買換えの常識¥愛車査定アップ&値引き交渉


得するeK購入、買換え上手たちの特徴にヒントが!

eK値引きに執着し過ぎず、愛車の価値を見落さないこと。

販売店の営業マンの言い値に惑わされて、愛車の価値を見誤る人もいます。だから面倒くさがらずに、愛車査定比べが欠かせません。

一括査定のカービューなら、買取店を知らなくても、簡単に無料で、対応できる買取店を愛車査定で選べます。数字で比べれば高い・安いは一目瞭然。

愛車の価値調べは スピードも大事。後回しは 値落ちを招きます。

いつでも試せます!→

常識的な愛車の価値判断が間違う理由


誰もが愛車査定を簡単・気軽にできる時代です。

ネットで簡単になった一括査定で、査定額を見てから業者が選べる時代です。

規制緩和後、国外でも人気の中古車だから、国内の相場だけで査定額は決められません。

たとえば、誰もが廃車を覚悟するような、自走できない事故車・水没車でも修理前のまま買い取るダメージカー専門業者もあります。低年式・型落ち・多走行くらいのことで希望を失わないで。

比べるから人気の高年式・高級車・輸入車の場合でも、もっと高値の期待も膨らみます。

やることは簡単。わずか数分程度の入力だけ。あなたの愛車に対応できる業者からの査定を見て選べます。業者間で競ってもらうのが、業者に足元を見られない一番の方法でしょう。

eK値引き!7ポイント


【ポイント(その1)】
eK値引きに臨む前に!見極めが大事な7項目

・ eK値引き額
・ 愛車の下取り・買取りの査定額
・ 書類・手続き等の諸費用をサービス
・ オマケ(燃料満タンなど)
・ キャンペーン得点やプレゼント
・ 自動車ローンの金利
・ 国・都道府県・市区町村の補助金・減税

混ぜて考えると、得した気分はあるのに、実質的には ほとんど 値引き されずに失敗ということも。

特にプレゼントやチョットしたオマケに嬉しくなって、交渉を忘れないように。^^

【ポイント(その2)】
eK見積と ライバル車見積の比較

【ポイント(その4)】
新車だけが方法じゃない!eKの購入

新車に目がいきがちですが、実は中古車(新古車)のメリットも見落とせないです。たとえばグレードアップや、オプションの充実を楽しむこともできます。

どうしても新しい車に乗りたい場合にも、「残価設定クレジット(残クレ)」「個人向けリース」などの選択肢もあります。

手放す時の下取り価格を設定し、その分が支払いに含まれないため、普通の新車購入より安い費用で乗れます。

ずぅっと、新しい車に乗り続けていたい人には、理想の車の乗り方かもしれませんね。

【ポイント(その5)】
自動車ローンを金利で選ぶ

販売店で手間なく組めるローンで本当にいいの? もっと金利は安くできる のかも。

手間を惜しんで、金利の高いローンで妥協するのはもったいないです。

自動車購入の目的ローンは銀行や信組などにもあり、人気・実績もあります。

各種引落しや、給与振込みで利用中の銀行等なら、特別に優遇金利で借りられるかもしれません。そんなチャンスを見落とすのは残念です。

ローンを銀行等に申し込むには、審査など手続きを要し、それなりに手間はかかりますが、あなたの信用力に応じた 適正な金利で借りることは、決して特別なことではありません。

【ポイント(その6)】
インターネットの利用

インターネットが自動車に関する常識を、どんどん変えてます。

例えば、最初に解説した 愛車無料一括査定 もその一つ。

そしてさらに、新車見積、中古車見積、リースなどでもインターネットが利用され、実績もあげています。

クルマの場合、「実物を見ないと安心できない」ということで、インターネットはなじまない と思うかもしれませんが・・・。

各社、安心してクルマ選びができるように、保証などの さまざまな工夫 があります。 一見の価値は、あると思います。

他には、自動車保険の無料一括見積 もすごく便利です。 自動車保険も競争の時代。 毎年、見積比較でベストの保険を選ぶのもアリですね。 もちろん安心できる保険会社から選ぶことが基本ですが。

eK購入は最初が肝心


eKを 今すぐに購入するのは、損か? それとも、得か?

少し我慢して、決算期前 や ボーナス商戦まで待てば、eKの値引き交渉に有利に働くこともあるのかも。

でも確実とは言えないですし、時間が経てば愛車の価値も下がります。トータルで見てもeK購入を我慢する意味はあるのかな?

その判断のためにも、愛車の価値調べが欠かせないです。

もし見込み以上に高い査定で手放せるとしたら、もう買い替えを待つ必要はないはずです。オプションや装備のアップも楽しめそうです。

愛車の価値が思ったほどでもないのなら、値落ちに配慮しつつも、値引き重視で待つのもいいですね。

つまりタイミングも愛車の 査定額しだいです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



eKに限らず通用する方法や知識いろいろ


認定中古車
輸入車や高級車の中には、認定中古車という仕組みがあります。中古車は、新車と異なり状態の程度に差があり、当たり外れも大きいことも。認定中古車はしっかり整備されてる分高いかもしれませんが、安心して乗れる仕組みです。輸入車の場合、部品も手に入りにくかったりしますので、メンテのことを考えれば認定中古車を購入するほうが長い目でいいのかもしれません。

タイヤの寿命
一般にタイヤの交換時期は溝の残り具合で決まります。ところがスタッドレスタイヤの場合は少し違います。溝があってもゴムの劣化でブレーキなどの効きが悪くなるので、3~4年を目安に交換することもあります。タイヤの製造時期はタイヤの側面にかかれているので見方を知っておくことも大事です。

日産
往年のダットサンや、フェアレディZ、スカイライン、セドリックなどの車で知られる自動車メーカーです。「技術の日産」と親しまれていた時代もありました。経営危機を経て1999年にルノー傘下に入りました。日産リバイバルプランを経て、車種も大幅に刷新されていったのでした。

故障と買換え
自動車の故障ってある程度の時期から急に増えることがあります。故障が続くようだと修理・整備費用がかさみだすので、買い替えを考えるタイミングですね。まだ価値があるうちならば、値落ちが進む前に決断したほうがよさそうです。そのタイミングをはかるのにもネットの一括査定が便利かも。

トールワゴン
3列シートを持たないミニバンなんだとか。日本独自の和製英語とのことです。だいたいの車がハッチバックタイプです。居住性の広さとか、荷物を積むのにも安心な感じです。軽自動車にもトールワゴンがあります。人気のタイプの車には、各社が力を入れるので、いろんなトールワゴンがあるのでした。

eK下取り・廃車・買取りの失敗談に学ぶを参考に.

三菱も拡大路線で販売台数を伸ばそうとしていた時代ではないです。販売台数を目標に掲げていた時代はeKの値引きにも大きな期待がありましたが、今は違います。収支を悪化させえるわけにはいかないので、値引きには限界があります。eKで交渉を繰り返すより、一括査定で愛車の査定アップを試みたほうが、案外効率がいいのかも。時間をかけすぎると愛車の値落ちリスクがアップします。

Copyright © 2010~2017 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved