まずは査定アップで弾みをつけてから値引きへ


プロボックス値引きで後悔しないために、忘れてはいけない 2つ

プロボックス値引き」も大事だけど「愛車の査定」も大事です。

値引きに夢中になりすぎて、愛車の価値を見落としたらもったいないです。 車の価値を一つの業者の言い値で決める時代ではないです。

ネットの普及で生まれた「カービュー」愛車無料一括査定が話題です。 たった1度だけの簡単入力で、愛車に対応できる業者の査定を比べて選べます。

予想外の査定額の差に、びっくりすることになるかも。

「善は急げ!」で試してみる→

見落とす人・見落とさない人の差@車の価値


近頃の中古車査定は、面倒だった昔と違います。

インターネットが、愛車の査定比較を ビックリするほど カンタンに しました。

また、途上国など海外での日本の中古車人気など、中古車ニーズの裾野も広がってます。

そのため、昔なら廃車と あきらめてた、古い車(低年式車・多走行車)や、事故車・水没車・走行不能車などでも買取りされたと 喜ばれることも。 事故車や不動車の 専門業者もあるほどです。

愛車の価値は、インターネットでカンタンに一括査定で チェックするのが今の常識です。

たった数分のカンタン入力で、あなたの愛車の査定を、買取店が競う仕組み。 利用者は 既に200万人以上。 知らずに愛車を手放した人が、本気で悔しがってます。

プロボックス値引きの7ポイント


【ポイント(その1)】
プロボックス値引きに臨む前に!見極めが大事な7項目

・ プロボックス値引き額
・ 愛車の下取り・買取りの査定額
・ 書類・手続き等の諸費用をサービス
・ オマケ(燃料満タンなど)
・ キャンペーン得点やプレゼント
・ 自動車ローンの金利
・ 国・都道府県・市区町村の補助金・減税

混ぜて考えると、得した気分はあるのに、実質的には ほとんど 値引き されずに失敗ということも。

特にプレゼントやチョットしたオマケに嬉しくなって、交渉を忘れないように。^^

【ポイント(その2)】
別のプロボックス か ライバル車 との見積比べ

プロの営業マン相手に、駆け引きや交渉術だけで挑むのは難しいです。

面倒に思うかもしれませんが、他店の「見積」や「値引き」と比較することで、自分もより納得できます。 また、営業マンにそのことを伝えることで、本気の「値引き」を引き出すことができるかも。 たった一つのお店の「言い値」 を信じる というスタイルは 卒業しましょう。

【ポイント(その6)】
インターネットの力

カーライフにおいても、インターネットの存在感はすごいです。

愛車を無料で一括査定 できるのも、ネットのおかげです。

新車の見積も、中古車探しも、リースなども、ネットが関わり、ノウハウやコツも変わってきています。

以前なら「実物を見て・触れないと納得できない」という話もありましたが、近ごろはそんな不満も、あまり耳にしなくなりました。

保証等の工夫や、積み重ねてきた実績などが、状況を変えてきたからでしょう。昔の方法に捕らわれてたら、もったいないかも。

ネットの方法といえば、任意保険の一括見積 も欠かせません。 最初に保険料を比較でき、節約できる金額が分かるから保険比較のやる気は格段に上がります。ネットってすごいです。

【ポイント(その7)】
まだあるコツ

時期・内容などのキャンペーン情報と、念のため補助金・減税も要確認です。

お祭り騒ぎの見た目に騙されずに、キャンペーンの内容をしっかり見極めたいです。プレゼントや懸賞、キャッシュバック、ローン金利の優遇、・・。 期待しすぎて失敗しないように惑わされない冷静さも大事です。

減税とか補助金って、条件が複雑だったりで、一般の人には理解しにくいこともあります。見落とさないように、販売店の詳しい人を捕まえることも大事です。(2010年9月終了のエコカー補助金ほどのものを今後も期待したいですね。)

プロボックス購入の手始めはコレ!


プロボックス購入で選ぶべきタイミングは、「待ち」か?「今すぐ」か?

プロボックスの値引き しやすいタイミングを狙い、月末や、決算期前、ボーナス商戦まで待つ人もいます。

しかし待っている間にも、愛車の値落ちは進みます。プロボックス購入を我慢するほどのメリットがないとすれば、今すぐ動くのもアリです。

どちらを選ぶのが、いいのでしょうか?

それを考える上で、まず「愛車の価値」を調べることが欠かせません。愛車の 査定額 が、もし見込みより高ければ、もう待つ必要はないのかもしれません。

愛車の価値しだいでは、オプションやグレードに嬉しい変更を加えられるかも。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



プロボックス:笑われないための知識


ハッチバッグ
後部にセダンのようなトランクではなく、室内とつながるバックドアがついている車です。多くの場合跳ね上げ式のドアとなっています。荷物を置くためのスペースですが、室内とつながっているので、ハッチバックから入れたものを室内から取り出すことができるのはトランクと大きな違いでしょうね。

タイヤの歴史
今ではチューブレスが当たり前ですが、昔のタイヤにはチューブが入っていました。また粉じん問題で姿を消したスパイクタイヤというのもありました。雪道にはすごい効果がありましたが、雪解け後の走行の問題で姿を消しました。その代わりに出てきたのがスタッドレスタイヤです。

自動車保険と事故対応
自動車保険選びでは保険料比較に目がいきがちですが、事故対応についてもしっかりチェックすることが大事です。事故の時って心細いですし、きちんと対応してくれることを確認できると安心ですね。保険会社の対応の守備範囲を知ることも大事。

スズキ
スズキといえば軽自動車でしょう。四輪だけじゃなく二輪での存在感もあります。アルトやワゴンRが昔から超有名で、時代をつくった車と行っても過言ではないでしょう。アウトドアではエスクードも支持されています。ハスラーは奇抜なデザインと人気で存在感があります。

ロードサービス
事故や故障などのトラブルの時に便利なのがロードサービスです。JAFが有名ですが、近ごろはクレジットカードの付帯サービスや、自動車の任意保険の付帯サービスとしてついていることもあります。万一のときに慌てないために、加入しておきたいサービスの一つでしょう。

愛車を手放すときのプロボックス下取りと値引き交渉力アップの大事なこと.

トヨタ・プロボックス購入で力やお金を使い果たすのではなく、余力と資金を残しておくためにも、簡単にできるお得・節約は上手に活用すべきです。プロボックスに詳しくても、時代遅れの考えに捉われていたら残念です。規制緩和、外資参入、車離れ、ネットの普及など社会背景の変化もあり、常識も昔とはかなり違うものになっています。カーライフを充実したものにするために、必要な知識はつけておくことが大事。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved