まずは査定アップで弾みをつけてから値引きへ


失敗しないフィットアリアへの買換えに、大事なことがあります

フィットアリア値引き交渉より、むしろ愛車の下取りアップ がカギです。

販売店の下取り以外にも、愛車の価値を認める業者はあります。 ネットの普及が、高く評価する業者を見落とさない仕組みを作りました。

愛車無料一括査定・カービューです。 愛車ついて、ほんの数分程度のカンタンな入力をするだけで、対応できる業者が競った査定を比べて選べます。

業者どうしが競うなら、本気の査定が期待できますね。

先に試すなら →

どうして愛車の価値を見落としてしまうのか?


業者ごとに行って査定を受ける以前とは違います。

ネットを使えば、車の査定は簡単・気軽。だから査定比べも普通のことに。

日本の中古車の販路も海外にまで広がり、国内の価値観だけで車の価値は分かりません。

以前なら廃車しかないような、動かない事故車・水没車でもダメージカー専門の買取業者が対応します。年落ち・型落ち・低年式車・多走行くらいの理由で価値をあきらめてる場合ではないです。

売るかどうかも査定額しだいですし、まずはネットの一括査定で愛車を試してみましょう。

ほんの数分程度の簡単入力だけなのに、愛車に対応できる買取店が競う査定を比較できます。「査定アップの交渉」より「査定が高い業者を見つける」ほうが簡単です。

フィットアリア値引き*7ポイント


【ポイント(その1)】
フィットアリア値引きに臨む前に!見極めが大事な7項目

・ フィットアリア値引き額
・ 愛車の下取り・買取りの査定額
・ 書類・手続き等の諸費用をサービス
・ オマケ(燃料満タンなど)
・ キャンペーン得点やプレゼント
・ 自動車ローンの金利
・ 国・都道府県・市区町村の補助金・減税

混ぜて考えると、得した気分はあるのに、実質的には ほとんど 値引き されずに失敗ということも。

特にプレゼントやチョットしたオマケに嬉しくなって、交渉を忘れないように。^^

【ポイント(その2)】
別のフィットアリア か ライバル車 との見積比べ

プロの営業マン相手に、駆け引きや交渉術だけで挑むのは難しいです。

面倒に思うかもしれませんが、他店の「見積」や「値引き」と比較することで、自分もより納得できます。 また、営業マンにそのことを伝えることで、本気の「値引き」を引き出すことができるかも。 たった一つのお店の「言い値」 を信じる というスタイルは 卒業しましょう。

【ポイント(その4)】
フィットアリア:新車購入か、それとも・・

気分が高揚する新車ですが、実は中古車や新古車にすれば、もっと車のグレードを上げたり、オプションに費用がかけられたり、違う楽しみ方も可能です。

それでも「やはり中古車じゃ物足りない」という人のために、新車をもっと気軽に・安く乗る方法も登場しています。

数年後に手放す時の買取り価格を設定し、それを最初から支払い費用から外す仕組みとか。いつも新車に乗り続けたい人には合理的な方法です。

「残クレ(残価設定クレジット)」や「個人向けリース」と言われる方法も用確認。

【ポイント(その6)】
インターネットの利用

インターネットが自動車に関する常識を、どんどん変えてます。

例えば、最初に解説した 愛車無料一括査定 もその一つ。

そしてさらに、新車見積、中古車見積、リースなどでもインターネットが利用され、実績もあげています。

クルマの場合、「実物を見ないと安心できない」ということで、インターネットはなじまない と思うかもしれませんが・・・。

各社、安心してクルマ選びができるように、保証などの さまざまな工夫 があります。 一見の価値は、あると思います。

他には、自動車保険の無料一括見積 もすごく便利です。 自動車保険も競争の時代。 毎年、見積比較でベストの保険を選ぶのもアリですね。 もちろん安心できる保険会社から選ぶことが基本ですが。

【ポイント(その7)】
まだほかにも

たとえば、不定期なキャンペーンとか、気づきにくい補助金・減税などもあります。

キャンペーンは、お店側の販促です。独自のものや、コラボしたりで様々です。「プレゼント」「キャッシュバック」「ローン金利の優遇」・・・。値引き交渉と相性のいいものは、特に見落とせません。

減税・補助金は、販売店の損にはならないため、販売店もけっこう協力的です。分かり難いところは相談してみるといいでしょう。(ちなみに補助金といえば、2010年9月に惜しまれながら終了したエコカー補助金は絶大でした。)

フィットアリア購入でもう失敗しない


フィットアリア購入で選ぶべきタイミングは、「待ち」か?「今すぐ」か?

フィットアリアの値引き しやすいタイミングを狙い、月末や、決算期前、ボーナス商戦まで待つ人もいます。

しかし待っている間にも、愛車の値落ちは進みます。フィットアリア購入を我慢するほどのメリットがないとすれば、今すぐ動くのもアリです。

どちらを選ぶのが、いいのでしょうか?

それを考える上で、まず「愛車の価値」を調べることが欠かせません。愛車の 査定額 が、もし見込みより高ければ、もう待つ必要はないのかもしれません。

愛車の価値しだいでは、オプションやグレードに嬉しい変更を加えられるかも。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



フィットアリアだけじゃない車の買い替えの常識いろいろ


免許の失効
自動車免許は更新が必要です。更新しなければ失効して免許の効力は失われます。つい手違いなどで失効する「うっかり失効」ということばもあります。失効した場合、一発受験で免許取得を目指す人もいますが、結構難しいそうです。お金はかかりますが、自動車学校にいったほうがいいようです。ですので「うっかり」失効なんて絶対やってはいけませんね。もったいないです。

免許をとると
免許をとるとクルマが欲しくなります。そのため、免許取得の多い時期には、クルマもよく売れるそうです。そういう時期は販売店も強気になれそうですね。注意が必要だと思います。ただ、一方で販促を強化しようとする販売店もあるかもしれません。値引き交渉にはその当りの見極めも大事かも知れませんね。

運転のアシスト
自動車の進化は運転のアシストにも広がっています。運転者のミスで起こる事故が技術力で減るってすごいことです。たとえば衝突防止のための技術や、自動運転につながる技術など目覚ましいスピードでどんどん変ってきています。これらは様々な技術の組合せで成り立っているのでした。

ハッチバッグ
後部にセダンのようなトランクではなく、室内とつながるバックドアがついている車です。多くの場合跳ね上げ式のドアとなっています。荷物を置くためのスペースですが、室内とつながっているので、ハッチバックから入れたものを室内から取り出すことができるのはトランクと大きな違いでしょうね。

マイカーローンの金利と審査
マイカーローンの金利は審査が厳しいところほど低い傾向があります。当たり前のことですが。できるだけ低金利のマイカーローンを利用するなら、厳しい審査も面倒がらずに受けてみましょう。それが自分の信用力をムダにしない最善の方法ですね。手続が楽というだけで、ローンを選ぶのはもったいないです。

フィットアリア購入にあたり考えるべきことは値引き交渉と、愛車査定のアップ。ホンダの販売店との戦いです。値引き交渉ではライバル車の見積との比較で攻める形かな。駆け引きだけでは説得力がないです。愛車査定も査定比べから。こちらは気軽にできるネットの一括査定が力になります。中古車流通は愛車をどう見るのか。査定アップに成功すれば、フィットアリアのオプションや装備アップの楽しみにつながりそうです。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved