手軽すぎる愛車一括査定&勝負の値引き交渉


得するファミリア購入、買換え上手たちの特徴にヒントが!

ファミリア値引きに執着し過ぎず、愛車の価値を見落さないこと。

販売店の営業マンの言い値に惑わされて、愛車の価値を見誤る人もいます。だから面倒くさがらずに、愛車査定比べが欠かせません。

一括査定のカービューなら、買取店を知らなくても、簡単に無料で、対応できる買取店を愛車査定で選べます。数字で比べれば高い・安いは一目瞭然。

愛車の価値調べは スピードも大事。後回しは 値落ちを招きます。

とにかく試すならコチラ→

なぜ愛車の価値をあきらめたらダメなのか?


業者毎に時間と手間を要した中古車査定は昔の話。

外出不要で、ネットから簡単に、愛車の査定調べ&比較ができる時代です。

海外にも販路を広げた中古車流通を背景に、以前の常識だけで車の価値は判断できません。

走行不能な修理前の事故車や水没車に対応する専門の買取業者もいるほどです。旧モデル・年落ち・低年式・多走行・車検切れでも気軽に査定チェック。予想外の高い査定が見つかることも。

売る・売らないは査定を調べてから考えること。まずは一括査定で愛車の価値をチェック。

交渉力に自信がなくても、対応できる業者どうしが競うので、あなたは比べて選ぶだけ。 初めての人にも、女性にも、忙しい人にも喜ばれる方法です。

ファミリア値引き強化の7項目


【ポイント(その1)】
ファミリア値引きで見落としたくないチェック項目の7つ

・ ファミリアでの値引き金額
・ 手放す愛車の査定金額
・ サービスする諸費用の金額
・ ガソリン満タン等のオマケ
・ プレゼントやキャンペーン特典
・ オートローンとその金利
・ 対象となる補助金や減税

小出しのお得に喜んでいたら、いつのまにか本命の 値引き・愛車査定 がイマイチという場合もあります。

小さな喜びの数に惑わされずに冷静に臨みたいですね。^^

【ポイント(その2)】
ファミリア または ライバル車 の見積比較

【ポイント(その4)】
新車購入の他にもある選択肢@ファミリア

新車購入の高揚感は捨てがたいですが、中古車・新古車なら余った予算で、グレードを上げたり、もっとオプションを増やしたりという楽しみもあります。

「新車じゃなきゃダメ!」という場合も、残クレ(残価設定クレジット)、個人向けリース等で費用を抑える方法もあります。

費用を抑えられるのは、車を手放す際の下取り価格を購入時に設定して、その分が費用から引かれてるからです。

いつも変わらず新しい車に乗り続けたい人に便利な仕組み。これなら数年おきに新車が楽しめます。

【ポイント(その6)】
インターネットを見落とさない

ネットの普及が自動車に関わる常識にも変化を起こしています。

愛車無料一括査定 も、実はその一つでしかないです。

新車見積の際にも、あるいは中古車探し、リースについても、インターネットが欠かせなくなっています。

「車のような大きな買い物は、実物を見ないと決められない」と、ネットには合わない ように感じるかもしれませんが・・。

実績も豊富で、多くの方に利用されてます。一度のぞいてみるとその理由は分かると思います。保証等の仕組みがカギです。

見落とせない仕組みに、愛車の任意保険の無料一括見積 もあります。話題の格安保険が「本当に安いか?」。愛車の条件で保険料を気軽に確認できます。保険料比べが簡単だと保険比較も楽しみ。

【ポイント(その7)】
まだほかにも

たとえば、不定期なキャンペーンとか、気づきにくい補助金・減税などもあります。

キャンペーンは、お店側の販促です。独自のものや、コラボしたりで様々です。「プレゼント」「キャッシュバック」「ローン金利の優遇」・・・。値引き交渉と相性のいいものは、特に見落とせません。

減税・補助金は、販売店の損にはならないため、販売店もけっこう協力的です。分かり難いところは相談してみるといいでしょう。(ちなみに補助金といえば、2010年9月に惜しまれながら終了したエコカー補助金は絶大でした。)

ファミリア購入*大事な一歩


ファミリア購入で選ぶべきタイミングは、「待ち」か?「今すぐ」か?

ファミリアの値引き しやすいタイミングを狙い、月末や、決算期前、ボーナス商戦まで待つ人もいます。

しかし待っている間にも、愛車の値落ちは進みます。ファミリア購入を我慢するほどのメリットがないとすれば、今すぐ動くのもアリです。

どちらを選ぶのが、いいのでしょうか?

それを考える上で、まず「愛車の価値」を調べることが欠かせません。愛車の 査定額 が、もし見込みより高ければ、もう待つ必要はないのかもしれません。

愛車の価値しだいでは、オプションやグレードに嬉しい変更を加えられるかも。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



ファミリアだけじゃない車についての今の常識


軽自動車
軽自動車は税制的にも優遇された車です。普通自動車との差は歴然ですので、セカンドカーなどで人気でしたが、規制緩和や技術の進歩で、メインカーとしても存在感を高めています。車内空間も広くなり、走行性能もかなりいいですからね。ナンバープレートの色で普通車と見分けが簡単です。

自動車もボーナス商戦
自動車の場合もボーナス時期は大きな商戦です。どのメーカーもディーラーもキャンペーンやプレゼントを用意して販促に力を入れています。この時期を逃すまいと自動車の販売を競ってる時期だけに、実は値引きやオマケなどを引き出すにはいい時期でもあります。

燃費重視のクルマ選び
燃費を重視するなら、車はコンパクトなほうが有利です。もし長距離や高速運転が少ないなら、軽自動車がいいかもしれません。軽自動車なら税金も安く済みます。また、ハイブリッドカーや電気自動車も選択肢に入ってくるでしょう。初期費用は高くても、維持費で元がとれるかもしれません。

ナンバーの色
ナンバープレートの色には白地に緑、緑地に白、黄色地に黒、黒地に黄色の4タイプがあります。さらに加えると、自衛隊のナンバープレートや、対角線に赤い車線の入ったナンバープレートもあります。それぞれ目的が異なります。最もポピュラーな白地に緑と、軽自動車の黄色地に黒以外はお目にかかる可能性もグッと低くなりますね。

車の点検
日常的な車の点検ができている人は案外少ないかも。でもドライバーなら本当はできて当たり前。たまには自分で点検してみましょう。ボンネットを開けてウォッシャー液やバッテリー液などをチェックしたり、足回りの確認や、ランプ類のチェックなどやってみると意外と簡単です。

ファミリアもできる再生バッテリーで節約・エコのことのはなし.

ファミリアの値引き額をどこまで許すのか、マツダ販売店はどこまで値段に対してがんばれるのか。駆け引きやタイミングを駆使しても昔ほどの値引きは引き出せないかも。景気よく車が売れた時代と、車が前ほど売れない時代では、値引きにも影響があってしかるべきですね。ファミリアを安く買おうとするよりも、愛車を高く売ることを考えたほうが実は大きいかも。それもまた時代の変化です。

あなたの愛車は今いくら?

クルマのお役立ちサイト

| 国土交通省JAMAマツダ三菱自動車スバル

コンパクトカー(ハッチバック)

クルマといえばセダン

たっぷり楽しむワゴン

マツダ

再生バッテリーの通販体験値引き@自動車購入

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2010~2017 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved