理由を知れば絶対「値引き」前に「愛車の価値」


うっかりミスが、GTO購入で損する原因です。

GTO値引き交渉に固執しすぎて、愛車の価値を見損なわないで。

たとえ値引き交渉が思い通りに進まない場合でも、焦りやイライラを抑えて、愛車の価値にも目を向けられる「バランス感覚」がカギになります。

忙しくても、初めてでも、簡単・気軽に使えるカービュー・愛車無料一括査定が今や常識です。業者に会う前に、愛車の査定額で業者を選べるから安心。

愛車の最高額を、どの業者が提示するのか?結果が楽しみ。

今すぐできます→

どうして愛車の価値を見落としてしまうのか?


愛車の査定、その敷居がグッと低くなりました。

それはインターネットの一括査定が、ビックリなほど簡単・気軽だからです。

中古車流通の販路も地元から全国、さらに海外にまで広がり、様々なニーズがあります。

もう廃車以外考えられないような、走行できない事故車や水没車にも、ダメージカー専門業者があり買取り対応してます。多走行・年落ち・型落ち・車検切れでも、査定の確認は欠かせないです。

査定アップや高価査定を狙うためにも、「業者を見落とさないこと」がまず不可欠です。

必要なことは、数分程度の時間でできる簡単入力だけ。対応できる業者があなたの愛車の査定を競う仕組み。業者を探す手間もありません。相場調べも必要なくなります。

GTO値引き*7ポイント


【ポイント(その1)】
GTO値引きで見落としたくないチェック項目の7つ

・ GTOでの値引き金額
・ 手放す愛車の査定金額
・ サービスする諸費用の金額
・ ガソリン満タン等のオマケ
・ プレゼントやキャンペーン特典
・ オートローンとその金利
・ 対象となる補助金や減税

小出しのお得に喜んでいたら、いつのまにか本命の 値引き・愛車査定 がイマイチという場合もあります。

小さな喜びの数に惑わされずに冷静に臨みたいですね。^^

【ポイント(その2)】
GTO または ライバル車 の見積比較

【ポイント(その4)】
新車購入の他にもある選択肢@GTO

新車購入の高揚感は捨てがたいですが、中古車・新古車なら余った予算で、グレードを上げたり、もっとオプションを増やしたりという楽しみもあります。

「新車じゃなきゃダメ!」という場合も、残クレ(残価設定クレジット)、個人向けリース等で費用を抑える方法もあります。

費用を抑えられるのは、車を手放す際の下取り価格を購入時に設定して、その分が費用から引かれてるからです。

いつも変わらず新しい車に乗り続けたい人に便利な仕組み。これなら数年おきに新車が楽しめます。

【ポイント(その6)】
インターネットを見落とさない

ネットの普及が自動車に関わる常識にも変化を起こしています。

愛車無料一括査定 も、実はその一つでしかないです。

新車見積の際にも、あるいは中古車探し、リースについても、インターネットが欠かせなくなっています。

「車のような大きな買い物は、実物を見ないと決められない」と、ネットには合わない ように感じるかもしれませんが・・。

実績も豊富で、多くの方に利用されてます。一度のぞいてみるとその理由は分かると思います。保証等の仕組みがカギです。

見落とせない仕組みに、愛車の任意保険の無料一括見積 もあります。話題の格安保険が「本当に安いか?」。愛車の条件で保険料を気軽に確認できます。保険料比べが簡単だと保険比較も楽しみ。

【ポイント(その7)】
まだほかにも

たとえば、不定期なキャンペーンとか、気づきにくい補助金・減税などもあります。

キャンペーンは、お店側の販促です。独自のものや、コラボしたりで様々です。「プレゼント」「キャッシュバック」「ローン金利の優遇」・・・。値引き交渉と相性のいいものは、特に見落とせません。

減税・補助金は、販売店の損にはならないため、販売店もけっこう協力的です。分かり難いところは相談してみるといいでしょう。(ちなみに補助金といえば、2010年9月に惜しまれながら終了したエコカー補助金は絶大でした。)

GTO購入|最初にすること


GTO購入のタイミングを考えると、2つの選択肢があります。

一つ目は、GTO値引き重視で、決算期や、ボーナス商戦、月末まで待つこと。

二つ目は、「愛車の値落ち」や、「GTOが欲しい気持ち」を重視して、すぐ動くこと。

選ぶタイミングで、結果に大きな差が出ることも。

どちらにしても、「愛車の今の価値」はスグ調べるべきです。次に購入する車のグレードやオプションも、愛車の 査定額 によっては、ステップアップできるかもしれません。

もし予想外に愛車が高く売れるとしたら、もう迷うことはないはずです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



GTO@もう少し車の話を!値引き・査定・他


バッテリー選び
エンジンだけじゃなく、パワーウィンドウやスライドドアなどバッテリーは重要です。カーナビやカーステ、エアコンなど車内の電気需要は快適さとともに増えてる気がします。交換の際に容量アップが必要になるかも。ちなみに話題の再生バッテリーを使えば、容量アップしながらも節約もできるみたい。

様々なキャンペーン
販売店には様々なキャンペーンがあります。キャッシュバックとか、景品とかあの手この手で販売店も工夫しています。気に入ったキャンペーンを見つけることも車の買い替えのタイミングなのかもしれませんね。でも期間限定に踊らされて失敗しないように注意が必要です。

国産タイヤ
国産タイヤといえばBRIDGESTONE(ブリヂストン)や、TOYO TIRES(トーヨータイヤ)、横浜ゴム(YOKOHAMA)、DUNLOP(ダンロップ)、FALKEN(ファルケン)などが有名ですね。高い品質と信頼感があり人気です。価格は高くてもアジアンタイヤなど海外勢をおしのける人気です。

日産
往年のダットサンや、フェアレディZ、スカイライン、セドリックなどの車で知られる自動車メーカーです。「技術の日産」と親しまれていた時代もありました。経営危機を経て1999年にルノー傘下に入りました。日産リバイバルプランを経て、車種も大幅に刷新されていったのでした。

カラーバリエーション
昔に比べると自動車のカラーバリエーションの自由度が高くなっています。女性などの支持もありパステルカラーも充実している車種もあります。パール系のカラーも人気があるようです。中にはツートンカラーなどが特徴になっている車もあります。ボディのカラーはどうなっていくのでしょうか。

GTO(三菱)は頑張れば頑張るほど値引きできるというわけではないです。昔は販売店もシェア争いとか販売台数を競っていた側面があったので、値引きも競うこともあったようですが、今は違います。GTOを安く買うことを考えるよりも、愛車を高く売ることを考えたほうが便利になってます。例えばネットの一括査定とか。業者に会わなくても査定額で業者選びができる時代です。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved