狙いどころは愛車査定UP!値引き交渉の前に


得するスイフト購入、買換え上手たちの特徴にヒントが!

スイフト値引きに執着し過ぎず、愛車の価値を見落さないこと。

販売店の営業マンの言い値に惑わされて、愛車の価値を見誤る人もいます。だから面倒くさがらずに、愛車査定比べが欠かせません。

一括査定のカービューなら、買取店を知らなくても、簡単に無料で、対応できる買取店を愛車査定で選べます。数字で比べれば高い・安いは一目瞭然。

愛車の価値調べは スピードも大事。後回しは 値落ちを招きます。

「善は急げ!」で試してみる→

価値を見落とさなければ愛車は高いかも


最初から買取店に行って査定を受けたのは昔の話。

ネットからの愛車の査定調べなら、外出も不要で、簡単に比較もできます。

日本の中古車は、途上国など国外でも人気です。国内にはないニーズともつながってます。

廃車しかないと諦めるような、走行不能な事故車や水没車等のダメージカーでも専門の買取業者があるほどです。低年式・多走行・旧モデル・車検切れくらいで廃車なんて言ってられません。

業者に会わなくてもネット経由の方法で、簡単に一括査定で愛車の価値が分かる時代です。

愛車についての数分程度の簡単な情報入力をして、あとは待つだけ。あなたの愛車に対応できる買取店が査定を競うから、高価への期待も膨らみます。

スイフト値引き・7つのツボ


【ポイント(その1)】
スイフト値引き交渉に備えて、7つのチェック項目

【ポイント(その2)】
ライバル車か スイフトで 見積を比較

値引き交渉で、営業マンからギリギリを引き出すには、準備も大事です。

「もっと値引きが必要」と営業マンに思わせるには、競争相手の存在が効きます。つまりライバル店のライバル車の「見積」と比べること。調べてみると、予想外の気づき・お得が見つかることもあります。 お店の「言い値」はどこまで下がる? しっかり準備して挑戦しましょう。

【ポイント(その5)】
自動車ローンを金利で選ぶ

販売店で手間なく組めるローンで本当にいいの? もっと金利は安くできる のかも。

手間を惜しんで、金利の高いローンで妥協するのはもったいないです。

自動車購入の目的ローンは銀行や信組などにもあり、人気・実績もあります。

各種引落しや、給与振込みで利用中の銀行等なら、特別に優遇金利で借りられるかもしれません。そんなチャンスを見落とすのは残念です。

ローンを銀行等に申し込むには、審査など手続きを要し、それなりに手間はかかりますが、あなたの信用力に応じた 適正な金利で借りることは、決して特別なことではありません。

【ポイント(その6)】
インターネットの利用

インターネットが自動車に関する常識を、どんどん変えてます。

例えば、最初に解説した 愛車無料一括査定 もその一つ。

そしてさらに、新車見積、中古車見積、リースなどでもインターネットが利用され、実績もあげています。

クルマの場合、「実物を見ないと安心できない」ということで、インターネットはなじまない と思うかもしれませんが・・・。

各社、安心してクルマ選びができるように、保証などの さまざまな工夫 があります。 一見の価値は、あると思います。

他には、自動車保険の無料一括見積 もすごく便利です。 自動車保険も競争の時代。 毎年、見積比較でベストの保険を選ぶのもアリですね。 もちろん安心できる保険会社から選ぶことが基本ですが。

【ポイント(その7)】
そのほか

利用できるキャンペーンや、補助金・減税などは取りこぼしなく利用したいです。

ちなみにキャンペーンには、いろんなタイプがあります。 「キャッシュバック」や「ローン金利の優遇」、「プレゼント」、・・・。 でも どんなキャンペーンが いつあるのか、事前の予測が難しいのが残念です。

減税や補助金は、時期や条件などが分かりにくく、気づきにくいことも少なくないです。 取りこぼしの無いように、チェックしたいです。 ちなみに、補助金といえば2010年9月に終了したエコカー補助金の効果は、凄まじかったです。

スイフト購入でまず何をするか


スイフトを 今すぐに購入するのは、損か? それとも、得か?

少し我慢して、決算期前 や ボーナス商戦まで待てば、スイフトの値引き交渉に有利に働くこともあるのかも。

でも確実とは言えないですし、時間が経てば愛車の価値も下がります。トータルで見てもスイフト購入を我慢する意味はあるのかな?

その判断のためにも、愛車の価値調べが欠かせないです。

もし見込み以上に高い査定で手放せるとしたら、もう買い替えを待つ必要はないはずです。オプションや装備のアップも楽しめそうです。

愛車の価値が思ったほどでもないのなら、値落ちに配慮しつつも、値引き重視で待つのもいいですね。

つまりタイミングも愛車の 査定額しだいです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



スイフトのいろんなシーンで欠かせない知識・情報


輸入車
輸入車も昔に比べるとかなり浸透してきました。とはいえまだ憧れの対象としてのステータスがありますね。故障時の整備など時間と費用がかかるデメリットはありますが、近頃は故障もしにくいですし、かなりデメリットが目立ちにくくなっていると思います。でも中古輸入車を購入するときには注意が必要です。

免許をとると
免許をとるとクルマが欲しくなります。そのため、免許取得の多い時期には、クルマもよく売れるそうです。そういう時期は販売店も強気になれそうですね。注意が必要だと思います。ただ、一方で販促を強化しようとする販売店もあるかもしれません。値引き交渉にはその当りの見極めも大事かも知れませんね。

マツダ
広島県に根差した自動車メーカーです。マツダといえばやはりロータリーエンジンで知られます。またロードスターも世界的に知られる車です。経営危機により一時期フォードと関係を強化した時期もありました。「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズやスカイアクティブ・テクノロジーもマツダです。

運転のアシスト
自動車の進化は運転のアシストにも広がっています。運転者のミスで起こる事故が技術力で減るってすごいことです。たとえば衝突防止のための技術や、自動運転につながる技術など目覚ましいスピードでどんどん変ってきています。これらは様々な技術の組合せで成り立っているのでした。

免許の失効
自動車免許は更新が必要です。更新しなければ失効して免許の効力は失われます。つい手違いなどで失効する「うっかり失効」ということばもあります。失効した場合、一発受験で免許取得を目指す人もいますが、結構難しいそうです。お金はかかりますが、自動車学校にいったほうがいいようです。ですので「うっかり」失効なんて絶対やってはいけませんね。もったいないです。

スイフト査定初めてだから一括でのポイント.

スイフト値引きに知識と時間と手間をかけても、スズキの販売店がどこまで屈するかは不透明です。シェア重視の昔と違い、販売店も利益確保が至上命題。昔のような値引きをスイフトで引き出すことは夢物語なのかも。ただ一方で、愛車の下取りには強い追い風もあります。一括査定が査定比べを簡単にし、「高価買取」のイメージだけじゃなく、本当に高い業者を簡単に見つけることができる時代です。

Copyright © 2010~2017 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved