ハラハラの値引き交渉*ワクワクの愛車査定


意中のDEXでも、買替え方を間違うと喜べなくなります

DEX値引きに夢中過ぎて、愛車の価値を見落とす 失敗です。

愛車の査定比べが簡単・気軽になり、簡単な手続きで価値を見落す心配はなくなってます。それだけに、もし見落としたら悔しすぎます。

愛車の無料一括査定の「カービュー」。たった1度だけの簡単入力で、あなたの愛車に対応できる業者が査定で競います。 業者を探す手間さえ不要。

昔は詳しい人しかできなかった「査定比べ」が手軽です。

24時間いつでもOK→

マイカーの査定額に喜ぶ人・凹む人の差


近頃の中古車査定は、面倒だった昔と違います。

インターネットが、愛車の査定比較を ビックリするほど カンタンに しました。

また、途上国など海外での日本の中古車人気など、中古車ニーズの裾野も広がってます。

そのため、昔なら廃車と あきらめてた、古い車(低年式車・多走行車)や、事故車・水没車・走行不能車などでも買取りされたと 喜ばれることも。 事故車や不動車の 専門業者もあるほどです。

愛車の価値は、インターネットでカンタンに一括査定で チェックするのが今の常識です。

たった数分のカンタン入力で、あなたの愛車の査定を、買取店が競う仕組み。 利用者は 既に200万人以上。 知らずに愛車を手放した人が、本気で悔しがってます。

DEX値引き・7つのツボ


【ポイント(その1)】
DEX値引きに臨む前に!見極めが大事な7項目

・ DEX値引き額
・ 愛車の下取り・買取りの査定額
・ 書類・手続き等の諸費用をサービス
・ オマケ(燃料満タンなど)
・ キャンペーン得点やプレゼント
・ 自動車ローンの金利
・ 国・都道府県・市区町村の補助金・減税

混ぜて考えると、得した気分はあるのに、実質的には ほとんど 値引き されずに失敗ということも。

特にプレゼントやチョットしたオマケに嬉しくなって、交渉を忘れないように。^^

【ポイント(その2)】
DEX見積と ライバル車見積の比較

【ポイント(その3)】
絶好の購入タイミング@DEX

丁度よくキャッシュバックのキャンペーンや、プレゼント特典などで得する人もいますね。

でも「値引き」については、時期の良し悪しってあるのかな? 値引き にいい時期 とは、販売店が売り急いでいるときです。

可能性としては決算前の3月や9月が高そうです。販売台数のノルマ達成に焦っていたらチャンスかも。 ほかにも、ボーナス商戦では、他所に負けないために販売意欲が高いはず。 普段では、比較的月末が有利といわれます。

かといって、タイミングを狙いすぎて時間を費やすと、その分愛車の価値はどんどん落ちて しまいかねません。

だから「DEXが欲しい!」という感情を抑えず、スグ動くのもアリ。その時は愛車の価値に期待です。

「値引き」重視でボーナス商戦や決算前を狙うか? 「愛車の価値」重視でスグ購入か? いずれにしても愛車の今の価値は知っておいて損はないです。

【ポイント(その5)】
金利で選ぶ車のローン

販売店でのやりとりの流れで、利用できるローンは簡単だけど、その分金利は高くない?

きちんと選べば、もっと低金利でローンを利用できるかもしれないです。

たとえば銀行や信用金庫などで、様々な特長のある車のローンがあります。

すでに料金の引落しや、給与振込み等で取引のある銀行等では、優遇金利の条件を満たしているかも。だから最初に確認するところです。

銀行等のローンでも審査など手続は避けられず、手間と時間も要します。でも「返済期間の長さ」と「節約できる金額」を思えば省略できないはず。手を抜いたらあなたの信用力がもったいない です。

【ポイント(その6)】
インターネットの影響

自動車に関する「常識」も、インターネットの影響を受けてます。

気軽に利用できる 愛車の無料一括査定 もそうです。

ネットの気軽さは、新車見積や、中古車選び、リース等にも影響を及ぼし、ネットの存在感は無視できません。

車ほど、サイズも金額も大きな物でも、ネットで大丈夫なの?」という疑問は、だんだん聞かなくなってきました。

保証などの安心して利用できる仕組みや、多くの人に利用されている実績が、人々からの印象も変えている理由なのでしょう。

もうひとつ、愛車の任意保険の無料一括見積 も見落とせません。ネットだけじゃなく、保険業界の規制緩和や外資・異業種参入の影響もあり、保険選びは保険料比較が欠かせません。

【ポイント(その7)】
プラス アルファ

期間限定の キャンペーン、あるいは タイミングによっては 補助金・減税なども あるかも。

キャンペーンには、「キャッシュバック」、「ローン金利の優遇」、「特別なプレゼント」など様々。多様な上に タイミングも 図れないので、あえて待つほどではないですが、利用できるなら メリットはありますね。

減税や 補助金は、国や 自治体が 行う もので、分かりにくいものもあり、注意しないと 気づかないことも。 車の補助金で 特に有名なのは、2010年9月に終了したエコカー補助金。このときの影響力は、すごかったです。

DEX購入|最初にすること


DEXの購入は「今すぐ」がいいのか?それとも「まだ早い」のか?

DEX値引き交渉を有利に進めたくて、決算期前 とか、ボーナス商戦まで待つのは、意味があるのでしょうか?

時間をかけ過ぎると、ムダに愛車の値落ちが進みます。「DEXに早く乗りたい」気持ちを優先して、今すぐの行動にも一理あります。

まずは愛車の価値を調べて、「今すぐ行動」のメリットを知ることです。

予想通りの査定額で、暫く値落ちの心配がなければ、待つのもいいでしょうね。 でも予想外に愛車査定が高い ときは、待つ必要はないのかも。

タイミングは「愛車の査定額しだい」ですね。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



DEXとの生活で見落とせない知識・常識


自動車のメンテ
自動車のメンテナンス、自分でできるという車に詳しい人は別として、できれば相談できる専門家が身近にいると便利です。新車購入直後なら販売店がその役割を担うケースが多いと思います。古い車の場合は販売店と疎遠になってるでしょうし、相談の頻度や可能性も高まるので、近くの整備工場などを知ってると便利ですね。

昔の免許証
免許更新の際に、古い免許証は持ち帰る事ができます。地域によって差はありますが、その旨を伝えると、パンチ穴をあけて返してくれる仕組みのようです。歴代の免許を記念に残している人もいるとか。常に携帯していた免許証だけに、なかなか思い出深いかもしれませんね。

ミニバン
ミニバンブームを経て、ファミリーカーとして人気が定着しました。たくさん乗れるというメリットがある一方で、燃費は悪くなる傾向があります。ミニバンの普及には、大人気だったホンダ・オデッセイの成功が大きかったと思います。ちなみにミニバンという車の形はブームの前からあったみたいです。

新古車(未利用車)
中古車の中でも程度がいいものに、新古車と呼ばれるクルマがあります。新古車は未利用車とも呼ばれ、すごくきれいです。ただ、なかなか欲しい車の新古車を見つけるのは難しいことも。また、モデルチェンジ前だったりすることもあります。新古車は急なキャンセルや展示用、あるいは、販売店の事情で登録台数を増やすためなどの理由で存在します。

自動車と公害
自動車はその排気ガスや騒音・振動などにより、過度の交通量により公害を引き起こす事があります。尼崎大気汚染公害訴訟など有名な訴訟もあります。ところで、車の台数が減ったり、燃費が向上したり、ハイブリッドカーや電気自動車が増えてくると、このような問題も同時に少なくなっていくことでしょう。

DEX(スバル)車検と廃車の迷いにそれに中古車のことも.

DEX購入にあたり考えるべきことは値引き交渉と、愛車査定のアップ。スバルの販売店との戦いです。値引き交渉ではライバル車の見積との比較で攻める形かな。駆け引きだけでは説得力がないです。愛車査定も査定比べから。こちらは気軽にできるネットの一括査定が力になります。中古車流通は愛車をどう見るのか。査定アップに成功すれば、DEXのオプションや装備アップの楽しみにつながりそうです。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved