まぐれじゃない!愛車の高価買取&値引き交渉


トライトンの値引き交渉、時代遅れの方法では惨敗もあります。

プロ相手のトライトン値引き交渉より、プロが競う愛車買取りが鍵。

販売店との値引き交渉に熱くなり過ぎて、愛車の価値を活かすことを忘れる人もいます。 交渉に自信がある人ほど陥りやすい失敗かも。

ネットでいつでも使える無料愛車一括査定【カービュー】が常識を変えました。たった1度の簡単申込で、対応できる買取店が査定を競います。

大手買取店が高いか? 地元業者が高いか? 結果が楽しみ!

見てから考える派はコチラ→

期待していいのかな?愛車の価値に


知識に関係なく、愛車査定が気軽になりました。

業者に行かなくても、ネットから気軽に 愛車の査定を比べて業者を選べます。

もう査定も見ずに業者は選べません。海外に販路を持つ業者もあり、ニーズにも変化が!

たとえばダメージカー専門の買取業者が、動かない事故車・水没車をも買取りしてます。多走行・年落ち・型落ち・車検切れ等に引け目を感じたとしても価値を決めるのは、あなたではないです。

見落としさえしなければ、その車には本当はもっと高い査定額があるかもしれません。

対応できる買取店が競う査定を確認するために必要なことは、たった数分のネットからの簡単入力だけ。出かける手間さえありません。試さないのはもったいないです。

トライトン値引き強化の7項目


【ポイント(その1)】
トライトン値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

【ポイント(その2)】
見積の比較・トライトン又はライバル車

交渉力や駆け引きだけで、プロの営業マンを説き伏せるのは困難です。

だからこそ準備が大事。つまりライバル店の「見積」・「値引き」を手元に持つこと。他者の見積を知ることは自分が納得するにも大事です。 営業マンの競争心をくすぐるような交渉ができると面白いかも。 お店の「言い値」をどう揺さぶるか を考えるのが 交渉のポイントです。

【ポイント(その3)】
大事なトライトンの購入タイミング

販売店のキャンペーン等でプレゼントやキャッシュバックがある期間を見逃したら悔しいです。

値引き交渉でもタイミングは大事。 値引き が成功しやすい時期 、つまり販売店が急いでも売りたい時期を狙います。

決算直前は営業成績の都合で、ノルマ・販売状況によっては値引きの意欲が高まることも。3月や9月が一つの目安。またボーナス商戦時期も、他社・他店に負けられないから意欲が高いです。普段では月末のほうが有利とされます。

でも値引き交渉のタイミングを考えて、購入時期を先送りするのは、愛車の値落ちリスクを高める 要因です。

「愛車の値落ちリスク」と「トライトンの欲しい気持ち」を優先するなら行動は早いほうがいいのかも。

今動くべきか? 月末まで様子見か? はたまた次のボーナスや決算期まで待つか? 愛車の価値や、交渉の流れを踏まえた判断を。

【ポイント(その4)】
トライトン購入:新車・中古・リース他

新車購入だけが全てではないです。例えば中古車(新古車)なら、同じ予算でも車のグレードを上げたり、便利なオプションを充実させることもできます。

「中古車じゃ新車の感動が味わえない」と思うなら、個人向けリースや、残クレ(残価設定クレジット)等も方法です。

最初から「数年後の手放す際の買取り価格」を差し引いた費用を支払う仕組みだから、新車を普通に買うより安く乗れると話題です。

何年かおきに、新しい車に乗り続けていきたいと考える人には、嬉しい方法です。

【ポイント(その5)】
金利で選ぶ車のローン

販売店でのやりとりの流れで、利用できるローンは簡単だけど、その分金利は高くない?

きちんと選べば、もっと低金利でローンを利用できるかもしれないです。

たとえば銀行や信用金庫などで、様々な特長のある車のローンがあります。

すでに料金の引落しや、給与振込み等で取引のある銀行等では、優遇金利の条件を満たしているかも。だから最初に確認するところです。

銀行等のローンでも審査など手続は避けられず、手間と時間も要します。でも「返済期間の長さ」と「節約できる金額」を思えば省略できないはず。手を抜いたらあなたの信用力がもったいない です。

トライトン購入でもう失敗しない


トライトンの購入は「今すぐ」がいいのか?それとも「まだ早い」のか?

トライトン値引き交渉を有利に進めたくて、決算期前 とか、ボーナス商戦まで待つのは、意味があるのでしょうか?

時間をかけ過ぎると、ムダに愛車の値落ちが進みます。「トライトンに早く乗りたい」気持ちを優先して、今すぐの行動にも一理あります。

まずは愛車の価値を調べて、「今すぐ行動」のメリットを知ることです。

予想通りの査定額で、暫く値落ちの心配がなければ、待つのもいいでしょうね。 でも予想外に愛車査定が高い ときは、待つ必要はないのかも。

タイミングは「愛車の査定額しだい」ですね。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



トライトンといろんな車の知識・楽しみ・便利情報


レクサス
トヨタの高級車ブランドです。頭文字である「L」のエンブレムで知られます。もともとは1989年に北米向けの高級車ブランドとして設立されたのでした。世界各国で販売が開始された後、2005年から日本国内にも展開するようになりました。スーパーカーのレクサス・LFAなどもあります。

自動車と税金
自動車にはさまざまな税金があります。大雑把に分けると、所有期間に払い続ける税金と、取得(購入)したときに払う税金があります。そのほか、ガソリンや軽油にかかる税金も自動車所有者には関係の深い税金です。自動車にはホントに多くの税金がありますね。

中古車価格の相場
中古車価格の相場は一様ではないです。需要と供給のバランスの下、変動します。例えば、エコカー補助金の影響で、廃車が増え、中古車流通に回るクルマが減ったことで、価格が上がったという話もあります。景気の状況なども反映しているようです。不景気だと新車より中古車でしょうから。

試乗を利用
クルマ選び、新車購入なら特に試乗は大事です。カタログやデータでは分からないものが得られます。車内の雰囲気、音、ニオイなどなど。そのクルマに乗る喜びもお試しできます。期待したけど、乗ってみてつまらないクルマでは残念です。試乗することで、チェックできるはず。試乗は外せませんよ。

カーナビ
自動車でカーナビを使うことが、当たり前になったけど、グーグルマップが進歩したおかげで、スマホがそのままカーナビになる時代です。しかも道路情報だけじゃなく、交通情報なども加味したような最適ルートを提案しているのはすごいですね。どんどんカーナビが手放せないです。

三菱・トライトンをキャンペーンや決算期前、ボーナス商戦などタイミングも選んで、周到に値引き交渉に挑んでも得られる値引き額には限界があります。むしろタイミングを得選びすぎてその間に愛車の値落ちが進んで残念なことになるケースも。トライトンをお得に購入するのは、値切ることより愛車を高く売ることがポイントかも。昔と違い一括査定などの追い風もありますからね。

Copyright © 2010~2019 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved