バッチリ愛車査定UP!値引き交渉を援護射撃


iQ値引きで後悔しないために、忘れてはいけない 2つ

iQ値引き」も大事だけど「愛車の査定」も大事です。

値引きに夢中になりすぎて、愛車の価値を見落としたらもったいないです。 車の価値を一つの業者の言い値で決める時代ではないです。

ネットの普及で生まれた「カービュー」愛車無料一括査定が話題です。 たった1度だけの簡単入力で、愛車に対応できる業者の査定を比べて選べます。

予想外の査定額の差に、びっくりすることになるかも。

試せば分かる →

なぜ愛車の価値をあきらめたらダメなのか?


業者ごとに行って査定を受ける以前とは違います。

ネットを使えば、車の査定は簡単・気軽。だから査定比べも普通のことに。

日本の中古車の販路も海外にまで広がり、国内の価値観だけで車の価値は分かりません。

以前なら廃車しかないような、動かない事故車・水没車でもダメージカー専門の買取業者が対応します。年落ち・型落ち・低年式車・多走行くらいの理由で価値をあきらめてる場合ではないです。

売るかどうかも査定額しだいですし、まずはネットの一括査定で愛車を試してみましょう。

ほんの数分程度の簡単入力だけなのに、愛車に対応できる買取店が競う査定を比較できます。「査定アップの交渉」より「査定が高い業者を見つける」ほうが簡単です。

iQ値引きは7ポイント


【ポイント(その1)】
iQ値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

・ iQの値引き
・ 愛車の査定アップ
・ 諸費用のサービス
・ おまけ(ガソリン満タンなど)
・ キャンペーン・プレゼント
・ ローンと金利
・ 補助金・減税

ゴチャゴチャにしてしまうと、なんとなく得した気分のまま、あまり 値引き されなかった ということも。

目先のプレゼントやオマケに惑わされないように。^^

【ポイント(その2)】
見積で競ってもらう@iQ や ライバル車

【ポイント(その3)】
絶好の購入タイミング@iQ

丁度よくキャッシュバックのキャンペーンや、プレゼント特典などで得する人もいますね。

でも「値引き」については、時期の良し悪しってあるのかな? 値引き にいい時期 とは、販売店が売り急いでいるときです。

可能性としては決算前の3月や9月が高そうです。販売台数のノルマ達成に焦っていたらチャンスかも。 ほかにも、ボーナス商戦では、他所に負けないために販売意欲が高いはず。 普段では、比較的月末が有利といわれます。

かといって、タイミングを狙いすぎて時間を費やすと、その分愛車の価値はどんどん落ちて しまいかねません。

だから「iQが欲しい!」という感情を抑えず、スグ動くのもアリ。その時は愛車の価値に期待です。

「値引き」重視でボーナス商戦や決算前を狙うか? 「愛車の価値」重視でスグ購入か? いずれにしても愛車の今の価値は知っておいて損はないです。

【ポイント(その4)】
iQ:新車購入か、それとも・・

気分が高揚する新車ですが、実は中古車や新古車にすれば、もっと車のグレードを上げたり、オプションに費用がかけられたり、違う楽しみ方も可能です。

それでも「やはり中古車じゃ物足りない」という人のために、新車をもっと気軽に・安く乗る方法も登場しています。

数年後に手放す時の買取り価格を設定し、それを最初から支払い費用から外す仕組みとか。いつも新車に乗り続けたい人には合理的な方法です。

「残クレ(残価設定クレジット)」や「個人向けリース」と言われる方法も用確認。

【ポイント(その5)】
金利で選ぶ車のローン

販売店でのやりとりの流れで、利用できるローンは簡単だけど、その分金利は高くない?

きちんと選べば、もっと低金利でローンを利用できるかもしれないです。

たとえば銀行や信用金庫などで、様々な特長のある車のローンがあります。

すでに料金の引落しや、給与振込み等で取引のある銀行等では、優遇金利の条件を満たしているかも。だから最初に確認するところです。

銀行等のローンでも審査など手続は避けられず、手間と時間も要します。でも「返済期間の長さ」と「節約できる金額」を思えば省略できないはず。手を抜いたらあなたの信用力がもったいない です。

【ポイント(その6)】
インターネットの影響

自動車に関する「常識」も、インターネットの影響を受けてます。

気軽に利用できる 愛車の無料一括査定 もそうです。

ネットの気軽さは、新車見積や、中古車選び、リース等にも影響を及ぼし、ネットの存在感は無視できません。

車ほど、サイズも金額も大きな物でも、ネットで大丈夫なの?」という疑問は、だんだん聞かなくなってきました。

保証などの安心して利用できる仕組みや、多くの人に利用されている実績が、人々からの印象も変えている理由なのでしょう。

もうひとつ、愛車の任意保険の無料一括見積 も見落とせません。ネットだけじゃなく、保険業界の規制緩和や外資・異業種参入の影響もあり、保険選びは保険料比較が欠かせません。

iQ購入@最初の最初


iQを 今すぐに購入するのは、損か? それとも、得か?

少し我慢して、決算期前 や ボーナス商戦まで待てば、iQの値引き交渉に有利に働くこともあるのかも。

でも確実とは言えないですし、時間が経てば愛車の価値も下がります。トータルで見てもiQ購入を我慢する意味はあるのかな?

その判断のためにも、愛車の価値調べが欠かせないです。

もし見込み以上に高い査定で手放せるとしたら、もう買い替えを待つ必要はないはずです。オプションや装備のアップも楽しめそうです。

愛車の価値が思ったほどでもないのなら、値落ちに配慮しつつも、値引き重視で待つのもいいですね。

つまりタイミングも愛車の 査定額しだいです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



iQ購入・値引き・愛車査定にちなんだこぼれ話


ライバル車と比較
どのクルマにもライバル車といわれるクルマがあります。他社メーカーや、場合によっては同じメーカーでもライバル車があります。自動車選びでライバル車と比べてみることもすごくいいことです。もっとよく、特徴や良さを納得する事ができます。ついでに見積ももらえば、値引き交渉の材料としても使えますね。

自動車免許の制度変化
自動車免許も時代に合わせて姿を変えてきています。ゴールド免許が登場したり、高齢者用の仕組みが加わったり、AT限定の免許が加わったり、更新期間が延長されたり、免許証の仕様が変わったり、・・・。変化したときは注目されたことでも、時とともに当たり前のものとなっていきます。

タイヤ選び
タイヤを選ぶときになにを重視するかで選ぶタイヤは違います。静かさとかの乗り心地なのか、燃費なのか、耐久性なのか。値段を重視すれば、海外メーカーのタイヤも選択肢の一つです。なんとなく不安に思うかもしれないけど、そのメーカーの本国では普通に走っているタイヤです。

燃費重視のクルマ選び
燃費を重視するなら、車はコンパクトなほうが有利です。もし長距離や高速運転が少ないなら、軽自動車がいいかもしれません。軽自動車なら税金も安く済みます。また、ハイブリッドカーや電気自動車も選択肢に入ってくるでしょう。初期費用は高くても、維持費で元がとれるかもしれません。

自動車部品の販売店
自動車部品の販売店には2種類あります。一つは整備工場などプロ向けの部品販売。もう一つは、カー用品全般を取り扱う一般ユーザー向けのショップ。大きな違いは定休日にあらわれます。プロ向けの部品販売は日や土が休みとなる一方、一般ユーザー向けは土日が稼ぎ時になります。

iQ買うなら値引きについての便利情報.

トヨタ・iQへの買換えに気分が高まるのはいいことですが、浮足立って損してたらもったいないです。いろんなことが昔とは違っているので、情報収集を省略できません。販売台数の減少や車離れを背景に販売店も昔ほど景気のいいことはできないです。キャンペーンなどを利用してもiQの値引き額には限界があるでしょう。むしろ愛車査定が便利になっていて高く買取る業者発見がカギです。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved