ハラハラの値引き交渉*ワクワクの愛車査定


次のライフへの買い替え前に、見落とせない 2つのこと

ライフ値引き」 の前に「愛車の価値を見落とさない」こと。

価値を見落とさなければ愛車はもっと高いのかもしれません。 驚くほど簡単・気軽に、査定アップの近道があり、多くの人に喜ばれてます。

ネット生まれの愛車無料一括査定「カービュー」なら、たった1回の簡単な情報入力だけで、愛車に対応できる買取業者が、あなたの車の査定を競います。

「知らなかった」では、悔しすぎる便利な方法です。

とりあえず見てみるなら→

愛車の価値を軽くみてはいけない理由


業者毎に時間と手間を要した中古車査定は昔の話。

外出不要で、ネットから簡単に、愛車の査定調べ&比較ができる時代です。

海外にも販路を広げた中古車流通を背景に、以前の常識だけで車の価値は判断できません。

走行不能な修理前の事故車や水没車に対応する専門の買取業者もいるほどです。旧モデル・年落ち・低年式・多走行・車検切れでも気軽に査定チェック。予想外の高い査定が見つかることも。

売る・売らないは査定を調べてから考えること。まずは一括査定で愛車の価値をチェック。

交渉力に自信がなくても、対応できる業者どうしが競うので、あなたは比べて選ぶだけ。 初めての人にも、女性にも、忙しい人にも喜ばれる方法です。

ライフ値引き・7つのツボ


【ポイント(その1)】
ライフ値引きで見落としたくないチェック項目の7つ

・ ライフでの値引き金額
・ 手放す愛車の査定金額
・ サービスする諸費用の金額
・ ガソリン満タン等のオマケ
・ プレゼントやキャンペーン特典
・ オートローンとその金利
・ 対象となる補助金や減税

小出しのお得に喜んでいたら、いつのまにか本命の 値引き・愛車査定 がイマイチという場合もあります。

小さな喜びの数に惑わされずに冷静に臨みたいですね。^^

【ポイント(その2)】
別のライフ か ライバル車 との見積比べ

プロの営業マン相手に、駆け引きや交渉術だけで挑むのは難しいです。

面倒に思うかもしれませんが、他店の「見積」や「値引き」と比較することで、自分もより納得できます。 また、営業マンにそのことを伝えることで、本気の「値引き」を引き出すことができるかも。 たった一つのお店の「言い値」 を信じる というスタイルは 卒業しましょう。

【ポイント(その4)】
ライフ購入:新車・中古・リース他

新車購入だけが全てではないです。例えば中古車(新古車)なら、同じ予算でも車のグレードを上げたり、便利なオプションを充実させることもできます。

「中古車じゃ新車の感動が味わえない」と思うなら、個人向けリースや、残クレ(残価設定クレジット)等も方法です。

最初から「数年後の手放す際の買取り価格」を差し引いた費用を支払う仕組みだから、新車を普通に買うより安く乗れると話題です。

何年かおきに、新しい車に乗り続けていきたいと考える人には、嬉しい方法です。

【ポイント(その7)】
まだあるコツ

時期・内容などのキャンペーン情報と、念のため補助金・減税も要確認です。

お祭り騒ぎの見た目に騙されずに、キャンペーンの内容をしっかり見極めたいです。プレゼントや懸賞、キャッシュバック、ローン金利の優遇、・・。 期待しすぎて失敗しないように惑わされない冷静さも大事です。

減税とか補助金って、条件が複雑だったりで、一般の人には理解しにくいこともあります。見落とさないように、販売店の詳しい人を捕まえることも大事です。(2010年9月終了のエコカー補助金ほどのものを今後も期待したいですね。)

ライフ購入でまず何をするか


ライフ購入のタイミングを考えると、2つの選択肢があります。

一つ目は、ライフ値引き重視で、決算期や、ボーナス商戦、月末まで待つこと。

二つ目は、「愛車の値落ち」や、「ライフが欲しい気持ち」を重視して、すぐ動くこと。

選ぶタイミングで、結果に大きな差が出ることも。

どちらにしても、「愛車の今の価値」はスグ調べるべきです。次に購入する車のグレードやオプションも、愛車の 査定額 によっては、ステップアップできるかもしれません。

もし予想外に愛車が高く売れるとしたら、もう迷うことはないはずです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



ライフ購入と値引き・愛車査定の知識とその他


自動車のカラー
自動車のカラー、昔に比べるとものすごく多様化しています。カラーが違うと同じ車種でも印象は違ってきます。自分に合ったカラーを選びたいですね。とはいえ、将来の乗り換えのことを考えると、マニアックな色だと買取査定に影響することもあります。こだわりがなければ、人気色を選ぶのが無難な選択です。

最高速度の不思議
公道を走る場合かならず制限速度があります。ところが、ほとんどの自動車の最高速度は、道路の制限速度をはるかに越える能力をもちます。スピード違反をしない限り、出す事ができないはずのスピードを、ほとんどのクルマが標準的にもっているのは、考えてみると違和感がありますね。

免許をとると
免許をとるとクルマが欲しくなります。そのため、免許取得の多い時期には、クルマもよく売れるそうです。そういう時期は販売店も強気になれそうですね。注意が必要だと思います。ただ、一方で販促を強化しようとする販売店もあるかもしれません。値引き交渉にはその当りの見極めも大事かも知れませんね。

マイカーローンの金利と審査
マイカーローンの金利は審査が厳しいところほど低い傾向があります。当たり前のことですが。できるだけ低金利のマイカーローンを利用するなら、厳しい審査も面倒がらずに受けてみましょう。それが自分の信用力をムダにしない最善の方法ですね。手続が楽というだけで、ローンを選ぶのはもったいないです。

ユーザー車検
規制緩和で自分の車は、自分で車検を受けられるようになりました。とはいえ、平日の時間が必要だったり、ムズカシそうなイメージなどから、実際にユーザー車検を利用している人は一握りでしょう。ただ、車検業界を変えるには大きなインパクトになったことは間違いないです。多様な車検サービスが登場しましたからね。

ホンダ車のライフはどこまで値引きできるのかな。でも値引きも大事だけど、愛車の査定調べも忘れられないです。下取り査定だけではなく、買取業者の査定も含めて比べることが、いい結果をもらうコツです。昔と格段に違い、楽に査定比べできるのですから。高い査定が見つかればライフの装備ももっと充実したものにできるはず。オプションやグレードなどの嬉しい見直しにもつながるかも。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved