試しできます。期待したけど、乗ってみてつまらないクルマでは残念です。試乗することで、チェックできるはず。試乗は外せませんよ。

ライトの向き
自動車のヘッドライトの向きは左寄りに設定されているそうです。対向車に眩しくないように配慮されたもののようです。とはいえ、暗い細道を走るときには、右側が暗いことに注意しないと、歩行者を見落とす心配もあります。暗い細道は、いつもより右側に気を配る必要がありそうです。

免許の失効
自動車免許は更新が必要です。更新しなければ失効して免許の効力は失われます。つい手違いなどで失効する「うっかり失効」ということばもあります。失効した場合、一発受験で免許取得を目指す人もいますが、結構難しいそうです。お金はかかりますが、自動車学校にいったほうがいいようです。ですので「うっかり」失効なんて絶対やってはいけませんね。もったいないです。

カーナビ
自動車でカーナビを使うことが、当たり前になったけど、グーグルマップが進歩したおかげで、スマホがそのままカーナビになる時代です。しかも道路情報だけじゃなく、交通情報なども加味したような最適ルートを提案しているのはすごいですね。どんどんカーナビが手放せないです。

三菱に挑むコルトラリーアートVer.-Rの値引き額は果たしてどこまでいけるのか、という考え方をするよりも、愛車の価値をとことんチェックしたほうが簡単で効果的なのかも。ネットの一括査定がユーザーの強い味方になってくれます。業者に会う前に査定額で業者選びできるから気まずい思いの心配もナシ。コルトラリーアートVer.-Rをどう楽しく乗るかを考える時間が増えそうです。昔の人が本気で悔しがるような便利な方法があります。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved