迷ったら値引きより愛車の価値を優先する理由


R1値引きで後悔しないために、忘れてはいけない 2つ

R1値引き」も大事だけど「愛車の査定」も大事です。

値引きに夢中になりすぎて、愛車の価値を見落としたらもったいないです。 車の価値を一つの業者の言い値で決める時代ではないです。

ネットの普及で生まれた「カービュー」愛車無料一括査定が話題です。 たった1度だけの簡単入力で、愛車に対応できる業者の査定を比べて選べます。

予想外の査定額の差に、びっくりすることになるかも。

ちょっと試してみる→

見落とす人・見落とさない人の差@車の価値


業者毎に時間と手間を要した中古車査定は昔の話。

外出不要で、ネットから簡単に、愛車の査定調べ&比較ができる時代です。

海外にも販路を広げた中古車流通を背景に、以前の常識だけで車の価値は判断できません。

走行不能な修理前の事故車や水没車に対応する専門の買取業者もいるほどです。旧モデル・年落ち・低年式・多走行・車検切れでも気軽に査定チェック。予想外の高い査定が見つかることも。

売る・売らないは査定を調べてから考えること。まずは一括査定で愛車の価値をチェック。

交渉力に自信がなくても、対応できる業者どうしが競うので、あなたは比べて選ぶだけ。 初めての人にも、女性にも、忙しい人にも喜ばれる方法です。

R1値引き・7つのツボ


【ポイント(その1)】
R1値引きで失敗しないため、以下の7項目は別々に考えましょう

【ポイント(その2)】
R1 または ライバル車 の見積比較

【ポイント(その3)】
R1購入は良いタイミングで

時期によっては、キャッシュバックやプレゼントなどのキャンペーンが行われてる場合があります。

また、値引きの場合も、時期によって 値引き されやすい時期 があります。 つまり販売店が、売り急ぐときです。

一般的には、決算などのある3月や9月が、値引きされやすい といわれてます。 そのほか、ボーナス商戦の時期も、他社に顧客を奪われないようにガンバル可能性は高いでしょう。 また、月末も比較的有利といわれてます。

一方でタイミングをうかがって、様子見が続くと、愛車の価値は時間が経つと下がっていく 可能性があります。

「愛車の価値」や「R1が欲しい!」という気持を優先すれば、早い行動がベストかもしれません。

スグ購入か? 月末までは粘ってみるか? ボーナス時期・3月・9月まで待ってみるか? 交渉の流れも見ながら判断でしょうね。

【ポイント(その4)】
R1は新車購入だけが 方法じゃない

新車もいいですが、中古車(新古車)という選択もあります。 お得な中古車にして、グレードアップやオプションに、お金をかけるという方法もあります。

どうしても新しいクルマにコダワルなら、「残クレ(残価設定クレジット)」や「個人向けリース」という方法もあります。

これらは大雑把にいうと、数年後の買取り価格を設定して、購入費用からその分を差し引いて支払うという仕組み。

数年サイクルで、いつも新しいクルマに乗り続けたいという人には、ピッタリの仕組みです。

【ポイント(その5)】
オートローンを選ぶ

販売店の勧めるローンを利用するのが手続きはカンタン。 でも、金利的には高め のことも。

あなたの信用力なら、もっと低金利でローンが組めるかもしれません。

銀行や信組などのマイカーローンやオートローンもチェックしたいところです。

特に、給与振込みや、各種引落しを利用している銀行等なら、優遇金利で融資してもらえるかもしれないので、先にチェックしたいです。

とはいえ銀行等のローンの場合、審査など手続が必要になりますので、少し手間はかかります。 でも、あなたの信用力をムダにしない ためには、チャレンジする価値はあると思います。

【ポイント(その6)】
インターネットの利用

インターネットが自動車に関する常識を、どんどん変えてます。

例えば、最初に解説した 愛車無料一括査定 もその一つ。

そしてさらに、新車見積、中古車見積、リースなどでもインターネットが利用され、実績もあげています。

クルマの場合、「実物を見ないと安心できない」ということで、インターネットはなじまない と思うかもしれませんが・・・。

各社、安心してクルマ選びができるように、保証などの さまざまな工夫 があります。 一見の価値は、あると思います。

他には、自動車保険の無料一括見積 もすごく便利です。 自動車保険も競争の時代。 毎年、見積比較でベストの保険を選ぶのもアリですね。 もちろん安心できる保険会社から選ぶことが基本ですが。

【ポイント(その7)】
その他

利用できるキャンペーンや、補助金・減税などは取りこぼしなく利用したいです。

ちなみにキャンペーンには、いろんなタイプがあります。 「キャッシュバック」や「ローン金利の優遇」、「プレゼント」、・・・。 でも どんなキャンペーンが いつあるのか、事前の予測が難しいのが残念です。

減税や補助金は、時期や条件などが分かりにくく、気づきにくいことも少なくないです。 取りこぼしの無いように、チェックしたいです。 ちなみに、補助金といえば2010年9月に終了したエコカー補助金の効果は、凄まじかったです。

R1購入・意外な手始め


R1を購入するには「今がいい」のか?「今はダメ」なのか?

もしかしたら、ボーナス商戦や、決算期前、又は月末などのほうが、R1の値引きはしやすいのかも。

でも時間の経過は、愛車の値落ちにつながります。欲しいR1の購入を我慢するほどの価値はあるのかな?

タイミングを考えるときに欠かせない情報があります。それが「愛車の今の価値」。案外、愛車の 査定額しだい なのかも。

思っていたより愛車の価値が高ければ、待つ必要なんてないですね。余った予算でグレードやオプションもアップできます。

もし愛車が予想くらいの価値で、暫く安定してそうなら、値引き重視のタイミングまで待つのもアリです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



R1購入といえば値引きと愛車査定と・・


バッテリー選び
エンジンだけじゃなく、パワーウィンドウやスライドドアなどバッテリーは重要です。カーナビやカーステ、エアコンなど車内の電気需要は快適さとともに増えてる気がします。交換の際に容量アップが必要になるかも。ちなみに話題の再生バッテリーを使えば、容量アップしながらも節約もできるみたい。

試乗車の活用
車選びのとき新車の場合は販売店に試乗車がある場合もあります。実際に乗って、運転してみて気づくこともあるので、試乗車があるのなら乗ってみて考えることも大事です。単に販売店への気兼ねから、遠慮するのはもったいないかも。営業はされるでしょうけど、それはある意味、税金みたいなものですね。

スズキ
スズキといえば軽自動車でしょう。四輪だけじゃなく二輪での存在感もあります。アルトやワゴンRが昔から超有名で、時代をつくった車と行っても過言ではないでしょう。アウトドアではエスクードも支持されています。ハスラーは奇抜なデザインと人気で存在感があります。

トヨタ
トヨタは世界最大手の自動車メーカーの一角です。ダイハツ工業と日野自動車を合わせてトヨタグループともいわれます。ジャストインタイム(JIT)やカンバン方式とも呼ばれる生産方式でも有名です。時代を象徴するような大衆車カローラや高級車クラウン、時代を先導してきたプリウスなどでも有名です。

スーパーカー
フェラーリやカウンタックなど、1970年代に起こった空前のスーパーカーブームを懐かしいと感じる人もたくさんいると思います。スポーツカーの中でもとくに高級な車たちのことです。日本のメーカーによるスーパーカーといえば、トヨタ2000GT、ホンダNSXなどでしょうか。

R1もできる再生バッテリーで節約・エコのことのはなし.

スバルの営業マンとの駆け引きで引き出せるR1の値引き額が思ったより伸びなかったら考えることは愛車の査定アップじゃないでしょうか。でも実際は愛車の一括査定が先になることでしょう。査定比べで愛車の価値を見落さなければ、R1の購入のための交渉ももっと気分に余裕をもって臨めそうです。気持ちに余裕がなければ簡単に手玉に取られかねないから注意です。

Copyright © 2010~2017 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved