競わない値引き交渉のコツ&競う愛車査定


欲しいクロスロードの値引きのために、やるべきことは 2つ

それは、「クロスロードの値引き」 と 「愛車の査定アップ」 です。

愛車の査定アップを忘れてはいけません。 なぜなら、びっくりするほどカンタンなのに、予想外に高かったと喜ばれてる方法があるからです。

それは、ネットが可能にした、カービューの愛車無料一括査定。 たった数分の簡単入力で、愛車の査定を、ガリバーなどの買取店が競う仕組みです。

気づかず愛車を手放した人が、本気で悔しがる方法です。

(まず見てみるなら)→

車の査定額が思ったより高い理由


最初から買取店に行って査定を受けたのは昔の話。

ネットからの愛車の査定調べなら、外出も不要で、簡単に比較もできます。

日本の中古車は、途上国など国外でも人気です。国内にはないニーズともつながってます。

廃車しかないと諦めるような、走行不能な事故車や水没車等のダメージカーでも専門の買取業者があるほどです。低年式・多走行・旧モデル・車検切れくらいで廃車なんて言ってられません。

業者に会わなくてもネット経由の方法で、簡単に一括査定で愛車の価値が分かる時代です。

愛車についての数分程度の簡単な情報入力をして、あとは待つだけ。あなたの愛車に対応できる買取店が査定を競うから、高価への期待も膨らみます。

クロスロード値引き7sポイント


【ポイント(その1)】
クロスロード値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

・ クロスロードの値引き
・ 愛車の査定アップ
・ 諸費用のサービス
・ おまけ(ガソリン満タンなど)
・ キャンペーン・プレゼント
・ ローンと金利
・ 補助金・減税

ゴチャゴチャにしてしまうと、なんとなく得した気分のまま、あまり 値引き されなかった ということも。

目先のプレゼントやオマケに惑わされないように。^^

【ポイント(その2)】
クロスロード または ライバル車 の見積比較

【ポイント(その4)】
クロスロード購入:新車・中古・リース他

新車購入だけが全てではないです。例えば中古車(新古車)なら、同じ予算でも車のグレードを上げたり、便利なオプションを充実させることもできます。

「中古車じゃ新車の感動が味わえない」と思うなら、個人向けリースや、残クレ(残価設定クレジット)等も方法です。

最初から「数年後の手放す際の買取り価格」を差し引いた費用を支払う仕組みだから、新車を普通に買うより安く乗れると話題です。

何年かおきに、新しい車に乗り続けていきたいと考える人には、嬉しい方法です。

【ポイント(その5)】
マイカーローンと金利

車のローンをあまり考えずに組んじゃうのは、損かもしれません。その金利、高いかも

ちょっと調べるだけ、もっと低金利のローンが見つかるかもしれません。

自動車購入に関わるローンは銀行・信金等さまざまな選択肢があります。

普段から「各種料金の引落し」や「給与振込み」等で付き合いがある銀行から調べましょう。「優遇金利」が利用できるかもしれないです。

銀行等でのローン申し込みは手続きに時間がかかる場合もあるので、余裕をもった行動が大事です。自分の信用力を最大限活かす には大事なことですし、手間をかけるだけの価値はあります。

【ポイント(その6)】
インターネットの影響

自動車に関する「常識」も、インターネットの影響を受けてます。

気軽に利用できる 愛車の無料一括査定 もそうです。

ネットの気軽さは、新車見積や、中古車選び、リース等にも影響を及ぼし、ネットの存在感は無視できません。

車ほど、サイズも金額も大きな物でも、ネットで大丈夫なの?」という疑問は、だんだん聞かなくなってきました。

保証などの安心して利用できる仕組みや、多くの人に利用されている実績が、人々からの印象も変えている理由なのでしょう。

もうひとつ、愛車の任意保険の無料一括見積 も見落とせません。ネットだけじゃなく、保険業界の規制緩和や外資・異業種参入の影響もあり、保険選びは保険料比較が欠かせません。

【ポイント(その7)】
まだほかにも

たとえば、不定期なキャンペーンとか、気づきにくい補助金・減税などもあります。

キャンペーンは、お店側の販促です。独自のものや、コラボしたりで様々です。「プレゼント」「キャッシュバック」「ローン金利の優遇」・・・。値引き交渉と相性のいいものは、特に見落とせません。

減税・補助金は、販売店の損にはならないため、販売店もけっこう協力的です。分かり難いところは相談してみるといいでしょう。(ちなみに補助金といえば、2010年9月に惜しまれながら終了したエコカー補助金は絶大でした。)

クロスロード購入*大事な一歩


クロスロード購入で選ぶべきタイミングは、「待ち」か?「今すぐ」か?

クロスロードの値引き しやすいタイミングを狙い、月末や、決算期前、ボーナス商戦まで待つ人もいます。

しかし待っている間にも、愛車の値落ちは進みます。クロスロード購入を我慢するほどのメリットがないとすれば、今すぐ動くのもアリです。

どちらを選ぶのが、いいのでしょうか?

それを考える上で、まず「愛車の価値」を調べることが欠かせません。愛車の 査定額 が、もし見込みより高ければ、もう待つ必要はないのかもしれません。

愛車の価値しだいでは、オプションやグレードに嬉しい変更を加えられるかも。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



クロスロードに乗る人が知っておきたい車の話


ホンダ
ホンダといえば自動車だけではなく、オートバイでも有名です。また乗用車だけじゃなく軽トラックでも知名度が高いです。「H」のエンブレムがトレードマークです。過去にはオデッセイやステップワゴンなど空前のミニバンブームの火付け役にもなりました。高級車ブランドの「アキュラ」も展開しています。

試乗を利用
クルマ選び、新車購入なら特に試乗は大事です。カタログやデータでは分からないものが得られます。車内の雰囲気、音、ニオイなどなど。そのクルマに乗る喜びもお試しできます。期待したけど、乗ってみてつまらないクルマでは残念です。試乗することで、チェックできるはず。試乗は外せませんよ。

最高速度の不思議
公道を走る場合かならず制限速度があります。ところが、ほとんどの自動車の最高速度は、道路の制限速度をはるかに越える能力をもちます。スピード違反をしない限り、出す事ができないはずのスピードを、ほとんどのクルマが標準的にもっているのは、考えてみると違和感がありますね。

中古車価格の相場
中古車価格の相場は一様ではないです。需要と供給のバランスの下、変動します。例えば、エコカー補助金の影響で、廃車が増え、中古車流通に回るクルマが減ったことで、価格が上がったという話もあります。景気の状況なども反映しているようです。不景気だと新車より中古車でしょうから。

結果を急がない
自動車の値引き交渉、結果を急がないことが大事なことも。「今だけ」と称して値引きやプレゼント、キャンペーンなどあの手この手で営業マンの誘惑に惑わされないことも大事です。とはいえ、喜んで納得できる提示なら、それに乗るのも悪くないです。でもね、案外後からさらにいい提案が出ることもあります。

クロスロード事故車でも廃車は待って!うまくやるために.

ホンダの販売店で挑むクロスロードの値引き交渉で失敗しないコツは、実は値引きに夢中になりすぎないことなのかも。愛車の値落ちを最小限に。そして価値を見落とさないことで、クロスロードの購入はグッと楽になるのかも。オプションや装備の充実も楽しめるおまけがついたら嬉しいです。浮いたお金で家族や仲間でおいしいものを食べに行くのもいいかな。いい目標をもってまずは知識武装から。

Copyright © 2010~2017 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved