理由を知れば絶対「値引き」前に「愛車の価値」


ゼスト値引きで後悔しないために、忘れてはいけない 2つ

ゼスト値引き」も大事だけど「愛車の査定」も大事です。

値引きに夢中になりすぎて、愛車の価値を見落としたらもったいないです。 車の価値を一つの業者の言い値で決める時代ではないです。

ネットの普及で生まれた「カービュー」愛車無料一括査定が話題です。 たった1度だけの簡単入力で、愛車に対応できる業者の査定を比べて選べます。

予想外の査定額の差に、びっくりすることになるかも。

今からでも試せます→

常識的な愛車の価値判断が間違う理由


恥も気まずい思いもなく、愛車査定が分かります。

業者に行かなくても、ネットから愛車の査定が比較までできるのですから。

国外でも人気の日本の中古車だから、国内の価値観だけでは本当の価値は分かりません。

国内の常識では廃車が妥当な、年落ち・低年式・型落ち・過走行・車検切れなどにも可能性はあります。なんせ自走不能な事故車・水没車を買取するダメージカーの専門業者もあるくらいです。

行動前に考えていても、値落ちが進むだけです。まずはサックリ査定額を調べましょう。

最初の一歩は、ネットから数分程度の簡単入力だけです。愛車に対応できる業者が競った本気の査定を比べて選べるって、知らずに愛車を手放した人に教えたら悔しがるでしょうね。

ゼスト値引きポイント7つ


【ポイント(その1)】
ゼスト値引きで見落としたくないチェック項目の7つ

・ ゼストでの値引き金額
・ 手放す愛車の査定金額
・ サービスする諸費用の金額
・ ガソリン満タン等のオマケ
・ プレゼントやキャンペーン特典
・ オートローンとその金利
・ 対象となる補助金や減税

小出しのお得に喜んでいたら、いつのまにか本命の 値引き・愛車査定 がイマイチという場合もあります。

小さな喜びの数に惑わされずに冷静に臨みたいですね。^^

【ポイント(その2)】
ゼスト または ライバル車 の見積比較

【ポイント(その4)】
新車購入の他にもある選択肢@ゼスト

新車購入の高揚感は捨てがたいですが、中古車・新古車なら余った予算で、グレードを上げたり、もっとオプションを増やしたりという楽しみもあります。

「新車じゃなきゃダメ!」という場合も、残クレ(残価設定クレジット)、個人向けリース等で費用を抑える方法もあります。

費用を抑えられるのは、車を手放す際の下取り価格を購入時に設定して、その分が費用から引かれてるからです。

いつも変わらず新しい車に乗り続けたい人に便利な仕組み。これなら数年おきに新車が楽しめます。

【ポイント(その6)】
インターネットを見落とさない

ネットの普及が自動車に関わる常識にも変化を起こしています。

愛車無料一括査定 も、実はその一つでしかないです。

新車見積の際にも、あるいは中古車探し、リースについても、インターネットが欠かせなくなっています。

「車のような大きな買い物は、実物を見ないと決められない」と、ネットには合わない ように感じるかもしれませんが・・。

実績も豊富で、多くの方に利用されてます。一度のぞいてみるとその理由は分かると思います。保証等の仕組みがカギです。

見落とせない仕組みに、愛車の任意保険の無料一括見積 もあります。話題の格安保険が「本当に安いか?」。愛車の条件で保険料を気軽に確認できます。保険料比べが簡単だと保険比較も楽しみ。

【ポイント(その7)】
まだほかにも

たとえば、不定期なキャンペーンとか、気づきにくい補助金・減税などもあります。

キャンペーンは、お店側の販促です。独自のものや、コラボしたりで様々です。「プレゼント」「キャッシュバック」「ローン金利の優遇」・・・。値引き交渉と相性のいいものは、特に見落とせません。

減税・補助金は、販売店の損にはならないため、販売店もけっこう協力的です。分かり難いところは相談してみるといいでしょう。(ちなみに補助金といえば、2010年9月に惜しまれながら終了したエコカー補助金は絶大でした。)

ゼスト購入への第一歩


ゼストを購入するには「今がいい」のか?「今はダメ」なのか?

もしかしたら、ボーナス商戦や、決算期前、又は月末などのほうが、ゼストの値引きはしやすいのかも。

でも時間の経過は、愛車の値落ちにつながります。欲しいゼストの購入を我慢するほどの価値はあるのかな?

タイミングを考えるときに欠かせない情報があります。それが「愛車の今の価値」。案外、愛車の 査定額しだい なのかも。

思っていたより愛車の価値が高ければ、待つ必要なんてないですね。余った予算でグレードやオプションもアップできます。

もし愛車が予想くらいの価値で、暫く安定してそうなら、値引き重視のタイミングまで待つのもアリです。


carview
↑ クリック ↑
高い買取店を見逃さないから! 3万、6万、10万以上アップも!?



ゼストと快適カーライフ・節約・お得関連の話も


車の利用形態いろいろ
自動車の利用形態も多様化してます。ひとつはマイカーですね。そしてリース。レンタカーもありますし、さらにカーシェアリングも近頃は話題です。ところで、カーシェアリングとは会員制のレンタカーのようなもので、10分単位など短い時間の利用に適したスタイルです。1日借りるならレンタカーのほうがオトクな場合が多いです。

ライトの向き
自動車のヘッドライトの向きは左寄りに設定されているそうです。対向車に眩しくないように配慮されたもののようです。とはいえ、暗い細道を走るときには、右側が暗いことに注意しないと、歩行者を見落とす心配もあります。暗い細道は、いつもより右側に気を配る必要がありそうです。

スバル
富士重工業の自動車ブランドです。四輪駆動車で知られます。レガシィやインプレッサなど根強いファンがいる車種も多いです。四輪駆動の技術をもとにアウトドアを好む人たちに支持されるクロスオーバーSUVでも知られます。モータースポーツでも結果を出してきたスバルです。

ロードサービス
事故や故障などのトラブルの時に便利なのがロードサービスです。JAFが有名ですが、近ごろはクレジットカードの付帯サービスや、自動車の任意保険の付帯サービスとしてついていることもあります。万一のときに慌てないために、加入しておきたいサービスの一つでしょう。

自動車免許の制度変化
自動車免許も時代に合わせて姿を変えてきています。ゴールド免許が登場したり、高齢者用の仕組みが加わったり、AT限定の免許が加わったり、更新期間が延長されたり、免許証の仕様が変わったり、・・・。変化したときは注目されたことでも、時とともに当たり前のものとなっていきます。

ゼスト下取り・廃車・買取りの失敗談に学ぶを参考に.

ゼストを新車でも見積もり比較できたのは、近くにホンダの販売店があった昔だから。今は販売店の統廃合が進みライバル車としか見積比較は難しいです。一方でネットの力が一括査定を可能にし、買取業者に会わなくても査定額で愛車の引き取り手を選ぶことも可能です。だから気まずさもなく、査定アップに挑めるのでした。ゼストの購入で失敗しないための常識は昔とは違います。

Copyright © 2010~2017 自動車の値引き!【初めてでもカンタンな方法】~【限界狙いの方法】まで. All rights reserved