意外と値引きは難しい*愛車一括査定は簡単


欲しいハイエースの値引きのために、やるべきことは 2つ

それは、「ハイエースの値引き」 と 「愛車の査定アップ」 です。

愛車の査定アップを忘れてはいけません。 なぜなら、びっくりするほどカンタンなのに、予想外に高かったと喜ばれてる方法があるからです。

それは、ネットが可能にした、カービューの愛車無料一括査定。 たった数分の簡単入力で、愛車の査定を、ガリバーなどの買取店が競う仕組みです。

気づかず愛車を手放した人が、本気で悔しがる方法です。

その方法はコチラです→

見落とす人・見落とさない人の差@車の価値


誰もが愛車査定を簡単・気軽にできる時代です。

ネットで簡単になった一括査定で、査定額を見てから業者が選べる時代です。

規制緩和後、国外でも人気の中古車だから、国内の相場だけで査定額は決められません。

たとえば、誰もが廃車を覚悟するような、自走できない事故車・水没車でも修理前のまま買い取るダメージカー専門業者もあります。低年式・型落ち・多走行くらいのことで希望を失わないで。

比べるから人気の高年式・高級車・輸入車の場合でも、もっと高値の期待も膨らみます。

やることは簡単。わずか数分程度の入力だけ。あなたの愛車に対応できる業者からの査定を見て選べます。業者間で競ってもらうのが、業者に足元を見られない一番の方法でしょう。

ハイエース値引き強化の7項目


【ポイント(その1)】
ハイエース値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

・ ハイエースの値引き
・ 愛車の査定アップ
・ 諸費用のサービス
・ おまけ(ガソリン満タンなど)
・ キャンペーン・プレゼント
・ ローンと金利
・ 補助金・減税

ゴチャゴチャにしてしまうと、なんとなく得した気分のまま、あまり 値引き されなかった ということも。

目先のプレゼントやオマケに惑わされないように。^^

【ポイント(その2)】
ハイエース または ライバル車 の見積比較

【ポイント(その3)】
絶好の購入タイミング@ハイエース

丁度よくキャッシュバックのキャンペーンや、プレゼント特典などで得する人もいますね。

でも「値引き」については、時期の良し悪しってあるのかな? 値引き にいい時期 とは、販売店が売り急いでいるときです。

可能性としては決算前の3月や9月が高そうです。販売台数のノルマ達成に焦っていたらチャンスかも。 ほかにも、ボーナス商戦では、他所に負けないために販売意欲が高いはず。 普段では、比較的月末が有利といわれます。

かといって、タイミングを狙いすぎて時間を費やすと、その分愛車の価値はどんどん落ちて しまいかねません。

だから「ハイエースが欲しい!」という感情を抑えず、スグ動くのもアリ。その時は愛車の価値に期待です。

「値引き」重視でボーナス商戦や決算前を狙うか? 「愛車の価値」重視でスグ購入か? いずれにしても愛車の今の価値は知っておいて損はないです。

【ポイント(その5)】
カーローン選びも大事

車のローンも販売店ですぐ手続きでるのはすごく便利。でも便利な分、金利は高め かも。

ちゃんと探しせば、あなたの信用力でより低い金利のローンがあるかも。

自動車に関わるローンは、銀行や信組などでも扱いがあり、見落とせません。

たとえば普段から付き合いのある銀行なら「優遇金利」があるのかも。給与振込、各種引落し等で利用の銀行からチェックしましょう。

もちろん銀行等のローンには、審査等の手間もかかります。でもローンって長い付き合いですし、金利による支払い額の差は、思った以上に大きいです。自分の信用力をムダにしてはいけません

【ポイント(その6)】
インターネットの影響

自動車に関する「常識」も、インターネットの影響を受けてます。

気軽に利用できる 愛車の無料一括査定 もそうです。

ネットの気軽さは、新車見積や、中古車選び、リース等にも影響を及ぼし、ネットの存在感は無視できません。

車ほど、サイズも金額も大きな物でも、ネットで大丈夫なの?」という疑問は、だんだん聞かなくなってきました。

保証などの安心して利用できる仕組みや、多くの人に利用されている実績が、人々からの印象も変えている理由なのでしょう。

もうひとつ、愛車の任意保険の無料一括見積 も見落とせません。ネットだけじゃなく、保険業界の規制緩和や外資・異業種参入の影響もあり、保険選びは保険料比較が欠かせません。

ハイエース購入~初動がカギ


ハイエース購入のタイミングを考えると、2つの選択肢があります。

一つ目は、ハイエース値引き重視で、決算期や、ボーナス商戦、月末まで待つこと。

二つ目は、「愛車の値落ち」や、「ハイエースが欲しい気持ち」を重視して、すぐ動くこと。

選ぶタイミングで、結果に大きな差が出ることも。

どちらにしても、「愛車の今の価値」はスグ調べるべきです。次に購入する車のグレードやオプションも、愛車の 査定額 によっては、ステップアップできるかもしれません。

もし予想外に愛車が高く売れるとしたら、もう迷うことはないはずです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



ハイエースも同じ!値引き・値落ち・査定の法則


マイカーローンの金利と審査
マイカーローンの金利は審査が厳しいところほど低い傾向があります。当たり前のことですが。できるだけ低金利のマイカーローンを利用するなら、厳しい審査も面倒がらずに受けてみましょう。それが自分の信用力をムダにしない最善の方法ですね。手続が楽というだけで、ローンを選ぶのはもったいないです。

ハッチバッグ
後部にセダンのようなトランクではなく、室内とつながるバックドアがついている車です。多くの場合跳ね上げ式のドアとなっています。荷物を置くためのスペースですが、室内とつながっているので、ハッチバックから入れたものを室内から取り出すことができるのはトランクと大きな違いでしょうね。

タイヤの歴史
今ではチューブレスが当たり前ですが、昔のタイヤにはチューブが入っていました。また粉じん問題で姿を消したスパイクタイヤというのもありました。雪道にはすごい効果がありましたが、雪解け後の走行の問題で姿を消しました。その代わりに出てきたのがスタッドレスタイヤです。

ロードサービス
事故や故障などのトラブルの時に便利なのがロードサービスです。JAFが有名ですが、近ごろはクレジットカードの付帯サービスや、自動車の任意保険の付帯サービスとしてついていることもあります。万一のときに慌てないために、加入しておきたいサービスの一つでしょう。

免許をとると
免許をとるとクルマが欲しくなります。そのため、免許取得の多い時期には、クルマもよく売れるそうです。そういう時期は販売店も強気になれそうですね。注意が必要だと思います。ただ、一方で販促を強化しようとする販売店もあるかもしれません。値引き交渉にはその当りの見極めも大事かも知れませんね。

愛車を手放すときのハイエース下取りと値引き交渉力アップの大事なこと.

トヨタ・ハイエースへの買換えに気分が高まるのはいいことですが、浮足立って損してたらもったいないです。いろんなことが昔とは違っているので、情報収集を省略できません。販売台数の減少や車離れを背景に販売店も昔ほど景気のいいことはできないです。キャンペーンなどを利用してもハイエースの値引き額には限界があるでしょう。むしろ愛車査定が便利になっていて高く買取る業者発見がカギです。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved