理由を知れば絶対「値引き」前に「愛車の価値」


ツインの場合も、車購入で失敗しない人の共通点が参考に。

ツインの値引きと、愛車下取り額のバランス感覚が大事。

過去の常識や興味のまま、値引きだけに夢中になるのは禁物。今の愛車の価値、あなたが気づいていない値打ちが隠れていることも。

愛車の価値に気づくのは簡単です。ネットの一括査定(カービュー)なら数分程度の簡単入力で、査定額に自信がある業者が、愛車査定を競う仕組み。

売るかどうかは査定額しだい。試さないのはもったいないです。

(まず見てみるなら)→

見落とす人・見落とさない人の差@車の価値


愛車の査定、その敷居がグッと低くなりました。

それはインターネットの一括査定が、ビックリなほど簡単・気軽だからです。

中古車流通の販路も地元から全国、さらに海外にまで広がり、様々なニーズがあります。

もう廃車以外考えられないような、走行できない事故車や水没車にも、ダメージカー専門業者があり買取り対応してます。多走行・年落ち・型落ち・車検切れでも、査定の確認は欠かせないです。

査定アップや高価査定を狙うためにも、「業者を見落とさないこと」がまず不可欠です。

必要なことは、数分程度の時間でできる簡単入力だけ。対応できる業者があなたの愛車の査定を競う仕組み。業者を探す手間もありません。相場調べも必要なくなります。

ツイン値引き~着眼点7つ


【ポイント(その1)】
ツイン値引き成功のため、次の7つの項目をしっかり区別して考えましょう

・ ツインの値引き
・ 愛車の査定アップ
・ 諸費用のサービス
・ おまけ(ガソリン満タンなど)
・ キャンペーン・プレゼント
・ ローンと金利
・ 補助金・減税

ゴチャゴチャにしてしまうと、なんとなく得した気分のまま、あまり 値引き されなかった ということも。

目先のプレゼントやオマケに惑わされないように。^^

【ポイント(その2)】
見積の比較・ツイン又はライバル車

交渉力や駆け引きだけで、プロの営業マンを説き伏せるのは困難です。

だからこそ準備が大事。つまりライバル店の「見積」・「値引き」を手元に持つこと。他者の見積を知ることは自分が納得するにも大事です。 営業マンの競争心をくすぐるような交渉ができると面白いかも。 お店の「言い値」をどう揺さぶるか を考えるのが 交渉のポイントです。

【ポイント(その4)】
ツイン:新車購入か、それとも・・

気分が高揚する新車ですが、実は中古車や新古車にすれば、もっと車のグレードを上げたり、オプションに費用がかけられたり、違う楽しみ方も可能です。

それでも「やはり中古車じゃ物足りない」という人のために、新車をもっと気軽に・安く乗る方法も登場しています。

数年後に手放す時の買取り価格を設定し、それを最初から支払い費用から外す仕組みとか。いつも新車に乗り続けたい人には合理的な方法です。

「残クレ(残価設定クレジット)」や「個人向けリース」と言われる方法も用確認。

【ポイント(その5)】
オートローンを選ぶ

販売店の勧めるローンを利用するのが手続きはカンタン。 でも、金利的には高め のことも。

あなたの信用力なら、もっと低金利でローンが組めるかもしれません。

銀行や信組などのマイカーローンやオートローンもチェックしたいところです。

特に、給与振込みや、各種引落しを利用している銀行等なら、優遇金利で融資してもらえるかもしれないので、先にチェックしたいです。

とはいえ銀行等のローンの場合、審査など手続が必要になりますので、少し手間はかかります。 でも、あなたの信用力をムダにしない ためには、チャレンジする価値はあると思います。

【ポイント(その7)】
そのほか

利用できるキャンペーンや、補助金・減税などは取りこぼしなく利用したいです。

ちなみにキャンペーンには、いろんなタイプがあります。 「キャッシュバック」や「ローン金利の優遇」、「プレゼント」、・・・。 でも どんなキャンペーンが いつあるのか、事前の予測が難しいのが残念です。

減税や補助金は、時期や条件などが分かりにくく、気づきにくいことも少なくないです。 取りこぼしの無いように、チェックしたいです。 ちなみに、補助金といえば2010年9月に終了したエコカー補助金の効果は、凄まじかったです。

ツイン購入でまず何をするか


ツイン購入で選ぶべきタイミングは、「待ち」か?「今すぐ」か?

ツインの値引き しやすいタイミングを狙い、月末や、決算期前、ボーナス商戦まで待つ人もいます。

しかし待っている間にも、愛車の値落ちは進みます。ツイン購入を我慢するほどのメリットがないとすれば、今すぐ動くのもアリです。

どちらを選ぶのが、いいのでしょうか?

それを考える上で、まず「愛車の価値」を調べることが欠かせません。愛車の 査定額 が、もし見込みより高ければ、もう待つ必要はないのかもしれません。

愛車の価値しだいでは、オプションやグレードに嬉しい変更を加えられるかも。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



ツイン・値引き購入・車査定・ほかにも雑談


自動車のメンテ
自動車のメンテナンス、自分でできるという車に詳しい人は別として、できれば相談できる専門家が身近にいると便利です。新車購入直後なら販売店がその役割を担うケースが多いと思います。古い車の場合は販売店と疎遠になってるでしょうし、相談の頻度や可能性も高まるので、近くの整備工場などを知ってると便利ですね。

バッテリー選び
エンジンだけじゃなく、パワーウィンドウやスライドドアなどバッテリーは重要です。カーナビやカーステ、エアコンなど車内の電気需要は快適さとともに増えてる気がします。交換の際に容量アップが必要になるかも。ちなみに話題の再生バッテリーを使えば、容量アップしながらも節約もできるみたい。

補助金の力
クルマを購入する上で、対象になる補助金が利用できるとおトクです。補助金にはいろいろあります。国によるもの、自治体によるもの。時期や条件がありますので、販売員に尋ねるのが一番です。ところで、これまでで最も有名な補助金といえば、エコカー補助金ですね。

車の下取り
自動車を購入する販売店にそれまで乗っている車の引取りを頼むときに下取りなどといいますが、近ごろは買取業者も充実しているので、下取りに任せっぱなしではもったいないです。買取業者の査定比べも手軽に来ますし、地元業者、全国展開の大手、海外に販路を持った業者など比べ甲斐もあるのでした。

ゴールド免許の矛盾
ゴールド免許は優良ドライバーの証です。ところが、ペーパードライバーでもゴールド免許は取得できます。これはちょっと矛盾してる気がします。長い時間運転しているほど、違反で捕まったりする可能性が上がるため、案外ベテランドライバーのほうがゴールド免許には遠いのかもしれません。

愛車を手放すときのツイン下取りと値引き交渉力アップの大事なこと.

ツインをお得に購入するとき値引きもいいけど、案外オマケのほうが引き出しやすいのかも。スズキに限らず昔ほど販売店の値引きは引き出せないと思います。販売台数を競っていた成長市場の時代とは違います。ツインの値引き額に納得できずに、イタズラに時間をかけすぎると、愛車の値落ちが進むリスクもあります。値引き交渉はほどほどで、愛車の一括査定で最大限の売値を素早く見つけるのが大事。

Copyright © 2010~2017 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved