まぐれじゃない!愛車の高価買取&値引き交渉


意中のプレミオでも、買替え方を間違うと喜べなくなります

プレミオ値引きに夢中過ぎて、愛車の価値を見落とす 失敗です。

愛車の査定比べが簡単・気軽になり、簡単な手続きで価値を見落す心配はなくなってます。それだけに、もし見落としたら悔しすぎます。

愛車の無料一括査定の「カービュー」。たった1度だけの簡単入力で、あなたの愛車に対応できる業者が査定で競います。 業者を探す手間さえ不要。

昔は詳しい人しかできなかった「査定比べ」が手軽です。

いつでも試せます!→

マイカーの査定額に喜ぶ人・凹む人の差


業者毎に時間と手間を要した中古車査定は昔の話。

外出不要で、ネットから簡単に、愛車の査定調べ&比較ができる時代です。

海外にも販路を広げた中古車流通を背景に、以前の常識だけで車の価値は判断できません。

走行不能な修理前の事故車や水没車に対応する専門の買取業者もいるほどです。旧モデル・年落ち・低年式・多走行・車検切れでも気軽に査定チェック。予想外の高い査定が見つかることも。

売る・売らないは査定を調べてから考えること。まずは一括査定で愛車の価値をチェック。

交渉力に自信がなくても、対応できる業者どうしが競うので、あなたは比べて選ぶだけ。 初めての人にも、女性にも、忙しい人にも喜ばれる方法です。

プレミオ値引きは7ポイント


【ポイント(その1)】
プレミオ値引きで見落としたくないチェック項目の7つ

・ プレミオでの値引き金額
・ 手放す愛車の査定金額
・ サービスする諸費用の金額
・ ガソリン満タン等のオマケ
・ プレゼントやキャンペーン特典
・ オートローンとその金利
・ 対象となる補助金や減税

小出しのお得に喜んでいたら、いつのまにか本命の 値引き・愛車査定 がイマイチという場合もあります。

小さな喜びの数に惑わされずに冷静に臨みたいですね。^^

【ポイント(その2)】
比較の力・プレミオ とライバル車 の見積比較

お店の本気の「値引き」を引き出すには、準備が欠かせません。

「値引きがもっと必要な理由」を客観的に示すには、負けたくないライバル店のライバル車の「見積」が一番です。でも調べてみたら、本命がそっちに変るほどの嬉しい発見があることも。 店の「言い値」や説得に負けない準備 があると、交渉ももっと自信をもって進められます。

【ポイント(その3)】
タイミングも重要@プレミオ購入

たとえばキャンペーンでのプレゼントやキャッシュバックって、普通の値引きよりお得なのかな?

値引きを引き出しやすい時期 って、どんなときでしょうか? それは販売店が、売り急ぎたい理由があるときです。

たとえば決算直前などの3月や9月なのに、販売台数が不足のときはチャンスかも。キャンペーンも販売計画の一環で力を注ぐ分、普段よりお得っぽいですね。ボーナス商戦や、あるいは月末も比較的有利といわれます。

ただタイミングばかり考えて、先延ばしが続くと、その分愛車の買取り価値は値落ち します。

「愛車の買取り価値」を考えれば、行動は早いほうがいいのかもしれません。本当は「プレミオが欲しい」ときこそ買い時なのかも。

次の3月や9月まで待ってみるか? ボーナス時期か? 月末か? それとも、今スグか? 愛車の価値を調べると答えは出るかも。

【ポイント(その5)】
マイカーローンと金利

車のローンをあまり考えずに組んじゃうのは、損かもしれません。その金利、高いかも

ちょっと調べるだけ、もっと低金利のローンが見つかるかもしれません。

自動車購入に関わるローンは銀行・信金等さまざまな選択肢があります。

普段から「各種料金の引落し」や「給与振込み」等で付き合いがある銀行から調べましょう。「優遇金利」が利用できるかもしれないです。

銀行等でのローン申し込みは手続きに時間がかかる場合もあるので、余裕をもった行動が大事です。自分の信用力を最大限活かす には大事なことですし、手間をかけるだけの価値はあります。

プレミオ購入*大事な一歩


プレミオを 今すぐに購入するのは、損か? それとも、得か?

少し我慢して、決算期前 や ボーナス商戦まで待てば、プレミオの値引き交渉に有利に働くこともあるのかも。

でも確実とは言えないですし、時間が経てば愛車の価値も下がります。トータルで見てもプレミオ購入を我慢する意味はあるのかな?

その判断のためにも、愛車の価値調べが欠かせないです。

もし見込み以上に高い査定で手放せるとしたら、もう買い替えを待つ必要はないはずです。オプションや装備のアップも楽しめそうです。

愛車の価値が思ったほどでもないのなら、値落ちに配慮しつつも、値引き重視で待つのもいいですね。

つまりタイミングも愛車の 査定額しだいです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



プレミオでオマケの話題:購入値引き・愛車査定


マツダ
広島県に根差した自動車メーカーです。マツダといえばやはりロータリーエンジンで知られます。またロードスターも世界的に知られる車です。経営危機により一時期フォードと関係を強化した時期もありました。「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズやスカイアクティブ・テクノロジーもマツダです。

プラグインハイブリッド
電気自動車とハイブリッドカーの中間的な存在、プラグインハイブリッド。プラグで家庭用電源から充電が可能なハイブリッドカーです。ハイブリッドカーをベースに電池を強化して実現した車。家庭用電源で充電できることで、ガソリンスタンドの出番が少なくなっていきそうです。

タイヤの寿命
一般にタイヤの交換時期は溝の残り具合で決まります。ところがスタッドレスタイヤの場合は少し違います。溝があってもゴムの劣化でブレーキなどの効きが悪くなるので、3~4年を目安に交換することもあります。タイヤの製造時期はタイヤの側面にかかれているので見方を知っておくことも大事です。

セダンやバン
昔はクルマといえば、セダンやバンが主流でした。昭和を代表するクルマはセダンが多いです。しかし、今はミニバンやハッチバックなどニーズが多様になりました。とはいえ社用車として使われるクルマには、まだまだセダンやバンが多いです。純粋にクルマとしての機能を重視すれば、セダンやバンに行き着くのかもしれません。

自動車もボーナス商戦
自動車の場合もボーナス時期は大きな商戦です。どのメーカーもディーラーもキャンペーンやプレゼントを用意して販促に力を入れています。この時期を逃すまいと自動車の販売を競ってる時期だけに、実は値引きやオマケなどを引き出すにはいい時期でもあります。

プレミオ値引きに知識と時間と手間をかけても、トヨタの販売店がどこまで屈するかは不透明です。シェア重視の昔と違い、販売店も利益確保が至上命題。昔のような値引きをプレミオで引き出すことは夢物語なのかも。ただ一方で、愛車の下取りには強い追い風もあります。一括査定が査定比べを簡単にし、「高価買取」のイメージだけじゃなく、本当に高い業者を簡単に見つけることができる時代です。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved