一挙両得の乗換え|値引き交渉&愛車査定アップ


次のタントへの買い替え前に、見落とせない 2つのこと

タント値引き」 の前に「愛車の価値を見落とさない」こと。

価値を見落とさなければ愛車はもっと高いのかもしれません。 驚くほど簡単・気軽に、査定アップの近道があり、多くの人に喜ばれてます。

ネット生まれの愛車無料一括査定「カービュー」なら、たった1回の簡単な情報入力だけで、愛車に対応できる買取業者が、あなたの車の査定を競います。

「知らなかった」では、悔しすぎる便利な方法です。

試せば分かる →

見落とす人・見落とさない人の差@車の価値


近頃の中古車査定は、面倒だった昔と違います。

インターネットが、愛車の査定比較を ビックリするほど カンタンに しました。

また、途上国など海外での日本の中古車人気など、中古車ニーズの裾野も広がってます。

そのため、昔なら廃車と あきらめてた、古い車(低年式車・多走行車)や、事故車・水没車・走行不能車などでも買取りされたと 喜ばれることも。 事故車や不動車の 専門業者もあるほどです。

愛車の価値は、インターネットでカンタンに一括査定で チェックするのが今の常識です。

たった数分のカンタン入力で、あなたの愛車の査定を、買取店が競う仕組み。 利用者は 既に200万人以上。 知らずに愛車を手放した人が、本気で悔しがってます。

タント値引き準備7項目


【ポイント(その1)】
タント値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

・ タントの値引き
・ 愛車の査定アップ
・ 諸費用のサービス
・ おまけ(ガソリン満タンなど)
・ キャンペーン・プレゼント
・ ローンと金利
・ 補助金・減税

ゴチャゴチャにしてしまうと、なんとなく得した気分のまま、あまり 値引き されなかった ということも。

目先のプレゼントやオマケに惑わされないように。^^

【ポイント(その2)】
見積で競ってもらう@タント や ライバル車

【ポイント(その3)】
タント購入と最高のタイミング

時々行われているキャンペーンでは、プレゼントだけじゃなく、キャッシュバックもあることも。

相手の立場で考えてみると、値引き が出やすい時期 があることに気づきます。販売店に売り急ぐ理由がある時期です。

例えば決算前の3月や9月など。もし販売台数がノルマ割れなら、値引きには追い風かもしれません。またボーナス商戦でライバル店に負けないため、普段以上に張り切るかもしれません。あと比較的有利とされるのが月末です。

でも値引き重視のタイミングばかり考えて、時間が経ちすぎると、愛車の値落ちが進みます。

もし「愛車の価値」を優先するなら、すぐ行動したほうがいいのかも。「タントが欲しい」気持ちへの我慢も不要です。

購入は今? 月末まで待つ? 次のボーナスや3月・9月まで我慢する? 時期の判断に「交渉の手応え」と「愛車の価値」が見落とせません。

【ポイント(その4)】
新車だけが方法じゃない!タントの購入

新車に目がいきがちですが、実は中古車(新古車)のメリットも見落とせないです。たとえばグレードアップや、オプションの充実を楽しむこともできます。

どうしても新しい車に乗りたい場合にも、「残価設定クレジット(残クレ)」「個人向けリース」などの選択肢もあります。

手放す時の下取り価格を設定し、その分が支払いに含まれないため、普通の新車購入より安い費用で乗れます。

ずぅっと、新しい車に乗り続けていたい人には、理想の車の乗り方かもしれませんね。

【ポイント(その5)】
カーローン選びも大事

車のローンも販売店ですぐ手続きでるのはすごく便利。でも便利な分、金利は高め かも。

ちゃんと探しせば、あなたの信用力でより低い金利のローンがあるかも。

自動車に関わるローンは、銀行や信組などでも扱いがあり、見落とせません。

たとえば普段から付き合いのある銀行なら「優遇金利」があるのかも。給与振込、各種引落し等で利用の銀行からチェックしましょう。

もちろん銀行等のローンには、審査等の手間もかかります。でもローンって長い付き合いですし、金利による支払い額の差は、思った以上に大きいです。自分の信用力をムダにしてはいけません

タント購入@最初の最初


タントの購入は「今すぐ」がいいのか?それとも「まだ早い」のか?

タント値引き交渉を有利に進めたくて、決算期前 とか、ボーナス商戦まで待つのは、意味があるのでしょうか?

時間をかけ過ぎると、ムダに愛車の値落ちが進みます。「タントに早く乗りたい」気持ちを優先して、今すぐの行動にも一理あります。

まずは愛車の価値を調べて、「今すぐ行動」のメリットを知ることです。

予想通りの査定額で、暫く値落ちの心配がなければ、待つのもいいでしょうね。 でも予想外に愛車査定が高い ときは、待つ必要はないのかも。

タイミングは「愛車の査定額しだい」ですね。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



タントに限らず通用する方法や知識いろいろ


スーパーカー
フェラーリやカウンタックなど、1970年代に起こった空前のスーパーカーブームを懐かしいと感じる人もたくさんいると思います。スポーツカーの中でもとくに高級な車たちのことです。日本のメーカーによるスーパーカーといえば、トヨタ2000GT、ホンダNSXなどでしょうか。

モデルチェンジは要チェック
モデルチェンジ、自動車の購入前と後では受け止め方は変わりますね。購入前なら嬉しいことです。新機能・新モデルを選ぶか、型落ちだけど割安を選ぶか、選択肢が広がります。でも購入後のモデルチェンジは嬉しくないですね。モデルチェンジによって愛車の価値低下に繋がりますからね。新車購入時にはモデルチェンジの情報もチェックしたいです。

燃費重視のクルマ選び
燃費を重視するなら、車はコンパクトなほうが有利です。もし長距離や高速運転が少ないなら、軽自動車がいいかもしれません。軽自動車なら税金も安く済みます。また、ハイブリッドカーや電気自動車も選択肢に入ってくるでしょう。初期費用は高くても、維持費で元がとれるかもしれません。

ナンバーの色
ナンバープレートの色には白地に緑、緑地に白、黄色地に黒、黒地に黄色の4タイプがあります。さらに加えると、自衛隊のナンバープレートや、対角線に赤い車線の入ったナンバープレートもあります。それぞれ目的が異なります。最もポピュラーな白地に緑と、軽自動車の黄色地に黒以外はお目にかかる可能性もグッと低くなりますね。

トヨタ
トヨタは世界最大手の自動車メーカーの一角です。ダイハツ工業と日野自動車を合わせてトヨタグループともいわれます。ジャストインタイム(JIT)やカンバン方式とも呼ばれる生産方式でも有名です。時代を象徴するような大衆車カローラや高級車クラウン、時代を先導してきたプリウスなどでも有名です。

ダイハツの販売店で挑むタントの値引き交渉で失敗しないコツは、実は値引きに夢中になりすぎないことなのかも。愛車の値落ちを最小限に。そして価値を見落とさないことで、タントの購入はグッと楽になるのかも。オプションや装備の充実も楽しめるおまけがついたら嬉しいです。浮いたお金で家族や仲間でおいしいものを食べに行くのもいいかな。いい目標をもってまずは知識武装から。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved