女性にも一括査定なら簡単!値引き交渉の前に


うっかりミスが、マーチ購入で損する原因です。

マーチ値引き交渉に固執しすぎて、愛車の価値を見損なわないで。

たとえ値引き交渉が思い通りに進まない場合でも、焦りやイライラを抑えて、愛車の価値にも目を向けられる「バランス感覚」がカギになります。

忙しくても、初めてでも、簡単・気軽に使えるカービュー・愛車無料一括査定が今や常識です。業者に会う前に、愛車の査定額で業者を選べるから安心。

愛車の最高額を、どの業者が提示するのか?結果が楽しみ。

ちょっと試してみる→

愛車の価値を軽くみてはいけない理由


誰もが愛車査定を簡単・気軽にできる時代です。

ネットで簡単になった一括査定で、査定額を見てから業者が選べる時代です。

規制緩和後、国外でも人気の中古車だから、国内の相場だけで査定額は決められません。

たとえば、誰もが廃車を覚悟するような、自走できない事故車・水没車でも修理前のまま買い取るダメージカー専門業者もあります。低年式・型落ち・多走行くらいのことで希望を失わないで。

比べるから人気の高年式・高級車・輸入車の場合でも、もっと高値の期待も膨らみます。

やることは簡単。わずか数分程度の入力だけ。あなたの愛車に対応できる業者からの査定を見て選べます。業者間で競ってもらうのが、業者に足元を見られない一番の方法でしょう。

マーチ値引きUPへ7項目


【ポイント(その1)】
マーチ値引きに臨む前に!見極めが大事な7項目

・ マーチ値引き額
・ 愛車の下取り・買取りの査定額
・ 書類・手続き等の諸費用をサービス
・ オマケ(燃料満タンなど)
・ キャンペーン得点やプレゼント
・ 自動車ローンの金利
・ 国・都道府県・市区町村の補助金・減税

混ぜて考えると、得した気分はあるのに、実質的には ほとんど 値引き されずに失敗ということも。

特にプレゼントやチョットしたオマケに嬉しくなって、交渉を忘れないように。^^

【ポイント(その2)】
ライバル車か マーチで 見積を比較

値引き交渉で、営業マンからギリギリを引き出すには、準備も大事です。

「もっと値引きが必要」と営業マンに思わせるには、競争相手の存在が効きます。つまりライバル店のライバル車の「見積」と比べること。調べてみると、予想外の気づき・お得が見つかることもあります。 お店の「言い値」はどこまで下がる? しっかり準備して挑戦しましょう。

【ポイント(その3)】
大事なマーチの購入タイミング

販売店のキャンペーン等でプレゼントやキャッシュバックがある期間を見逃したら悔しいです。

値引き交渉でもタイミングは大事。 値引き が成功しやすい時期 、つまり販売店が急いでも売りたい時期を狙います。

決算直前は営業成績の都合で、ノルマ・販売状況によっては値引きの意欲が高まることも。3月や9月が一つの目安。またボーナス商戦時期も、他社・他店に負けられないから意欲が高いです。普段では月末のほうが有利とされます。

でも値引き交渉のタイミングを考えて、購入時期を先送りするのは、愛車の値落ちリスクを高める 要因です。

「愛車の値落ちリスク」と「マーチの欲しい気持ち」を優先するなら行動は早いほうがいいのかも。

今動くべきか? 月末まで様子見か? はたまた次のボーナスや決算期まで待つか? 愛車の価値や、交渉の流れを踏まえた判断を。

【ポイント(その6)】
インターネットの影響

自動車に関する「常識」も、インターネットの影響を受けてます。

気軽に利用できる 愛車の無料一括査定 もそうです。

ネットの気軽さは、新車見積や、中古車選び、リース等にも影響を及ぼし、ネットの存在感は無視できません。

車ほど、サイズも金額も大きな物でも、ネットで大丈夫なの?」という疑問は、だんだん聞かなくなってきました。

保証などの安心して利用できる仕組みや、多くの人に利用されている実績が、人々からの印象も変えている理由なのでしょう。

もうひとつ、愛車の任意保険の無料一括見積 も見落とせません。ネットだけじゃなく、保険業界の規制緩和や外資・異業種参入の影響もあり、保険選びは保険料比較が欠かせません。

マーチ購入は最初が肝心


マーチの購入は「今すぐ」がいいのか?それとも「まだ早い」のか?

マーチ値引き交渉を有利に進めたくて、決算期前 とか、ボーナス商戦まで待つのは、意味があるのでしょうか?

時間をかけ過ぎると、ムダに愛車の値落ちが進みます。「マーチに早く乗りたい」気持ちを優先して、今すぐの行動にも一理あります。

まずは愛車の価値を調べて、「今すぐ行動」のメリットを知ることです。

予想通りの査定額で、暫く値落ちの心配がなければ、待つのもいいでしょうね。 でも予想外に愛車査定が高い ときは、待つ必要はないのかも。

タイミングは「愛車の査定額しだい」ですね。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



マーチだけじゃない車の買い替えの常識いろいろ


カーナビ
自動車でカーナビを使うことが、当たり前になったけど、グーグルマップが進歩したおかげで、スマホがそのままカーナビになる時代です。しかも道路情報だけじゃなく、交通情報なども加味したような最適ルートを提案しているのはすごいですね。どんどんカーナビが手放せないです。

免許の失効
自動車免許は更新が必要です。更新しなければ失効して免許の効力は失われます。つい手違いなどで失効する「うっかり失効」ということばもあります。失効した場合、一発受験で免許取得を目指す人もいますが、結構難しいそうです。お金はかかりますが、自動車学校にいったほうがいいようです。ですので「うっかり」失効なんて絶対やってはいけませんね。もったいないです。

試乗車の活用
車選びのとき新車の場合は販売店に試乗車がある場合もあります。実際に乗って、運転してみて気づくこともあるので、試乗車があるのなら乗ってみて考えることも大事です。単に販売店への気兼ねから、遠慮するのはもったいないかも。営業はされるでしょうけど、それはある意味、税金みたいなものですね。

ライトの向き
自動車のヘッドライトの向きは左寄りに設定されているそうです。対向車に眩しくないように配慮されたもののようです。とはいえ、暗い細道を走るときには、右側が暗いことに注意しないと、歩行者を見落とす心配もあります。暗い細道は、いつもより右側に気を配る必要がありそうです。

試乗を利用
クルマ選び、新車購入なら特に試乗は大事です。カタログやデータでは分からないものが得られます。車内の雰囲気、音、ニオイなどなど。そのクルマに乗る喜びもお試しできます。期待したけど、乗ってみてつまらないクルマでは残念です。試乗することで、チェックできるはず。試乗は外せませんよ。

マーチを値引き交渉でトコトン安く買えたとしても、時間がかかりすぎて愛車の値落ちが進んでしまっては意味がないかも。愛車の価値と値引き額のバランスが重要です。日産も市場拡大していた時代とは違い、なかなか値引きが厳しいです。マーチの値引きに夢中になる前に愛車の査定で業者を選び最大限の下取りを成功させることが大事です。値引きは無理でもオプションや装備で得する方向はアリかも。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved