結局値引きだけじゃ不十分!愛車査定も重要


カローラ値引きで後悔しないために、忘れてはいけない 2つ

カローラ値引き」も大事だけど「愛車の査定」も大事です。

値引きに夢中になりすぎて、愛車の価値を見落としたらもったいないです。 車の価値を一つの業者の言い値で決める時代ではないです。

ネットの普及で生まれた「カービュー」愛車無料一括査定が話題です。 たった1度だけの簡単入力で、愛車に対応できる業者の査定を比べて選べます。

予想外の査定額の差に、びっくりすることになるかも。

見てから考える派はコチラ→

愛車の価値を軽くみてはいけない理由


恥も気まずい思いもなく、愛車査定が分かります。

業者に行かなくても、ネットから愛車の査定が比較までできるのですから。

国外でも人気の日本の中古車だから、国内の価値観だけでは本当の価値は分かりません。

国内の常識では廃車が妥当な、年落ち・低年式・型落ち・過走行・車検切れなどにも可能性はあります。なんせ自走不能な事故車・水没車を買取するダメージカーの専門業者もあるくらいです。

行動前に考えていても、値落ちが進むだけです。まずはサックリ査定額を調べましょう。

最初の一歩は、ネットから数分程度の簡単入力だけです。愛車に対応できる業者が競った本気の査定を比べて選べるって、知らずに愛車を手放した人に教えたら悔しがるでしょうね。

カローラ値引き~着眼点7つ


【ポイント(その1)】
カローラ値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

・ カローラの値引き
・ 愛車の査定アップ
・ 諸費用のサービス
・ おまけ(ガソリン満タンなど)
・ キャンペーン・プレゼント
・ ローンと金利
・ 補助金・減税

ゴチャゴチャにしてしまうと、なんとなく得した気分のまま、あまり 値引き されなかった ということも。

目先のプレゼントやオマケに惑わされないように。^^

【ポイント(その2)】
見積の比較・カローラ又はライバル車

交渉力や駆け引きだけで、プロの営業マンを説き伏せるのは困難です。

だからこそ準備が大事。つまりライバル店の「見積」・「値引き」を手元に持つこと。他者の見積を知ることは自分が納得するにも大事です。 営業マンの競争心をくすぐるような交渉ができると面白いかも。 お店の「言い値」をどう揺さぶるか を考えるのが 交渉のポイントです。

【ポイント(その3)】
理想のタイミングとカローラ購入

キャッシュバックやプレゼント特典などのキャンペーンって欲しいときには無かったり。

値引き に有利な時期 を狙うには、店側が売り急ぐ時を見つけるのが一番ですが・・。

もし決算前に販売台数のノルマ達成で店側が焦ってたら、3月・9月は狙い目かも。 ボーナス商戦は他社と競争で意欲的かも。 月末のほうが可能性が高いかも。 と、いずれも「かも」だらけ。

絶好のタイミングは、一般の人には見えない事情も多く、判断が難しいです。一方で、様子見で過ぎた時間の分だけ愛車の価値は下がります。

案外、「愛車の価値」と「すぐにでもカローラが欲しい!」という気持を優先したほうが得かもしれません。

理想のタイミングを狙って粘るか? あるいは今行動するか? 今の愛車の価値を知ることで、見えてくる選択肢もあります。

【ポイント(その7)】
そのほか

利用できるキャンペーンや、補助金・減税などは取りこぼしなく利用したいです。

ちなみにキャンペーンには、いろんなタイプがあります。 「キャッシュバック」や「ローン金利の優遇」、「プレゼント」、・・・。 でも どんなキャンペーンが いつあるのか、事前の予測が難しいのが残念です。

減税や補助金は、時期や条件などが分かりにくく、気づきにくいことも少なくないです。 取りこぼしの無いように、チェックしたいです。 ちなみに、補助金といえば2010年9月に終了したエコカー補助金の効果は、凄まじかったです。

カローラ購入の最初のステップ


カローラの購入は「今すぐ」がいいのか?それとも「まだ早い」のか?

カローラ値引き交渉を有利に進めたくて、決算期前 とか、ボーナス商戦まで待つのは、意味があるのでしょうか?

時間をかけ過ぎると、ムダに愛車の値落ちが進みます。「カローラに早く乗りたい」気持ちを優先して、今すぐの行動にも一理あります。

まずは愛車の価値を調べて、「今すぐ行動」のメリットを知ることです。

予想通りの査定額で、暫く値落ちの心配がなければ、待つのもいいでしょうね。 でも予想外に愛車査定が高い ときは、待つ必要はないのかも。

タイミングは「愛車の査定額しだい」ですね。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



カローラに乗る人が知っておきたい車の話


モデルチェンジは要チェック
モデルチェンジ、自動車の購入前と後では受け止め方は変わりますね。購入前なら嬉しいことです。新機能・新モデルを選ぶか、型落ちだけど割安を選ぶか、選択肢が広がります。でも購入後のモデルチェンジは嬉しくないですね。モデルチェンジによって愛車の価値低下に繋がりますからね。新車購入時にはモデルチェンジの情報もチェックしたいです。

マイカーローンの金利と審査
マイカーローンの金利は審査が厳しいところほど低い傾向があります。当たり前のことですが。できるだけ低金利のマイカーローンを利用するなら、厳しい審査も面倒がらずに受けてみましょう。それが自分の信用力をムダにしない最善の方法ですね。手続が楽というだけで、ローンを選ぶのはもったいないです。

車検選び
規制緩和により車検の選択肢も広くなりました。業者にお任せの車検もありますが、車検を立ち会うことでプロの整備士のアドバイスを聞きながら整備を選ぶことができる車検も登場しています。車検後にどのように乗るかに合わせて整備を最適化することで節約にもつながるのでした。

コンパクトカー
軽自動車よりは大きいものの、小型でだいたい1500ccくらいまでの車のことをいいます。ハッチバックやトールワゴンなどのタイプが多いです。維持費がぐんと安くなる軽自動車に比べると、中古車価格は下がりやすいです。というのも普通車扱いの税金になるなど、やはり維持費の関係だと思います。

中古車価格の相場
中古車価格の相場は一様ではないです。需要と供給のバランスの下、変動します。例えば、エコカー補助金の影響で、廃車が増え、中古車流通に回るクルマが減ったことで、価格が上がったという話もあります。景気の状況なども反映しているようです。不景気だと新車より中古車でしょうから。

カローラもできる再生バッテリーで節約・エコのことのはなし.

トヨタのカローラをお得に購入するために必要なのは値引き交渉だけではないという事に気づくことです。値引き交渉にばかり専念しすぎて愛車の価値を見落す人も案外いるみたい。カローラの販売店が、愛車を一番高く買取できる相手とは限りません。しっかり手放す相手を選ぶことが大事。とはいっても査定比べがネットで気軽なものになった時から、業者選びはみんなの常識になっています。初めてでも大丈夫。

Copyright © 2010~2017 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved