ギリギリを狙うなら!値引きの前に愛車査定UP


ポロの場合も、車購入で失敗しない人の共通点が参考に。

ポロの値引きと、愛車下取り額のバランス感覚が大事。

過去の常識や興味のまま、値引きだけに夢中になるのは禁物。今の愛車の価値、あなたが気づいていない値打ちが隠れていることも。

愛車の価値に気づくのは簡単です。ネットの一括査定(カービュー)なら数分程度の簡単入力で、査定額に自信がある業者が、愛車査定を競う仕組み。

売るかどうかは査定額しだい。試さないのはもったいないです。

24時間いつでもOK→

期待していいのかな?愛車の価値に


いきなり店頭査定しかなかった中古車査定も一変。

店頭査定の前に、愛車査定はネットから簡単に比較までできちゃうんです。

どこも同じと思ってた査定も、海外にまで販路が広がったことで価値観が多様化してます。

前ならどこに持ち込んでも廃車しかない車でも買取されてます。型落ち・年落ちの低年式や多走行車にも可能性はあります。動かない事故車・水没車にはダメージカー専門業者もあるほど。

もっと高い可能性があるのに、簡単に一括査定が使えるのに、何もしないのは残念すぎます。

することは簡単な入力だけで、所要時間は数分程度。すると、あなたの愛車に対応できる業者が査定を競います。本気の査定が期待できますね。あなたは選ぶだけ。

ポロ値引き*7ポイント


【ポイント(その1)】
ポロ値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

・ ポロの値引き
・ 愛車の査定アップ
・ 諸費用のサービス
・ おまけ(ガソリン満タンなど)
・ キャンペーン・プレゼント
・ ローンと金利
・ 補助金・減税

ゴチャゴチャにしてしまうと、なんとなく得した気分のまま、あまり 値引き されなかった ということも。

目先のプレゼントやオマケに惑わされないように。^^

【ポイント(その2)】
別のポロ か ライバル車 との見積比べ

プロの営業マン相手に、駆け引きや交渉術だけで挑むのは難しいです。

面倒に思うかもしれませんが、他店の「見積」や「値引き」と比較することで、自分もより納得できます。 また、営業マンにそのことを伝えることで、本気の「値引き」を引き出すことができるかも。 たった一つのお店の「言い値」 を信じる というスタイルは 卒業しましょう。

【ポイント(その3)】
理想のタイミングとポロ購入

キャッシュバックやプレゼント特典などのキャンペーンって欲しいときには無かったり。

値引き に有利な時期 を狙うには、店側が売り急ぐ時を見つけるのが一番ですが・・。

もし決算前に販売台数のノルマ達成で店側が焦ってたら、3月・9月は狙い目かも。 ボーナス商戦は他社と競争で意欲的かも。 月末のほうが可能性が高いかも。 と、いずれも「かも」だらけ。

絶好のタイミングは、一般の人には見えない事情も多く、判断が難しいです。一方で、様子見で過ぎた時間の分だけ愛車の価値は下がります。

案外、「愛車の価値」と「すぐにでもポロが欲しい!」という気持を優先したほうが得かもしれません。

理想のタイミングを狙って粘るか? あるいは今行動するか? 今の愛車の価値を知ることで、見えてくる選択肢もあります。

【ポイント(その4)】
ポロは新車購入だけが 方法じゃない

新車もいいですが、中古車(新古車)という選択もあります。 お得な中古車にして、グレードアップやオプションに、お金をかけるという方法もあります。

どうしても新しいクルマにコダワルなら、「残クレ(残価設定クレジット)」や「個人向けリース」という方法もあります。

これらは大雑把にいうと、数年後の買取り価格を設定して、購入費用からその分を差し引いて支払うという仕組み。

数年サイクルで、いつも新しいクルマに乗り続けたいという人には、ピッタリの仕組みです。

【ポイント(その6)】
インターネットの利用

インターネットが自動車に関する常識を、どんどん変えてます。

例えば、最初に解説した 愛車無料一括査定 もその一つ。

そしてさらに、新車見積、中古車見積、リースなどでもインターネットが利用され、実績もあげています。

クルマの場合、「実物を見ないと安心できない」ということで、インターネットはなじまない と思うかもしれませんが・・・。

各社、安心してクルマ選びができるように、保証などの さまざまな工夫 があります。 一見の価値は、あると思います。

他には、自動車保険の無料一括見積 もすごく便利です。 自動車保険も競争の時代。 毎年、見積比較でベストの保険を選ぶのもアリですね。 もちろん安心できる保険会社から選ぶことが基本ですが。

【ポイント(その7)】
まだほかにも

たとえば、不定期なキャンペーンとか、気づきにくい補助金・減税などもあります。

キャンペーンは、お店側の販促です。独自のものや、コラボしたりで様々です。「プレゼント」「キャッシュバック」「ローン金利の優遇」・・・。値引き交渉と相性のいいものは、特に見落とせません。

減税・補助金は、販売店の損にはならないため、販売店もけっこう協力的です。分かり難いところは相談してみるといいでしょう。(ちなみに補助金といえば、2010年9月に惜しまれながら終了したエコカー補助金は絶大でした。)

ポロ購入@最初の最初


ポロ購入のタイミングを考えると、2つの選択肢があります。

一つ目は、ポロ値引き重視で、決算期や、ボーナス商戦、月末まで待つこと。

二つ目は、「愛車の値落ち」や、「ポロが欲しい気持ち」を重視して、すぐ動くこと。

選ぶタイミングで、結果に大きな差が出ることも。

どちらにしても、「愛車の今の価値」はスグ調べるべきです。次に購入する車のグレードやオプションも、愛車の 査定額 によっては、ステップアップできるかもしれません。

もし予想外に愛車が高く売れるとしたら、もう迷うことはないはずです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



ポロ*値引き・査定の以外にも車の常識


グレード選び
クルマ選び、車種が決まったらグレード選びも。グレードによって性能や装備も変わってきます。中には必要ないものもあるでしょうから、必ずしも上位グレードがいいとはかぎりませんが、グレードは高いほうが何かと快適です。憧れの車の低いグレードもいいですが、お馴染みの車の最高グレードを選ぶという方法もアリですよ。

セダンやバン
昔はクルマといえば、セダンやバンが主流でした。昭和を代表するクルマはセダンが多いです。しかし、今はミニバンやハッチバックなどニーズが多様になりました。とはいえ社用車として使われるクルマには、まだまだセダンやバンが多いです。純粋にクルマとしての機能を重視すれば、セダンやバンに行き着くのかもしれません。

日産
往年のダットサンや、フェアレディZ、スカイライン、セドリックなどの車で知られる自動車メーカーです。「技術の日産」と親しまれていた時代もありました。経営危機を経て1999年にルノー傘下に入りました。日産リバイバルプランを経て、車種も大幅に刷新されていったのでした。

タイヤの寿命
一般にタイヤの交換時期は溝の残り具合で決まります。ところがスタッドレスタイヤの場合は少し違います。溝があってもゴムの劣化でブレーキなどの効きが悪くなるので、3~4年を目安に交換することもあります。タイヤの製造時期はタイヤの側面にかかれているので見方を知っておくことも大事です。

自動車と公害
自動車はその排気ガスや騒音・振動などにより、過度の交通量により公害を引き起こす事があります。尼崎大気汚染公害訴訟など有名な訴訟もあります。ところで、車の台数が減ったり、燃費が向上したり、ハイブリッドカーや電気自動車が増えてくると、このような問題も同時に少なくなっていくことでしょう。

フォルクスワーゲンといえども昔のような値引きは難しいでしょう。成長市場だったころのシェア争いの時代は終わり、台数を伸ばすためのむちゃくちゃなポロ値引きは今では期待できません。一方で中古車流通の海外への拡大や、一括査定による査定比べの環境が整ったことで、車に詳しくなくても愛車の価値を見落さなくて済むようになってます。新常識を見落さないことが大事。ポロへの買換えで成功するために。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved