知識と交渉力の値引き&超簡単な愛車査定UP


うっかりミスが、トゥデイ購入で損する原因です。

トゥデイ値引き交渉に固執しすぎて、愛車の価値を見損なわないで。

たとえ値引き交渉が思い通りに進まない場合でも、焦りやイライラを抑えて、愛車の価値にも目を向けられる「バランス感覚」がカギになります。

忙しくても、初めてでも、簡単・気軽に使えるカービュー・愛車無料一括査定が今や常識です。業者に会う前に、愛車の査定額で業者を選べるから安心。

愛車の最高額を、どの業者が提示するのか?結果が楽しみ。

今すぐ見たい方はコチラ→

昔と今で愛車の価値が違う理由


近頃の中古車査定は、面倒だった昔と違います。

インターネットが、愛車の査定比較を ビックリするほど カンタンに しました。

また、途上国など海外での日本の中古車人気など、中古車ニーズの裾野も広がってます。

そのため、昔なら廃車と あきらめてた、古い車(低年式車・多走行車)や、事故車・水没車・走行不能車などでも買取りされたと 喜ばれることも。 事故車や不動車の 専門業者もあるほどです。

愛車の価値は、インターネットでカンタンに一括査定で チェックするのが今の常識です。

たった数分のカンタン入力で、あなたの愛車の査定を、買取店が競う仕組み。 利用者は 既に200万人以上。 知らずに愛車を手放した人が、本気で悔しがってます。

トゥデイ値引きは7ポイント


【ポイント(その1)】
トゥデイ値引き交渉に備えて、7つのチェック項目

【ポイント(その2)】
ライバル車か トゥデイで 見積を比較

値引き交渉で、営業マンからギリギリを引き出すには、準備も大事です。

「もっと値引きが必要」と営業マンに思わせるには、競争相手の存在が効きます。つまりライバル店のライバル車の「見積」と比べること。調べてみると、予想外の気づき・お得が見つかることもあります。 お店の「言い値」はどこまで下がる? しっかり準備して挑戦しましょう。

【ポイント(その3)】
トゥデイ購入と最高のタイミング

時々行われているキャンペーンでは、プレゼントだけじゃなく、キャッシュバックもあることも。

相手の立場で考えてみると、値引き が出やすい時期 があることに気づきます。販売店に売り急ぐ理由がある時期です。

例えば決算前の3月や9月など。もし販売台数がノルマ割れなら、値引きには追い風かもしれません。またボーナス商戦でライバル店に負けないため、普段以上に張り切るかもしれません。あと比較的有利とされるのが月末です。

でも値引き重視のタイミングばかり考えて、時間が経ちすぎると、愛車の値落ちが進みます。

もし「愛車の価値」を優先するなら、すぐ行動したほうがいいのかも。「トゥデイが欲しい」気持ちへの我慢も不要です。

購入は今? 月末まで待つ? 次のボーナスや3月・9月まで我慢する? 時期の判断に「交渉の手応え」と「愛車の価値」が見落とせません。

【ポイント(その4)】
トゥデイは新車購入だけが 方法じゃない

新車もいいですが、中古車(新古車)という選択もあります。 お得な中古車にして、グレードアップやオプションに、お金をかけるという方法もあります。

どうしても新しいクルマにコダワルなら、「残クレ(残価設定クレジット)」や「個人向けリース」という方法もあります。

これらは大雑把にいうと、数年後の買取り価格を設定して、購入費用からその分を差し引いて支払うという仕組み。

数年サイクルで、いつも新しいクルマに乗り続けたいという人には、ピッタリの仕組みです。

【ポイント(その7)】
まだあるコツ

時期・内容などのキャンペーン情報と、念のため補助金・減税も要確認です。

お祭り騒ぎの見た目に騙されずに、キャンペーンの内容をしっかり見極めたいです。プレゼントや懸賞、キャッシュバック、ローン金利の優遇、・・。 期待しすぎて失敗しないように惑わされない冷静さも大事です。

減税とか補助金って、条件が複雑だったりで、一般の人には理解しにくいこともあります。見落とさないように、販売店の詳しい人を捕まえることも大事です。(2010年9月終了のエコカー補助金ほどのものを今後も期待したいですね。)

トゥデイ購入¥はじめの一歩


トゥデイを購入するには「今がいい」のか?「今はダメ」なのか?

もしかしたら、ボーナス商戦や、決算期前、又は月末などのほうが、トゥデイの値引きはしやすいのかも。

でも時間の経過は、愛車の値落ちにつながります。欲しいトゥデイの購入を我慢するほどの価値はあるのかな?

タイミングを考えるときに欠かせない情報があります。それが「愛車の今の価値」。案外、愛車の 査定額しだい なのかも。

思っていたより愛車の価値が高ければ、待つ必要なんてないですね。余った予算でグレードやオプションもアップできます。

もし愛車が予想くらいの価値で、暫く安定してそうなら、値引き重視のタイミングまで待つのもアリです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



トゥデイ購入・愛車査定・値引き・いろんな話題


車の利用形態いろいろ
自動車の利用形態も多様化してます。ひとつはマイカーですね。そしてリース。レンタカーもありますし、さらにカーシェアリングも近頃は話題です。ところで、カーシェアリングとは会員制のレンタカーのようなもので、10分単位など短い時間の利用に適したスタイルです。1日借りるならレンタカーのほうがオトクな場合が多いです。

ミニバン
ミニバンブームを経て、ファミリーカーとして人気が定着しました。たくさん乗れるというメリットがある一方で、燃費は悪くなる傾向があります。ミニバンの普及には、大人気だったホンダ・オデッセイの成功が大きかったと思います。ちなみにミニバンという車の形はブームの前からあったみたいです。

自動車保険
自動車保険には強制加入の自賠責保険のほか任意保険があります。事故時の賠償などでは自賠責保険だけで賄いきれないことから任意保険がサポートします。任意保険に加入していない人を差して「無保険者」ということもあります。

故障と買換え
自動車の故障ってある程度の時期から急に増えることがあります。故障が続くようだと修理・整備費用がかさみだすので、買い替えを考えるタイミングですね。まだ価値があるうちならば、値落ちが進む前に決断したほうがよさそうです。そのタイミングをはかるのにもネットの一括査定が便利かも。

ゴールド免許の矛盾
ゴールド免許は優良ドライバーの証です。ところが、ペーパードライバーでもゴールド免許は取得できます。これはちょっと矛盾してる気がします。長い時間運転しているほど、違反で捕まったりする可能性が上がるため、案外ベテランドライバーのほうがゴールド免許には遠いのかもしれません。

トゥデイ買取りは初めての人にもカンタンのことです.

ホンダの営業マンとの駆け引きで引き出せるトゥデイの値引き額が思ったより伸びなかったら考えることは愛車の査定アップじゃないでしょうか。でも実際は愛車の一括査定が先になることでしょう。査定比べで愛車の価値を見落さなければ、トゥデイの購入のための交渉ももっと気分に余裕をもって臨めそうです。気持ちに余裕がなければ簡単に手玉に取られかねないから注意です。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved