結局値引きだけじゃ不十分!愛車査定も重要


欲しいフィガロの値引きのために、やるべきことは 2つ

それは、「フィガロの値引き」 と 「愛車の査定アップ」 です。

愛車の査定アップを忘れてはいけません。 なぜなら、びっくりするほどカンタンなのに、予想外に高かったと喜ばれてる方法があるからです。

それは、ネットが可能にした、カービューの愛車無料一括査定。 たった数分の簡単入力で、愛車の査定を、ガリバーなどの買取店が競う仕組みです。

気づかず愛車を手放した人が、本気で悔しがる方法です。

とりあえず見てみるなら→

車の査定額が思ったより高い理由


いきなり店頭査定しかなかった中古車査定も一変。

店頭査定の前に、愛車査定はネットから簡単に比較までできちゃうんです。

どこも同じと思ってた査定も、海外にまで販路が広がったことで価値観が多様化してます。

前ならどこに持ち込んでも廃車しかない車でも買取されてます。型落ち・年落ちの低年式や多走行車にも可能性はあります。動かない事故車・水没車にはダメージカー専門業者もあるほど。

もっと高い可能性があるのに、簡単に一括査定が使えるのに、何もしないのは残念すぎます。

することは簡単な入力だけで、所要時間は数分程度。すると、あなたの愛車に対応できる業者が査定を競います。本気の査定が期待できますね。あなたは選ぶだけ。

フィガロ値引き・7つのツボ


【ポイント(その1)】
フィガロ値引きに臨む前に!見極めが大事な7項目

・ フィガロ値引き額
・ 愛車の下取り・買取りの査定額
・ 書類・手続き等の諸費用をサービス
・ オマケ(燃料満タンなど)
・ キャンペーン得点やプレゼント
・ 自動車ローンの金利
・ 国・都道府県・市区町村の補助金・減税

混ぜて考えると、得した気分はあるのに、実質的には ほとんど 値引き されずに失敗ということも。

特にプレゼントやチョットしたオマケに嬉しくなって、交渉を忘れないように。^^

【ポイント(その2)】
フィガロ見積と ライバル車見積の比較

【ポイント(その4)】
フィガロ購入:新車・中古・リース他

新車購入だけが全てではないです。例えば中古車(新古車)なら、同じ予算でも車のグレードを上げたり、便利なオプションを充実させることもできます。

「中古車じゃ新車の感動が味わえない」と思うなら、個人向けリースや、残クレ(残価設定クレジット)等も方法です。

最初から「数年後の手放す際の買取り価格」を差し引いた費用を支払う仕組みだから、新車を普通に買うより安く乗れると話題です。

何年かおきに、新しい車に乗り続けていきたいと考える人には、嬉しい方法です。

【ポイント(その5)】
マイカーローンと金利

車のローンをあまり考えずに組んじゃうのは、損かもしれません。その金利、高いかも

ちょっと調べるだけ、もっと低金利のローンが見つかるかもしれません。

自動車購入に関わるローンは銀行・信金等さまざまな選択肢があります。

普段から「各種料金の引落し」や「給与振込み」等で付き合いがある銀行から調べましょう。「優遇金利」が利用できるかもしれないです。

銀行等でのローン申し込みは手続きに時間がかかる場合もあるので、余裕をもった行動が大事です。自分の信用力を最大限活かす には大事なことですし、手間をかけるだけの価値はあります。

【ポイント(その7)】
まだあるコツ

時期・内容などのキャンペーン情報と、念のため補助金・減税も要確認です。

お祭り騒ぎの見た目に騙されずに、キャンペーンの内容をしっかり見極めたいです。プレゼントや懸賞、キャッシュバック、ローン金利の優遇、・・。 期待しすぎて失敗しないように惑わされない冷静さも大事です。

減税とか補助金って、条件が複雑だったりで、一般の人には理解しにくいこともあります。見落とさないように、販売店の詳しい人を捕まえることも大事です。(2010年9月終了のエコカー補助金ほどのものを今後も期待したいですね。)

フィガロ購入@最初の最初


フィガロを購入するには「今がいい」のか?「今はダメ」なのか?

もしかしたら、ボーナス商戦や、決算期前、又は月末などのほうが、フィガロの値引きはしやすいのかも。

でも時間の経過は、愛車の値落ちにつながります。欲しいフィガロの購入を我慢するほどの価値はあるのかな?

タイミングを考えるときに欠かせない情報があります。それが「愛車の今の価値」。案外、愛車の 査定額しだい なのかも。

思っていたより愛車の価値が高ければ、待つ必要なんてないですね。余った予算でグレードやオプションもアップできます。

もし愛車が予想くらいの価値で、暫く安定してそうなら、値引き重視のタイミングまで待つのもアリです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



フィガロと快適カーライフ・節約・お得関連の話も


カラーバリエーション
昔に比べると自動車のカラーバリエーションの自由度が高くなっています。女性などの支持もありパステルカラーも充実している車種もあります。パール系のカラーも人気があるようです。中にはツートンカラーなどが特徴になっている車もあります。ボディのカラーはどうなっていくのでしょうか。

グレード選び
クルマ選び、車種が決まったらグレード選びも。グレードによって性能や装備も変わってきます。中には必要ないものもあるでしょうから、必ずしも上位グレードがいいとはかぎりませんが、グレードは高いほうが何かと快適です。憧れの車の低いグレードもいいですが、お馴染みの車の最高グレードを選ぶという方法もアリですよ。

セダンやバン
昔はクルマといえば、セダンやバンが主流でした。昭和を代表するクルマはセダンが多いです。しかし、今はミニバンやハッチバックなどニーズが多様になりました。とはいえ社用車として使われるクルマには、まだまだセダンやバンが多いです。純粋にクルマとしての機能を重視すれば、セダンやバンに行き着くのかもしれません。

自動車と公害
自動車はその排気ガスや騒音・振動などにより、過度の交通量により公害を引き起こす事があります。尼崎大気汚染公害訴訟など有名な訴訟もあります。ところで、車の台数が減ったり、燃費が向上したり、ハイブリッドカーや電気自動車が増えてくると、このような問題も同時に少なくなっていくことでしょう。

トヨタ
トヨタは世界最大手の自動車メーカーの一角です。ダイハツ工業と日野自動車を合わせてトヨタグループともいわれます。ジャストインタイム(JIT)やカンバン方式とも呼ばれる生産方式でも有名です。時代を象徴するような大衆車カローラや高級車クラウン、時代を先導してきたプリウスなどでも有名です。

フィガロ・女性も気軽に買取りが基本をお試し.

日産にはいい車があるけど、フィガロの値引きはどこまで引き出せるかな。それはタイミングも大事だし、交渉力にも影響されることでしょう。ただ、昔ほどの値引き額を期待したら難しいかも。今と昔では時代が違います。ばんばん車が売れた時代なら通用することも、昔のようにはいかないです。フィガロをお得に買いたいなら、追い風のある愛車の買取にチャンスを見出すのが基本です。

Copyright © 2010~2017 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved