結局値引きだけじゃ不十分!愛車査定も重要


狙いのイストの購入で失敗しないために、ポイントは 2つ

一つは、イスト値引き交渉。もう一つは、下取り査定アップ

値引きのことで頭がいっぱいで、手放す車の価値を見落とす人は多いです。 方法さえ間違わなければ、愛車の査定アップは簡単です。

その方法とは、ネットで利用するカービュー(愛車無料一括査定)です。 わずか数分たらずの簡単入力で、対応できる業者が愛車の査定を競います。

査定はどこも同じと思ってた人も、査定額の差に驚きます。

今すぐ見たい方はコチラ→

今までの常識では車の価値を見落とす理由


業者毎に時間と手間を要した中古車査定は昔の話。

外出不要で、ネットから簡単に、愛車の査定調べ&比較ができる時代です。

海外にも販路を広げた中古車流通を背景に、以前の常識だけで車の価値は判断できません。

走行不能な修理前の事故車や水没車に対応する専門の買取業者もいるほどです。旧モデル・年落ち・低年式・多走行・車検切れでも気軽に査定チェック。予想外の高い査定が見つかることも。

売る・売らないは査定を調べてから考えること。まずは一括査定で愛車の価値をチェック。

交渉力に自信がなくても、対応できる業者どうしが競うので、あなたは比べて選ぶだけ。 初めての人にも、女性にも、忙しい人にも喜ばれる方法です。

イスト値引き!7ポイント


【ポイント(その1)】
イスト値引きに臨む前に!見極めが大事な7項目

・ イスト値引き額
・ 愛車の下取り・買取りの査定額
・ 書類・手続き等の諸費用をサービス
・ オマケ(燃料満タンなど)
・ キャンペーン得点やプレゼント
・ 自動車ローンの金利
・ 国・都道府県・市区町村の補助金・減税

混ぜて考えると、得した気分はあるのに、実質的には ほとんど 値引き されずに失敗ということも。

特にプレゼントやチョットしたオマケに嬉しくなって、交渉を忘れないように。^^

【ポイント(その2)】
イスト見積と ライバル車見積の比較

【ポイント(その4)】
イスト購入:新車・中古・リース他

新車購入だけが全てではないです。例えば中古車(新古車)なら、同じ予算でも車のグレードを上げたり、便利なオプションを充実させることもできます。

「中古車じゃ新車の感動が味わえない」と思うなら、個人向けリースや、残クレ(残価設定クレジット)等も方法です。

最初から「数年後の手放す際の買取り価格」を差し引いた費用を支払う仕組みだから、新車を普通に買うより安く乗れると話題です。

何年かおきに、新しい車に乗り続けていきたいと考える人には、嬉しい方法です。

【ポイント(その5)】
マイカーローンと金利

車のローンをあまり考えずに組んじゃうのは、損かもしれません。その金利、高いかも

ちょっと調べるだけ、もっと低金利のローンが見つかるかもしれません。

自動車購入に関わるローンは銀行・信金等さまざまな選択肢があります。

普段から「各種料金の引落し」や「給与振込み」等で付き合いがある銀行から調べましょう。「優遇金利」が利用できるかもしれないです。

銀行等でのローン申し込みは手続きに時間がかかる場合もあるので、余裕をもった行動が大事です。自分の信用力を最大限活かす には大事なことですし、手間をかけるだけの価値はあります。

【ポイント(その7)】
プラス アルファ

期間限定の キャンペーン、あるいは タイミングによっては 補助金・減税なども あるかも。

キャンペーンには、「キャッシュバック」、「ローン金利の優遇」、「特別なプレゼント」など様々。多様な上に タイミングも 図れないので、あえて待つほどではないですが、利用できるなら メリットはありますね。

減税や 補助金は、国や 自治体が 行う もので、分かりにくいものもあり、注意しないと 気づかないことも。 車の補助金で 特に有名なのは、2010年9月に終了したエコカー補助金。このときの影響力は、すごかったです。

イスト購入でまず何をするか


イスト購入のタイミングを考えると、2つの選択肢があります。

一つ目は、イスト値引き重視で、決算期や、ボーナス商戦、月末まで待つこと。

二つ目は、「愛車の値落ち」や、「イストが欲しい気持ち」を重視して、すぐ動くこと。

選ぶタイミングで、結果に大きな差が出ることも。

どちらにしても、「愛車の今の価値」はスグ調べるべきです。次に購入する車のグレードやオプションも、愛車の 査定額 によっては、ステップアップできるかもしれません。

もし予想外に愛車が高く売れるとしたら、もう迷うことはないはずです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



イスト購入といえば値引きと愛車査定と・・


輸入車
輸入車も昔に比べるとかなり浸透してきました。とはいえまだ憧れの対象としてのステータスがありますね。故障時の整備など時間と費用がかかるデメリットはありますが、近頃は故障もしにくいですし、かなりデメリットが目立ちにくくなっていると思います。でも中古輸入車を購入するときには注意が必要です。

合宿免許
免許の取得といえば自動車教習所に通うのが一般的です。空いた時間を利用して少しづつ進めていきます。一方で、合宿によって集中的に免許を取得するというパターンもあります。この場合、地元教習所ではなく観光も兼ねて遠くまで行く人も。時間がある人には面白い仕組みです。

バッテリー選び
エンジンだけじゃなく、パワーウィンドウやスライドドアなどバッテリーは重要です。カーナビやカーステ、エアコンなど車内の電気需要は快適さとともに増えてる気がします。交換の際に容量アップが必要になるかも。ちなみに話題の再生バッテリーを使えば、容量アップしながらも節約もできるみたい。

ファミリーに人気のクルマ
ファミリーに人気のクルマといえばミニバンでしょう。広い室内空間が人気の理由です。とはいえ、節約志向からコンパクトカーも意外に人気があるようです。遠出のときにはレンタカーを利用するという手もありますしね。普段はコンパクトカーで十分という人は結構多いです。

ナンバーの色
ナンバープレートの色には白地に緑、緑地に白、黄色地に黒、黒地に黄色の4タイプがあります。さらに加えると、自衛隊のナンバープレートや、対角線に赤い車線の入ったナンバープレートもあります。それぞれ目的が異なります。最もポピュラーな白地に緑と、軽自動車の黄色地に黒以外はお目にかかる可能性もグッと低くなりますね。

トヨタ車ってどのくらい値引きできるのかな。イストで挑戦してみるのもいいけど、値引き交渉にばかり目がいって、愛車の価値を見落してたら困ったものです。昔ほど車の販売店も景気がよくないですし、イストについても予想を超えるような値引きはなかなか引き出せないかも。むしろ一括査定が愛車買取りの常識をかえているので、愛車の価値に期待したほうがいい結果が得られると思います。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved