有利に運ぶ値引き交渉&業者を選ぶ愛車一括査定


欲しいeKワゴンの値引きのために、やるべきことは 2つ

それは、「eKワゴンの値引き」 と 「愛車の査定アップ」 です。

愛車の査定アップを忘れてはいけません。 なぜなら、びっくりするほどカンタンなのに、予想外に高かったと喜ばれてる方法があるからです。

それは、ネットが可能にした、カービューの愛車無料一括査定。 たった数分の簡単入力で、愛車の査定を、ガリバーなどの買取店が競う仕組みです。

気づかず愛車を手放した人が、本気で悔しがる方法です。

何はさておき試してみる→

なぜ愛車の価値をあきらめたらダメなのか?


恥も気まずい思いもなく、愛車査定が分かります。

業者に行かなくても、ネットから愛車の査定が比較までできるのですから。

国外でも人気の日本の中古車だから、国内の価値観だけでは本当の価値は分かりません。

国内の常識では廃車が妥当な、年落ち・低年式・型落ち・過走行・車検切れなどにも可能性はあります。なんせ自走不能な事故車・水没車を買取するダメージカーの専門業者もあるくらいです。

行動前に考えていても、値落ちが進むだけです。まずはサックリ査定額を調べましょう。

最初の一歩は、ネットから数分程度の簡単入力だけです。愛車に対応できる業者が競った本気の査定を比べて選べるって、知らずに愛車を手放した人に教えたら悔しがるでしょうね。

eKワゴン値引きの7ポイント


【ポイント(その1)】
eKワゴン値引き交渉に備えて、7つのチェック項目

【ポイント(その2)】
ライバル車か eKワゴンで 見積を比較

値引き交渉で、営業マンからギリギリを引き出すには、準備も大事です。

「もっと値引きが必要」と営業マンに思わせるには、競争相手の存在が効きます。つまりライバル店のライバル車の「見積」と比べること。調べてみると、予想外の気づき・お得が見つかることもあります。 お店の「言い値」はどこまで下がる? しっかり準備して挑戦しましょう。

【ポイント(その3)】
eKワゴン購入と最高のタイミング

時々行われているキャンペーンでは、プレゼントだけじゃなく、キャッシュバックもあることも。

相手の立場で考えてみると、値引き が出やすい時期 があることに気づきます。販売店に売り急ぐ理由がある時期です。

例えば決算前の3月や9月など。もし販売台数がノルマ割れなら、値引きには追い風かもしれません。またボーナス商戦でライバル店に負けないため、普段以上に張り切るかもしれません。あと比較的有利とされるのが月末です。

でも値引き重視のタイミングばかり考えて、時間が経ちすぎると、愛車の値落ちが進みます。

もし「愛車の価値」を優先するなら、すぐ行動したほうがいいのかも。「eKワゴンが欲しい」気持ちへの我慢も不要です。

購入は今? 月末まで待つ? 次のボーナスや3月・9月まで我慢する? 時期の判断に「交渉の手応え」と「愛車の価値」が見落とせません。

【ポイント(その4)】
eKワゴンは新車購入だけが 方法じゃない

新車もいいですが、中古車(新古車)という選択もあります。 お得な中古車にして、グレードアップやオプションに、お金をかけるという方法もあります。

どうしても新しいクルマにコダワルなら、「残クレ(残価設定クレジット)」や「個人向けリース」という方法もあります。

これらは大雑把にいうと、数年後の買取り価格を設定して、購入費用からその分を差し引いて支払うという仕組み。

数年サイクルで、いつも新しいクルマに乗り続けたいという人には、ピッタリの仕組みです。

【ポイント(その7)】
まだあるコツ

時期・内容などのキャンペーン情報と、念のため補助金・減税も要確認です。

お祭り騒ぎの見た目に騙されずに、キャンペーンの内容をしっかり見極めたいです。プレゼントや懸賞、キャッシュバック、ローン金利の優遇、・・。 期待しすぎて失敗しないように惑わされない冷静さも大事です。

減税とか補助金って、条件が複雑だったりで、一般の人には理解しにくいこともあります。見落とさないように、販売店の詳しい人を捕まえることも大事です。(2010年9月終了のエコカー補助金ほどのものを今後も期待したいですね。)

eKワゴン購入でまず何をするか


eKワゴンの購入は「今すぐ」がいいのか?それとも「まだ早い」のか?

eKワゴン値引き交渉を有利に進めたくて、決算期前 とか、ボーナス商戦まで待つのは、意味があるのでしょうか?

時間をかけ過ぎると、ムダに愛車の値落ちが進みます。「eKワゴンに早く乗りたい」気持ちを優先して、今すぐの行動にも一理あります。

まずは愛車の価値を調べて、「今すぐ行動」のメリットを知ることです。

予想通りの査定額で、暫く値落ちの心配がなければ、待つのもいいでしょうね。 でも予想外に愛車査定が高い ときは、待つ必要はないのかも。

タイミングは「愛車の査定額しだい」ですね。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



eKワゴンでオマケの話題:購入値引き・愛車査定


自動車のカラー
自動車のカラー、昔に比べるとものすごく多様化しています。カラーが違うと同じ車種でも印象は違ってきます。自分に合ったカラーを選びたいですね。とはいえ、将来の乗り換えのことを考えると、マニアックな色だと買取査定に影響することもあります。こだわりがなければ、人気色を選ぶのが無難な選択です。

自動車と公害
自動車はその排気ガスや騒音・振動などにより、過度の交通量により公害を引き起こす事があります。尼崎大気汚染公害訴訟など有名な訴訟もあります。ところで、車の台数が減ったり、燃費が向上したり、ハイブリッドカーや電気自動車が増えてくると、このような問題も同時に少なくなっていくことでしょう。

セダンやバン
昔はクルマといえば、セダンやバンが主流でした。昭和を代表するクルマはセダンが多いです。しかし、今はミニバンやハッチバックなどニーズが多様になりました。とはいえ社用車として使われるクルマには、まだまだセダンやバンが多いです。純粋にクルマとしての機能を重視すれば、セダンやバンに行き着くのかもしれません。

昔の免許証
免許更新の際に、古い免許証は持ち帰る事ができます。地域によって差はありますが、その旨を伝えると、パンチ穴をあけて返してくれる仕組みのようです。歴代の免許を記念に残している人もいるとか。常に携帯していた免許証だけに、なかなか思い出深いかもしれませんね。

自動車のメンテ
自動車のメンテナンス、自分でできるという車に詳しい人は別として、できれば相談できる専門家が身近にいると便利です。新車購入直後なら販売店がその役割を担うケースが多いと思います。古い車の場合は販売店と疎遠になってるでしょうし、相談の頻度や可能性も高まるので、近くの整備工場などを知ってると便利ですね。

eKワゴンもできる再生バッテリーで節約・エコのことのはなし.

eKワゴン値引きって三菱の販売店ではどこまで可能かな。楽しみだけど、夢中になりすぎて、愛車の価値を見落とす事態は避けたいです。愛車査定も下取り任せっぱなしはありえないです。査定比べが簡単ですし、価値さえ見落とさなければ、もっと高く買取される可能性もあります。eKワゴンの値引きやオマケより、案外愛車の価値のほうが有望かも。オプションもグレードもアップできるかな。

Copyright © 2010~2017 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved